しっとりと癒される、秋の夜長の”お風呂美容”~中編

浴そう浴に欠かせないのが入浴剤ですが、“炭酸ガス系”の代表選手、花王のバブからはお客様ニーズに応えた、数種類の新作が発売されます。

なかでも注目したいのが意欲的な新作、バブチーノ。カプチーノのようなクリーミーな泡が湯面に広がるという視覚的なユニークさもさることながら、その泡がうるおい成分や炭酸泡を閉じこめることで、温浴感を高める効果も訴求。見た目の華やかさだけでなく、炭酸浴の高い効果を引き出してくれます。

カプチーノという言葉を彷彿してしまうことから、香りはバニラ系などの甘めかなと思いきや、用意されている香りはホワイトローズとミルキーラベンダーの2種。親しみのある花々の香りに、気分も癒さることでしょう。

バブチーノ ホワイトローズの香り 5包入り オープン価格/花王

 

入浴中のアロマ効果を期待するなら、天然のエッセンシャルオイルを配合したバスエッセンスも有効です。ドイツのオーガニック化粧品ブランド、Dr.ハウシュカのバスエッセンスは、香り立ちがいいアロマ効果と、植物オイルやエキスによるスキンケア効果から、ヨーロッパでは高い評価を得ている逸品。

なかでも、レモン&レモングラス、ムーアラベンダー、セージなど、他ブランドでなかなかお目にかかれない“デトックス系”を選ぶのがツウ。

入浴剤として楽しむだけでなく、お湯をはった洗面器に、入浴剤を数滴ほどいれた“アロマ洗顔”を行えば、身体だけでなく心の疲れまでリセットしてくれます


Dr.ハウシュカ レモン&レモングラス バスエッセンス
100ml \3,150/グッドホープ総研

しっとりと癒される、秋の夜長の”お風呂美容”~前編

朝晩の冷え込みが厳しくなる、この時期。1日の終わりに充実させたいのがバスタイムです。ふだんならシャワーだけで入浴を終わらせてしまう、という人も、冷え対策や風邪予防を兼ねて、浴そう浴をしながら、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

特に今年の夏は猛暑だったことから、急激な寒暖の差に身体が対応しきれずに、不調を訴える人が多く、そんな人ほど身体を温めるケアが必要です。

入浴時にはマッサージやフェイスパックなど、スペシャルなスキンケアを加えれば、肌の保湿力も向上。秋の冷たく乾いた大気に負けない肌を育むことができます。今回はそんな秋の夜長のバスケアとして、活用したい5品をご紹介します。

入浴中の王道ケアといえば、植物や花々の香りを楽しみながら、マッサージを施せるようなアイテムです。

ニールズヤード レメディーズワイルドローズ ビューティバームは、保湿・マッサージ・ディープクレンジングと、3通りの活用ができる、使い勝手が優秀なアイテム。

ディープクレンジングを行う場合は添付のクロスを使って拭き取れば、角質ケアが完了。バームを顔にのせているだけでも、保湿マスク効果が得られるので“時短マスク”としても活用できます。

香りはローズヒップに、ゼラニウムやフランキンセンスが加わった、華やかながらすっきりとした香調。アロマテラピー効果から深い呼吸を促すことができるため、浅い呼吸になりがちなデスクワーク中心の方にも使ってほしいアイテムです。


ワイルドローズ ビューティバーム 50g \8,925/ニールズヤード・レメディーズ

 

続いて、モロッコ産ダマスクローズの芳醇な香りを楽しめる製品が、ローズ ド マラケシュから発売された、ヴァレ ド ローズ セラムです。こちらはセラム(美容液)というネーミングながら、内容成分は天然オイル100%の美容オイル

いま話題を呼んでいるアルガンオイルよりも、保湿力・希少性ともに高いと言われている“サボテンの種子オイル”をベースに、ダマスクローズの精油を加えたオイルは、ほんの2,3滴を使用するだけで、充分なアロマ効果と保湿力を発揮します。

おすすめは、香りが広がるように、あらかじめ湯気で満たした浴室で、セラムを顔に塗布した後、指圧マッサージを施す方法。まるでエステでトリートメントを受けているような贅沢な気分に浸れます。

また、頭皮マッサージやヘアトリートメントに数滴を混ぜた、“モロッコ式ヘッドスパ”も心地良いですよ。

ローズ ド マラケシュ ヴァレ ド ローズ セラム 18ml \8,610
/ジェイ・シー・ビー・ジャポン