夏メイクの口もとは“濃密発色”が主流!

今年の夏メイクは、濃紺やボルドーなどを用いた“シックな目もと”が主流。そのため、色みのポイントは口もとになることもあり、口もとは“濃密発色”が目立ちます。

新作リップを発表したRMK、クリニーク、ジルスチュアート ビューティは、いずれもそんな“濃密発色”ばかり。

ジルスチュアートは、数種類の美容オイルベースに、グロスのような濃密なつやを演出する独自オイルを配合したオイルルージュを発売。

ひと塗りで、口紅のような高発色とグロスのつや感が出ることがポイント。ネーミング通り、ぽってりとしたジューシーな口もとに仕上がります。

フォーエヴァージューシー オイルルージュ 全8色 2,800円
/ジルスチュアート ビューティ(4月17日発売)

 

RMKからはグロッシーなつやがのる口紅が新登場。唇のうえに“つやの膜”がのるような質感と、黄みベースの鮮やかカラーで、顔色がパッと明るく。

全10色ともヘルシーな色ばかりで、日本人好みの仕上がり。口もとが主役になるリップです。

イレジスティブル ブライトリップス 全10色 3,000円/RMK(5月1日発売)

クリニークからは、保湿機能を高めることで、発色もうるおい感も両立させた新リップがデビュ-。ヒアルロン酸やシアバターなどを配合したクリーミーなテクスチャーで、まさに濃密発色なリップ。

セミマットな質感で、ふっくらとした上品な口もとが完成します。オフィスでもプライベートでもシーンを問わずに使える万能リップです。

クリニーク ポップ 全15色 3,200円/クリニーク(4月24日発売)

淡盛りメイクが流行している一方で、この夏は明るさと鮮やかさのある口紅に注目です!

 

そろい踏み! シックな夏のアイメイク~後編

シックな目もとにあわせるフェイスパウダーとしては、ブロンズ~ダークベージュのカラーに注目です。

1984年からブロンズ肌づくりを提唱しているゲランからは、週末をビーチでのんびりと過ごしたような肌になれる、4種のフェイスパウダーが登場。

フレッシュな印象に仕上がるピンク系と、活力ある印象に仕上がるアプリケット系の計4種は、いずれも健康的なつやと血色感をプラスしてくれる秀作。フリージアやオレンジブロッサム、バニラが奏でる、サニーフローラルの香りにもうっとりします。

テラコッタ ジョリ タン プードル 全4種 6,400円/ゲラン(6月1日限定発売)

 

シャネルは、地中海のリゾート、リヴィエラをイメージした「メディテラネ」コレクションを発表。そのうち、特別限定品になるのが、こちらのゴールドパウダーです。

カメリアモチーフを施したパウダーは、頬やデコルテにのせることで、サテンのようななめらかなつやがオン。輝きが主張しずぎないので、日常使いにも最適。肌にヘルシーな光沢を添えられるパウダーです。

ルミエール デテ 7,500円/シャネル(5月22日限定発売) ©CHANEL


シックなカラーで引き締まった目もとと、健康的なつや感をつくるパウダーを併用することで、大人の夏メイクに挑戦してみましょう。

 

そろい踏み! シックな夏のアイメイク~前編

東京では桜の開花がはじまったばかりですが、メイクアップでは、夏新色の発表がピークを迎えています。この夏のトレンドメイクは、シックな目もとに、濃密発色のリップをあわせた仕上がり

アイシャドーは深みのあるネイビーやボルドーで彩り、リップには流行している“オイルルージュ”のような濃密カラーをあわせる、というのが旬です。

そんなアイカラーの代表選手は、キッカやスック、ルナソル。

サマーセンセーション」をテーマに掲げたキッカでは、海をイメージした深いブルーと、テラコッタブラウンの組み合わせのシャドーに注目。

瞳の美しさを際立たせるような色使いで、思わず惹きつけられる目もとに仕上がります。

ミスティック パウダーアイシャドウ EX22 5,500円/キッカ(5月13日限定発売)

 

スックは“サマーグラデーション”がテーマ。夕陽や花火など、夏の美しい空模様からクリエートした3色のシャドーパレット。

ボルドーとオレンジのグラデーションの紅掛空(べにかけそら)は、黄み肌を美しく引き立たせてくれる2色。大人シックなアイメイクを目指すならマストバイです。

アイ カラー パレット EX-01 4,800円/スック(5月1日限定発売)

 

ルナソルの夏色は、「シアーブリーズ」がテーマ。クリアなカラーとシアーな光感をコンセプトに、限定のパレットシャドーを発売します。

こちらのカラーにもネイビーやブラウンなど、シックなアクセントカラーがイン。目もとをしっかりと締めて、クールな表情をつくります。

ルナソル シアーブリーズアイズ EX01 5,000円
/カネボウ化粧品(5月15日限定発売)

 

”超多色パレットシャドー”の躍進!

ここ数シーズン、アイシャドーは単色アイテムが旬。アイシャドーの粉体技術が進化したことにより、単色であっても、流れるようなパールの輝きで、濃淡のアイシャドーを重ねたようなグラデーション効果を得られるものが増えたからです。

でも、その一方で、新作パレットのなかには、7色、8色当たり前、という勢いの“超多色パレットシャドー”が登場しています。

たとえば、イヴ・サンローランからは、ヌーディとスモーキーの2種類の色調を揃えた、10色もの多色パレット、クチュールバリエーションが登場。

カラーが豊富なだけでなく、ひとつのパレットにマット、サテン、シマー、メタリックと、すべてのテクスチャーがイン。このパレットで、仕上がりイメージが異なる、さまざまなメイクパターンが実現できます。

シュウ ウエムラはパリを拠点に活躍中のアクセサリーデザイナー、ヤズブキーとのコラボレーションで、7色のアイシャドーとチークカラーがセットになった、アイ ラブ マイ シュウ シュウ パレットを発表。

ベージュ系などの定番カラーは見当たらず、ジュエリーのようにカラフルな色が配されています。

質感はパール、イリデッセント、メタリック、マットの4つのテクスチャーを組み合わせ。ファッションと同様に、アイメイクも“カジュアルに着替えてほしい”というヤズブキーのメッセージが込められています。

このように、単にカラーが異なるだけでなく、質感も変化に富んでいるため、より豊かな仕上がりを楽しめるようになった超多色パレット。

パレット内のカラーはバランスが考慮されているため、どの色を重ねても、きれいな色合わせが完成するのも特徴です。単色シャドー使いにマンネリ感を感じてしまっている人にもおすすめしたいパレットです。

アイ ラブ マイ シュウ シュウ パレット 7,400円/シュウウエムラ(3月21日限定発売)

クチュール バリエーション 全2種(写真はヌード) 11,500円
/イヴ・サンローラン・ボーテ(4月10日限定発売)