食空間プロデューサー山本侑貴子さん

カテゴリ:

今日ご紹介したい“美のプロ”は、テーブルの装飾から、料理、ワインのコーディネートまで、フードビジネス全般で幅広く活躍している食空間の演出家・山本侑貴子(ゆきこ)さんです。

     「マダムっぽいですね」と言うと、「いえ!(キッパリ) マダムなんて、そんな感じじゃありませ
     んよー、アハハ」と気さくに答えてくれる山本さん。いえいえ、充分にマダム風味です(笑)

彼女と初めて出会ったのは、女性誌の雑誌撮影の時。“美しい食卓”というテーマで、テーブルコーディネートと同時に、食空間を楽しむ方法をインタビューしたことがきっかけでした。

テーブルコーディネートというと、なんだかハイソサエティな雰囲気で高度なセンスが必要だと思い込んでいましたが、山本さんのコーディネートは上品で清潔感ある仕上がりながら、日常でも応用できそうな親しみやすさがあることが魅力。その理由は、“おもてなし好き”だったお母様の影響にあるそうです。

「子供の頃から自宅には母の友人がたくさん遊びに来ていて。そんな友人たちをもてなすことが好きだった母ですが、一方で適度に“手を抜くこと”を実践できる人でもありました。身近で買える素材で、ささっとテーブルを装飾できてしまう。そんなセンスに、とても魅力を感じていたんです」(山本さん)。

今回は山本さんのご自宅でランチを堪能。当日のテーブルのテーマは「美肌百貨をイメージしたロマンティックテーブル」でした。仏・アレキサンドル・チュルポーのライトグレーのテーブルランナーに、なんとオカダヤで購入したというネイビーのベロアのテーブルクロスをコーディネート。テーブルがシックな印象なだけに、暖色系の花々や透明感や輝きのあるナプキンリングやクリストフルの食器をあわせることで、華やかな印象に仕上がっています。

きらきらと輝きを放つナプキンリングはメゾン・ド・ファミーユで購入。
 

ランチ当日は早朝から打ち合わせ仕事が入っていたにも関わらず、前菜2品、スープ、パスタ、デザート、コーヒーをその場で(!)構成しつつ、料理を用意して頂きました。その手際の良さには感服。私自身があまり料理をつくらないだけに、まるで手品を見ているような“食のプロ”の技術力に圧倒されました!


         前菜は翡翠(ひすい)、ブラックチェリーという名のトマトに、水牛のモッツァレラ チーズ
         とワイルドルッコラを添えて。きゅうりの冷製スープは、豆乳を加えた甘みの ある風味。
         パスタは即興で冷蔵庫にある食材を用いてつくったベーコンとトマトのパスタ。 
         さっぱりしていて夏向きのお味。
 

おもてなし好きだったお母様の影響は“食空間プロデューサー”という肩書きにもありました。「母が私に教えてくれたのは、バランス感覚の大切さ。テーブルコーディネートやワイン、料理を深く追求していくのは素晴らしいことですが、私はそのすべてをバランスよくこなしている母が素敵に思えて。いまの肩書きも何かのジャンルに特化するのではなく、食空間そのものを手掛けたかったという理由からなのです」(山本さん)。

以前、雑誌の企画でコーディネートをお願いした時は、折り紙やカラーペーパーを巧みに使って、ナプキンリングを作成してくださったこともありました。身近な素材を用いて、シンプルに豊かな食卓を生み出す。そんな素敵なセンスが山本さんのテーブルには詰まっています。

 

山本侑貴子さんのオフィシャルホームページ 
dining&style
http://www.diningandstyle.com/

沖縄情報を発信するブログ「沖縄百貨」を正式開設

カテゴリ:

美肌百貨の姉妹ブログとなる、沖縄情報を発信する「沖縄百貨」が、正式オープンしました!

こちらのブログではリアルな現地情報や、ちょっとマニアックな観光スポット情報をお届けしつつ、「買える! 沖縄百貨」では沖縄県物産公社のショップ「わしたショップ」の協力を得て、さまざまな物産品を独自のセレクトでご紹介していきます。

すでに、いくつかのトピックスが掲載されていますが、「いきなり一銀食堂が載っていて、マニアックで笑った」、「さっそくアグーまんを食べに行った(沖縄在住の友人)」、「石垣島ラー油を買いにジュネに行く!」など、さまざまな反響を頂いています。

みんなに愛される沖縄。沖縄ならではの美容・美肌情報もお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに!


ナビゲーターは、かりゆしウエアを着用した「かりゆしトモイチ」です。

マイケル・ジャクソンの追悼式

カテゴリ:

ロサンゼルスのステイプルズ・センターで、7月7日午前10時15分(現地時間)からマイケル・ジャクソンさんの公開追悼式が行われました。 

舞台にはこの日のための鎮魂歌を歌ったスティーヴィー・ワンダーやライオネル・リッチーから、マライア・キャリー、アッシャー、ジェニファー・ハドソンまで、世代を超えたトップスターが登場。それぞれがマイケルへの思いを語りながら、壮大な音楽葬というべき追悼式が行われました。

壇上で熱唱した歌手のなかでも、その登場に驚いた人物がシャヒーン・ジェファゴーリ(Shaheen Jafargholi)くん。彼は6月1日付の日記にあるイギリスのオーディション番組「britain’s got talent 」で、スーザン・ボイルと並びファイナリストに残った12歳。マイケル・ジャクソンの「Who’s Loving You」を熱唱し、そのソウルフルな歌声と音程の安定感から、聴衆の喝采を浴びていた少年です。

 


彼は7月に予定されていたマイケルのロンドンツアーで、マイケルとの共演も予定されていたとのこと。そんな縁もあり、急遽ロンドンから追悼式に参加することになったのでしょう。

シャヒーンくんが壇上で歌った曲は、もちろん「Who’s Loving You」。歌い終わった後に、「僕はマイケルが好きなんだ。ありがとう」とはにかみながらのコメントが非常に印象的で、マイケルのソウルを受け継ぐ、次世代の新しいスターをここに見た気がしました。


CHANEL AOYAMAから特別限定品が登場!

世界初の香水・化粧品を扱う路面店として、東京・青山に4月にオープンしたCHANEL AOYAMAから、7月3日に特別限定品「コレクシオン サンフォニー ブランシュ」が先行限定発売されました。

こちらのコレクションは、2009年春夏のオートクチュールコレクションに登場した、白い装花、白いヘッドドレスからヒントを得て、生み出された3品。

肌の透明感を引き出すフェイスパウダー、モノトーンに愛らしさを添えた4色アイシャド-、そして絶対的にピュアな白ネイル。いつもの表情に、強く純粋なニュアンスを与える“インパクトのある白”が印象的なアイテムです。

        左から時計回りに・ツヤと明るさを演出する、天空の花という名のフェイスパウダー。
        フルール セレスト 8,400円、パーリーホワイト、ダークシルバー、シルバーピンク、
        ライトゴールドの4色。レ キャトル オンブル ホワイト ウィスパー 7,245円、
        白いネイルは、コレクションでカール ラガーフェルドがこだわったポイント。ヴェルニ 
        ブラン ペタル 3,045円/すべてシャネル CHANEL AOYAMAで先行限定発売中。
        7月17日よりシャネル メークアップ ストゥディオで限定発売。

        カール ラガーフェルドが発表した2009年春夏オートクチュール コレクションのテーマは、
        「白、そして少しの黒」。透明感あるモデルの白肌が印象的。ドイツ版ヴォーグ誌より。
 

今回のような特別限定品をいち早く発信するのが、CHANEL  AOYAMAの魅力。“世界初の路面店”だけに、店内にはこちらでしか楽しめないスペシャルなサービスが揃っています。

なかでも注目は、香りのプロによるカウンセリングが受けられるツール「オルファクティブ テーブル」

“オルファクティブ”とは、“嗅覚の”という意味。シャネルの名香が、香調によりグループ分けされており、自分に相応しい1本を探し出せるテーブルです。


        香りの分類を9つにわけて配置。フルカウンセリングを楽しまれた方には、ベージュ東京の
        ブレンドティーをサービス。混雑を避けるためにも、午前中の来店をおすすめ。
 

まるでチェス台のように白い突起が並んでいますが、実はこちらはシャネルが開発した陶器製のムエット! 通常は紙のムエットで香りを試しますが、陶器製の場合はアルコールの揮発がゆるやかなため、香水の核となるミドルノートの香りが長く試せることが特長。

        たとえば代表作である香水「シャネル No.5」には、現在4種類の香りがあり、それぞれ
        オードパルファムとオードトワレなど種類によって香り立ちが異なります。そのため、
        陶器製のムエットを用いることで、より正確な香り選びが可能になるのです。
 

広告ビジュアル等のイメージではなく、香りの本質から“自分のフレグランス”を導き出せる、唯一無二のカウンセリングツールが「オルファクティブ テーブル」なのです。

店内にはメイクアップのバランスを全身で確認できる大きなミラーや、蛍光灯の光をやわらかく整えるKAPILUXという素材を用いた壁面など、ゲストが心地よく、化粧品を楽しむことができるこだわりが随所に見受けられます。

        またメイクアップアーティストも常駐し、「モデリスト」と呼ばれる、メイクアップの
        スペシャリストも3名在籍。特別なパーティ服にあわせたメイクアップや、イベントメイク
        など、クリエイティブなメイクの相談にも応じてくれます。
 

特別限定品の先行発売から、メイクアップ、香り、スキンケアの独自サービスまで、CNAHEL AOYAMAには、これまでの一般的なビューティショップ以上の特別感のあるサービスが集結しています。


 

ショップデータ:
店名:CHANEL AOYAMA
住所:港区北青山3-11-7 Aoビル内1F  電話:03-5766-5519

営業:11時~21時 無休
期間限定でシャネルのオリジナル着信音をダウンロードできる特典もあるモバイルサイトも登場! その詳細はPCサイトまで。http://www.chanel-aoyama.com