秋の大本命“艶めきファンデーション”5選~後編

最後にご紹介するのは、パクトタイプで艶めき肌になるローラメルシエの新作です。

BBが登場する前に、その“薄盛り仕上げ”から世界中でベストセラーになったのが、ローラメルシエのリキッドファンデ「ティンティドモイスチャライザー」。その仕上がりはそのままに、携帯にも便利なコンパクトタイプとなって登場したのが本品です。

朝使いはもちろん、特におすすめしたいのは、メイク直しやリタッチの時。肌に溶けこむような軽いテクスチャーと、みずみずしい処方から、メイク直し時に保湿ケアをスキップしても、うるおい感のある仕上がりが復活。

粉っぽさ、白浮き感を回避しつつ、夕方以降も心地のいい艶めき肌をキープできます。


ティンティドモイスチャライザー クリームコンパクトSPF20
全6色 5,250円/ローラ メルシエ

ご紹介した“艶めきファンデ”は、化粧下地が不要なタイプが多いことも特長。保湿力や軽さのあるテクスチャーのため、スキンケアを行う感覚でベースメイクが完成してしまうのは本当に便利です。

ここ数シーズンほど、ベースメイクの話題性がBBやCCに奪われていましたが、この秋はファンデーションの面目躍如といった製品がそろい踏み。あなたの肌を、最新の“艶めき肌”へとシフトさせることで、フレッシュな肌印象に仕立てましょう。

 

秋の大本命“艶めきファンデーション”5選~中編

オイルファンデ以外にも、“艶めき肌”になれるタイプが登場しています。

ジルスチュアートからは、ぷるんとした質感のジェルタッチのファンデーションがお目見え。BBクリームを思い出すようなスキンケア感覚のテクスチャーですが、ジルの仕上がりのうるおいと自然な艶めきはさすがに別格。

毛穴落ちすることもなく、肌表面をなめらかにコーティングしてくれます。また、ローズウォーターが配合されていることから、香りにもうっとり。フレッシュな艶めきが欲しいなら、このファンデーションがおすすめです。

モイストシルク ジェリーファンデーション SPF20・PA++ 全5色 32g
各4,200円(9月6日発売)/ジルスチュアート ビューティ

艶めきファンデーションのなかでも、抜けるような透明感、ナチュラルさが欲しいなら、資生堂ベネフィークのリキッドファンデに注目を。

素肌っぽい血色感を演出するために、光を拡散する技術をパウダーやオイルに搭載。その双方が光を巡らせることにより、オーラのような明るさが肌全体を包み込みます。

しかも、そのみずみずしい使い心地から、化粧下地が不要なのもポイント。BBやCCクリームのような感覚で使いながらも、きれいな仕上がりはファンデーションならでは、というイイトコどりな製品です。

ベネフィーク リキッドファンデーション(クリスタライジング) SPF20PA++5
30ml5250円(編集部調べ)/資生堂

秋の大本命“艶めきファンデーション”5選

BBやCCクリームなど、“準ファンデーション”なるベースアイテムが脚光を浴びている昨今。それに比べて、少し元気がなかったファンデーションですが、この秋は“ファンデーションの真骨頂”というべき、革新的な新作が発売されます。

それは、しっとりとなめらかで、まるでフェイシャルトリートメントを受けた後のような肌感になれる“艶めきファンデーション”です。

BBクリームなどは、ヘルシーな仕上がりやつけ心地の軽さといった魅力によって、ファンデーションの座を脅かしてきましたが、この秋に発売される“艶めきファンデーション”は、そんなBBやCCのヘルシーさや軽さを備えながら、ファンデーションのカバー力やもち、仕上がりの美しさも併せ持つという、いわばハイブリッド型といえるもの!

肌につけた瞬間に、「ここまで肌がきれいになるなんて」と、新鮮な驚きを得られる新作が続々と登場します。

そのトレンドを牽引するのが、この秋の大本命であるオイルファンデーション。オイル系といえば、去年の秋にジョルジオアルマーニから発売された「マエストロファンデーション」が記憶に新しいところ。

初めて肌に塗布した時に、その艶めき感に心が震えるほど感動しましたが、そういった流れを汲んだオイル系の新作となるのが、アルビオンの「オイルセラム ファンデーション」と、シュウウエムラの「ザ・ライトバルブ フルイド ファンデーション&スポンジ」です。

 

アルビオンは南太平洋に浮かぶ楽園・タヒチ産の花“ティアレ”から抽出した花オイルが、艶めく化粧膜を形成。さらに、オイルのマイナス点であるヨレ、テカリといった要素を解決するコーティング技術を開発することで、“肌を艶めかせながらもヨレない”機能性を実現しました。

コクのあるオイルベースは、その名の通り美容オイルのようなつけ心地で、そのスキンケア効果やフィット感から化粧下地が不要なほど。うっとりするほどになめらかなテクスチャーは、まさに神業。ぜひ店頭で試して頂きたい新作です。

オイルセラム ファンデーション SPF28・PA++ 全6色 30ml 各6,300円/アルビオン

 

もう一品は、“オイルのエキスパート”というプライドから、これまでの常識を覆すファンデーションを開発した、シュウウエムラ

これまで長年にわたるオイル研究から、透明感=自然なつや感、高いカバー力=マットな仕上がりという、相反するニーズを満たす技術を開発することに成功。複数の機能性オイルを組み合わせることで、自然なつや感と高いカバー力の双方を実現した新作を発売しました。

きれいな仕上がりのコツは、付属のタッピングスポンジを活用すること。このスポンジで、たたき込むようにして塗布することで、テクニック不要で“艶めきカバー肌”が完成。

全14色ものカラーバリエーションが揃うので、誰もが必ず“自分色”を見つけられることも特筆すべきポイントです。

ザ・ライトバルブ フルイド ファンデーション&スポンジ
全14色 27ml 各5,775円/シュウ ウエムラ(8月23日発売)

フレッシュに香る、初夏フレグランス! ~後編

最後にご紹介するのは、数量限定発売の“夏香水”。

ケンゾー パルファムから発売される「マドリー ケンゾー キス アンド フライ オーデトワレ」は、既存の香水「マドリー ケンゾー」を夏モードにシフトした限定品です。

ライチやペアー、ザクロからはじまるフレッシュ・フローラル。ミドルノートではジャスミンやスズランなど、軽やかなフローラルが加わるため、夏らしい透明感ある香調に仕上がっています。ヘアフレグランスにも使えそうな、みずみずしさに溢れた香りです。


ブルーグリーンのボトルも爽やか。マドリー ケンゾー キス アンド フライ オーデトワレ
50ml 8,925円/ケンゾー パルファム(限定発売中)

ご紹介したフレグランスやバスラインは、香調イメージにあわせて、時間やシーンごとに使い分けるのがおしゃれ。

イベントが多く、夜遊び気分も高まる夏だからこそ、デイタイムだけでなく“夜の香り”も用意! シーンに応じて、香りを楽しみましょう。