この秋冬の本命シャドーは、“赤みカラー”!~前編

連日、猛暑日が続いていますが、各コスメブランドからは秋冬の新色カラーがそろい踏み。8月上旬から、順次発売が始まります。

数ある新色のなかで、まず押さえてほしいのが、目もとを彩る“赤みカラー”です。

去年から目もとやチークで赤やオレンジ、ピンクといった暖色系、ヘルシーな色をしっかりと発色させるトレンドが続いていますが、その流れはこの秋冬も継続。

秋冬らしい、赤みが強いブラウン=レンガ色やボルドーといったアイシャドーが際だって出てきています。

たとえば、大人ブランドのスックからは、ボルドーを基調としたパレット、ブレンド カラー アイシャドウが登場。

この種のカラーは目もとがはれぼったく見えがちなのがネックですが、スックのパレットではグレイッシュベージュやゴールドなど、他の色とグラデーションによって、目もとに立体感がオン。

その上からボルドーの赤みが重なるので、自然な陰影のなかに、赤みが差すといったニュアンスが完成。さすが大人ブランドのスック、と思わず膝を打つ、上品な仕上がりです。

ブレンド カラー アイシャドウ  全3種 6,800円/スック(8月7日発売)

 

RMKは赤みの強い目もとに、今シーズンのもうひとつのトレンドであるアイラインを合わせたメイクパターンを提案しています。

スターアイテムのひとつが、レッドやオレンジ、ピンクのクリーム状シャドーの上に、それぞれの色にマッチするゴールドのパウダーをあわせるゴールドインプレッション アイズ。

赤みカラーの上にパールのきらめきがのるので、発色も光沢もあるモードな目もとが完成。青山や代官山界隈のファッションガールが好みそうなメイクアップです。

RMK ゴールドインプレッションアイズ 全6種 3,800円
/RMK Division(8月14日限定発売)