個性派揃いの“小技マスカラ” 前編

仕上がりイメージにあわせて、さまざまなマスカラが発売されていますが、今年注目したいのがブラシの形状に工夫があったり、メインで使用するマスカラの仕上がりをサポートするような“技ありマスカラ”です。

10年前は「マスカラを3本を駆使することで、理想の仕上がりにする」、「マスカラだけで、メイク時間は20分かかる」という“マスカラマニア”たちがたびたび女性誌に登場して、目を大きく見せるために、気合いをいれてアイメイクに取り組んでいた時代がありました。

でも、現在は“時短”がブーム。メイク時間をなるべく短縮できる、だけど、仕上がりの美しさは妥協しないという両方の欲求を満たすのが、新作の“技ありマスカラ”なのです。

まずマスカラのブラシ本体に、工夫が施されているのが、クラランス、ヘレナルビンスタイン、アディクションの3つ。

2種類の異なるブラシを一体化しているのはクラランス。上部のブラシはラバー素材を採用しており、目頭や目尻、下まつげなどの細かい毛をキャッチするサポート役として機能。

また、下部には美しいボリュームとカールをつくるファイバーブラシが配されているので、この1本で隙のない、濃密なまつげが完成します。 

トリートメント成分の配合で、乾燥しやすく、
傷みやすいまつげをコーティングする。カラーは3色用意。
マスカラ インスタント ディフィニシオン 3990円/クラランス
(8月5日発売)

ヘレナ ルビンスタインが発売するのは、コブラ(蛇)の動きや頭にインスピレーションを得て開発された意欲作。

根元からすくいあがるように捉えるブラシにより、短く細いまつげもキャッチして上向きにアップ! まつげをガッチリと立ち上がるため、目の存在感が高まり、目を見開いたような、迫力あるまなざしをつくります。特に目尻側のまつげがピーンと気持ち良く広がります。


まつげ1本1本を包むコーティングポリマーがフィルムを形成。
水分やにじみを防ぎ、美しい仕上がりが夜まで持続。
ラッシュクイーン コブラブラック WP 4410円/
ヘレナ ルビンスタイン(8月26日発売)

アディクションの新作は、ブラシの毛足が、直角に曲がっていることがポイント。その曲がった先端が、まつげとまつげの間に入り込むことでセパレート効果を発揮して、長くダマにならない仕上がりを実現しています。

ブランドを率いるメイクアップアーティストのAYAKOさんが、メイクアップやファッション撮影でも使えるようなクオリティを目指して開発した1本です。

濡れたような艶をもつ漆黒の色合いが美しい。
大人っぽい印象に仕上がる。
アディクション マスカラ ロング&リフトWP 3360円
/アディクション ビューティ