美活男子へのギフトにも最適! メンズコスメの最新作

新作エイジングケアが充実する秋。メンズコスメにも新しいスキンケアやボディケアが登場しています。今回はそのなかから、男性が自分で使うのはもちろん、女性からのギフトとしても活用できるアイテムをピックアップ!

まずは、今年の大型・新ブランドとなるのが、女性用スキンケアで絶好調のブランド、スリーから発売になる男性用スキンケアシリーズ、ザ ディフィニティブです。

スリーの愛用者にはその使い心地や香りにトリコになった男性用ユーザーが多かったことが開発のきっかけ。男性特有の“オイリーながら乾いている”という肌状態に応えるべく、植物成分やオイルをブレンドした専用シリーズを誕生させました。

ブランド名は「決定的な」、「究極の」という意味で、男性がもつ力強さを繊細さの両方をスキンケアで表現したそう。その特長はスリー同様に、天然由来成分を豊富に用いていること。洗顔料、化粧水、乳液の3品でフルラインナップですが、そのすべてが天然由来成分95%超。4種のブレンド精油の香りも心地よく、気持ちをクールダウンさせる効果が大。男性特有の肌状態を考慮しつつ、スリーらしいアプローチで肌をメンテナンスします。

 

ザ ディフィニティブ フォーム 80g 3,800円、
同ローション 100ml 5,000円、同エマルジョン 100g 6,500円
/すべてスリー
(11月23日THREE AOYAMAとTHREE公式オンラインショップ先行発売)

 

オーガニックブランドからも男性用の新作ケアが登場。ドイツで最も知られているコスメブランドのひとつ、ロゴナからは、男性用エイジングケアが発売。

男性用というと軽いテクスチャーが中心ですが、こちらは乳液をさらに濃密にしたようなクリーム。乾いた角質をうるおすように、肌全体にゆるゆると広がりながら、充分に保湿。男性用スキンケアだと保湿力がものたりない、シェービング後に肌あれしやすい、という人にも最適な高保湿アイテムです。

植物オイルが皮脂の代わりとなるので、使い続けるうちにテカリも治まってくるはず。また、ポンプ式なので使い勝手がよく、ジムや出張などに携帯しやすいこともポイントです。

 

メンズ・ハイドレイティングクリーム 50ml 3,700円
/ロゴナ(11月1日発売)

 

3つめにご紹介するのは、女性用ブランドで培ったテクノロジーが応用されているリサージ メンのボディクリームです。

男性が使いやすいように、べたつかないことはもちろん、「いいにおい」に敏感な男性が反応する、花や果実をブレンドした天然精油100%のアロマを採用。就寝前に使うことで、安眠へと誘うリラックス感のある香りを開発しています。

保湿成分も抜かりなく、プルーンエキスや甜茶エキス、水溶性コラーゲンなどフェイス用に使われる保湿成分を配合。大人仕様の上質なボディケアに仕上がっています。

実際に使ってみると、テクスチャーにはコクがありながらも、のびがいいのが特長。男性の場合、ボディ全体に適当にパパッと雑に塗りがちですが、その塗り方を熟知しているかのように、荒々しくつけても肌にするするとのびていきます。女性から男性へのグルーミングギフトとしてもおすすめしたい製品です。

 

リサージメン アロマティッククリーム 200g 2,700円
/カネボウ化粧品(11月16日発売)

 

 

コフレだけじゃない! Xmas限定コスメも狙うべし!

今年も10月下旬からクリスマス限定コフレが発売されます。例年通り、ポーチつきのコフレも多く発表されていますが、いまは女性誌やブランドムックの付録でポーチが付属することも多いことから、すでに「ポーチは充分」というかたもいるはず。

そんな人におすすめしたいのが、各ブランドから限定コレクションとして発売されるコスメです。特別な限定カラーがお目見えするのはもちろん、ゴージャスなパッケージデザインが施されたものも多く、魅力的な製品が揃います。

なかでも、ひときわ華やかなパッケージで登場するのがイヴ・サンローラン・ボーテ。きらびやかなイルミネーションやドレスアップした女性たちをイメージした“スパークル クラッシュ”というテーマを掲げ、ジュエリーのようにきらめくアイシャドーパレットやリップ、ネイルを発売。特にゴールドとシルバーのきらめきをあしらったパレットは輝き感が凄い!

アイシャドー、ハイライター、リップ、ブラシがセットされているので、このパレットをポーチに忍ばせておけば、パーティシーズンも余裕で乗り切れます。

パレット スパークルクラッシュ ¥12,000
/イヴ・サンローラン・ボーテ(10月28日限定発売)

 

続いて、ルナソルからはイベントシーズンを彩る、ゴールドの限定コレクションが登場。ゴールドといっても、ルナソルだけに落ち着きのある大人質感。ローズやアイボリー、ブラウンの組み合わせで、ほんのりゴールドなアイメイクを演出します。

また、リップコンパクトにも注目。クリーミィ、グロウ、シアーの3タイプが揃い、パーティやイベントのコンセプトにあわせて、リップメイクを自在に変えられます。オフィスメイクからパーティメイクへ、といった状況にも華麗に対応してくれるでしょう。

 


ルナソル ゴールドニュアンスアイズ 全3色 ¥4,000、
同カラーリンググリップコンパクト 全2種 ¥3,800
/ともにカネボウ化粧品(11月11日限定発売)

 

 

最後にご紹介するのが、コスメデコルテから発売される、オランダ人デザイナー、マルセル・ワンダース デザインのフェイスパウダーです。早6作目を迎える今年の限定パウダーは、可憐な刺繍をあしらった、レザー風合いのコンパクト。まるでアンティークコンパクトのような趣で、これまでのシリーズのなかでも特別感があります。

パウダーの上質感はいうまでもなく、粉体を固めるための糊やつなぎ成分は一切不使用。白樺水などのエキスを含ませてプレスし、12時間以上の時間をかけて水分を蒸発させるという手の掛けよう。アコヤ貝殻をミクロ上に粉砕したパウダーが、やわらかな光を演出してくれます。

マルセル・ワンダース コレクション
コスメデコルテ フェイスパウダー Ⅵ
レフィル2個付 ¥25,000/コスメデコルテ
(12月1日限定発売・予約受付中)

 

このようにコフレ以外の限定品もスペシャル感があるものばかり。売切れる前にチェックをお忘れなく!

 

 

インスタ、SNS対応! ”消しゴムコスメ”で肌修正が完了!

インスタやフェイスブックなどのインスタで写真に映る機会が増えましたが、撮影された自分の顔をみて、「小じわがひどい」、「くまが気になる」など、顔の表情よりも肌悩みに注目してしまうことはありませんか?

そんな場合は、その肌悩みを克服できるコスメを使うのが正解。特に、いまはインスタ対応というべき新作が多く登場しています。

たとえば、ボビイブラウンからは、目のまわりの小じわを瞬時に消し去ることができる、“魔法の消しゴム”が登場。こちらの凄い点は、小じわを“埋める”、“ぼかす”という2つのアプローチで目立たなくさせていくこと。

また、無色透明のフォーミュラなので、色がつくことなく、塗ったあとはカラーレスとなり、まるで忍者のように消えていくというのもユニーク。もちろん、小じわを軽減させるスキンケア効果も配合しているので、ただカバーするだけでなく、小じわもケアします。

インスタント コンフィデンス スティック ¥5,400/ボビイ ブラウン

 

続いて、コンシーラーとハイライターを1本にしたアイテムで、“若見えスティック”として話題になっているのが、エクスボーテのペンコスメ。開発したのは、人気ヘア&メイクアップアーティストの西山舞さん。撮影現場で、肌色トラブル、凹凸トラブル、くすみ感と、3種類のコンシーラーなどを使いわけていた西山さんが、その3つの悩みを1本で解決するべく開発したスティックです。

ポイントは、前述した3つの肌トラブルを一気に解消するために、凹凸をカバーしながら透明感を演出する技術と、肌をふっくら見せる“スキンピンク”という色を開発したことにあります。しかも、メイクヨレを防ぐ高密着ネットを採用したことで、不自然なカバー力なく、トラブルを覆う仕上がりを実現しています。使い方次第でさまざまな若肌効果が得られるので、購入したら西山さんの使い方もチェックを!

エクスボーテ エクスアーティスト ライトアップレタッチ
SPF20・PA++ ¥3,800/マードゥレクス

 

3つめにご紹介するのが、瞬時に目鼻立ちをはっきりと立体的に見せられるケイトの陰影パウダー。ハイライトとシェイディングの色が両端についているダブルエンドタイプで、ハイライトを眉間や鼻筋、目の下に、シェイディングを目頭からまぶたにかけていれれば、あっという間に大きな目もとになるという便利アイテム。

カラーも2色用意されているので、肌色にあわせて選べるのも便利。ケイトはこうしたインスタ対応コスメが充実しているので、自分のコンプレックスにあわせて取り入れてみるのがおすすめです。

ケイト 3DアイクリエイトN 全2種 ¥1,400/カネボウ化粧品

これらのコスメはメイクの上からも使えることがポイント。女子会やイベントで、「もしや、あとで、集合写真を撮るかも」と勘が働いたら、事前にパウダールームにGO。インスタコスメを駆使して、満足できる写真写りを手に入れましょう!

 

2016新作香水は“透明感のある、大人ムスキー”がトレンド!

今年の夏から秋にかけて登場する新作香水は、透明でありながら奥深い香りが残る香りがトレンド。これまで、一般的にはフローラル系の華やかな香りが主流でしたが、新作ではわかりやすいフローラルというよりも、スズラン、ジャスミンといった濃密さやセンシュアルなフローラルが台頭。そこへイランイランやムスクといった香りが奥行きをもたらせることで、透明感がありながらもグッと大人らしい香りに仕上がっています。

その代表格といえるのが、シャネルから登場するN˚5シリーズの新作、N˚5 ロー  オードゥ  トワレット。1921年に誕生したN˚5は絶対的な名香として、時を超えて女性に愛され続けていますが、シャネルの3代目調香師であるジャック・ポルジュが、1986年にN˚5のフォーミュラをより現代的にアレンジした新作を発表。そして、今年、その息子であり、4代目調香師のオリヴィエ・ポルジュが生み出したのがN˚5 ローなのです。

こちらは従来のN˚5の核となる香りを踏襲しながらも、ロー(水)というネーミングの通り、フレッシュさをより際立たせていることが特長。清々しいシトラスノートが、従来のパウダリーな印象を払しょくイランイランにはグリーンのニュアンスを、ジャスミンにはエアリーな軽やかさを加えることで、よりライトなニュアンスに進化しています。日本人女性にもより身につけやすい、軽やかな香りです。

シャネル N˚5 ロー オードゥ トワレット 50ml 12,000円
/シャネル(9月23日発売)©CHANEL

 

ブルガリから発売される新作、ローズゴルデアはクレオパトラが放つ美しさと女性らしさを表現したブランド最上位といえる新フレグランス。フレッシュさ、フェミニンさを前面に打ち出した、日本人好みのローズの香りに仕上がっています

採用したローズは洗練された香りをもつダマスクローズ。そのローズとジャスミンが溶け合いながら、ムスクやサンダルウッドが深みを添えた、とても上品なノートに仕上がっています。これまでのブルガリのフレグランスシリーズには属さない、まったく新しいシリーズだけあり、いままでにないフレッシュな印象を得られる香りです。

ボトルデザインはブルガリのコレクション、セルペンティがモチーフで、ブルガリの最上級ジュエリーだけに使用されるローズゴールドを使用しており、名実ともにハイエンドな仕上がりです。いままでブルガリを身につけたことがないかたにも試していただきたいフレグランスです。

 

ローズ ゴルデア オードパルファム 50ml 12,800円
/ブルガリ(8月31日発売)

 

3つめにご紹介するのは、1992年に発売されたイッセイ ミヤケ パルファムの名香、ロードゥ イッセイの新作、ピュアです。初代から24年の月日を経て発売されるピュアは、“海の潮風”の匂いである新しい香気成分、マリティマを加えたり、ウッドやムスクのニュアンスをつけることにより、より官能性が高まっているのがポイント。

初代同様に水のイメージを踏襲しながらも、よりエネルギーを感じる香りに仕上がっています。性別や年代の垣根を超えて、誰もが似合うという普遍性のある香りに仕上がっている点はさすがです。

ロードゥ イッセイ ピュア オードパルファム 50ml 12,100円
/ブルーベル・ジャパン

 

単に“軽い”だけではなく、みずみずしさや繊細さが残り香になる新作香水は鮮烈なインパクトを感じる香りばかり。ファッションとともに香水もアップデートしましょう。