最新テクノロジーを搭載!  初秋の“スター美容液”5選~中編

3品目は、資生堂のコラーゲン最新科学を搭載した“美容濃密液”「エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム」です。

資生堂のエリクシールは、1983年からコラーゲンに着目した製品を発売してきましたが、その発売から30年を経た今年、従来のハリ・弾力を保つ“真皮コラーゲン”ではなく、真皮コラーゲンを表皮に吊り上げている”吊り型コラーゲン”の仕組みを初めて解明

その“吊り型コラーゲン”に働きかける新規独自成分を開発・配合しました。

加えて、その成分の効果実感を高めるために、新しい乳化技術を採用。美容成分を豊富に配合したことで、通常であればクリームになる使用性を、みずみずしさがありながら、濃密なコクも感じる液状テクスチャーに仕上げています。

 


エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム35ml 7,875円美肌百貨調べ
/資生堂(9月21日全国発売)


ゲランからも心躍る美容液が登場します。蜂由来成分を配合したシリーズ「アベイユ ロイヤル」のトリートメントオイルです。

こちらにはヨーロッパで最も純度が高いといわれ、アミノ酸やミネラルなど栄養素が豊富であるフランスのブルターニュ・ウェッサン島産の蜂蜜、「ウェッサンハニー」を、トリートメント成分として高濃度配合。

美容液の前にマッサージ使用することで、ふっくらとした弾力を与えながら、弾力ある肌に引き締めてくれます。

天然成分である蜂蜜のエネルギーを充分に引き出すために、最新科学を駆使するのはゲランらしいアプローチ。最上級の素材を、最上の方法で製品化した一品です。

アベイユ ロイヤル トリートメント オイル 28ml 13,650円
/ゲラン(10月11日発売)

最新テクノロジーを搭載!  初秋の“スター美容液”5選

猛暑日が続いていますが、9月になれば今年もエイジングケア・保湿ケアの新作の発売ラッシュがはじまります。

これまで発表された秋の新作スキンケアをチェックしてみると、もっとも勢いがあるアイテムは美容液です。

例年、秋の保湿ケアにはトレンドがあり、その年によって保湿クリームが豊作だったり、目もと・口もとケアなどパーツケアの発売が集中したりと、特定の傾向がありますが、今年は最新のテクノロジーを搭載した美容液が本丸。美白からエイジング、敏感肌用まで、個性豊かなラインナップが登場します。

まず、大きな潮流のひとつとなるのが、洗顔後にすぐ使う“ブースター美容液”の存在。その火付け役はランコムが発売した遺伝子コスメ「ジェニフィック」でしたが、そのブームに続けとばかりに、次々と新作が繰り出されます。

アルビオンから発売される美容液「エクラフチュール」もそのひとつ。

アルビオンといえば、洗顔後に乳液で拭き取ってから化粧水を使う、という独自のお手入れが定着していますが、この美容液は、そんな乳液先行型であるアルビオン式を使っていない方にも、アルビオンの製品力を知って欲しい、という思いも込めて発売する新製品。

洗顔後、お手入れの最初に使うことで、その後に使うアイテムがアルビオン式の乳液であっても、それ以外の手持ちの化粧水であっても、それぞれの美肌効果をアップするというブースターの役割を果たしてくれます。

美肌効果のために搭載したテクノロジーは2つ。1つはリュウキュウガネブというブドウと、クパスバターというカカオ科の果実の植物成分。それら生命力の高い植物成分を、医薬品研究で開発された最先端のデリバリーシステム「ナノセスタ」により、肌の奥まで届けるというアプローチにより、クリアな明るさを与えていきます。使ったぶんだけ美肌になれる、そんな効果実感のあるプレ美容液です。

 

エクラフチュール 40ml 10、500円/アルビオン(10月18日発売)

 

続いて紹介する、エストの美白美容液「ホワイトニングエフェクト マイクロムース」も洗顔後、すぐに使うタイプの美容液。

こちらはバブで培った花王の炭酸研究を生かした製品で、炭酸マイクロバブルに美白成分や保湿成分などを閉じこめたという、最新技術の結晶のような1本。

炭酸は肌の血流を促進する作用がありますが、ただ配合するだけに終わらず、①炭酸ガスのマイクロバブル化と、②マイクロバブルを美容液中に閉じこめるという2つの新技術により、肌に炭酸がたっぷりと浸透するような処方を開発。この“効かせる技術”を搭載したことで、従来の美白成分や保湿成分が効きやすさがグンと向上しています。

実際にムースを塗布してみると、有効成分が浸透した後の肌は、指先がつるんとすべるほどなめらか! メディカルエステでイオン導入をした後のような肌に驚きます。

ホワイトニングエフェクト マイクロムース医薬部外品
90g 12,600円/エスト(8月31日発売)