ひと夏の「涼感コスメ」BEST5~後編

最後にご紹介するのは、“香りのシャワー”です。湿度が高く、気密性の高い空間では他人のニオイが気になるもの。ただ、焼肉などニオイがつく食事をした時や、タバコの煙などにより、自覚なく、髪にニオイが付いてしまう場合があります。

そこで1本携帯しておくと便利なのが、イヤなニオイをカットするローション。マジョリカマジョルカが発売するミストは、同ブランドの人気香水「マジョロマンティカ」の香りをミストにした夏期限定品です。

60mlサイズと携帯にも便利なサイズで、やボディにシューッとスプレーすることで、保湿成分がうるおいを与えつつ、気になるニオイもカット。ポーチにも収まるので、“ひと夏ミスト”として活躍するでしょう。

 

プチプライスのヘア&ボディ用ローション。
マジョリカマジョルカ アクアフィズシャワー 60ml 997円/資生堂(5月21日限定発売)

 

仕事帰りにイベントや食事会に参加した時に、メイクが崩れていたり、脂浮きが目立ってしまうのは、「私は仕事で疲れています」という余裕の無い状態を自己申告しているようなもの。

清潔感が損なわれがちなシーズンだからこそ、機能的なコスメを使って“きれいな見た目印象”を維持。女子印象に差をつけましょう。

ひと夏の「涼感コスメ」BEST5~中編

スキンケアで夏肌対策をするなら、クレイ(泥)マスクや、アイジェルを活用するのがおすすめです。

たとえば、桐炭を配合したアウェイクの新作“黒マスク”は、肌全体にのばすことで、皮脂はもちろん、洗顔では落としきれない汚れを吸着してくれる“デトックス系”。

塗布後、指の腹を使って軽やかにマッサージすれば、ざらつきやくすみがオフ。アウェイクシリーズに共通の天然アロマ成分「サイプレス」を配合していることから、リラクゼーション効果も得られます。

透明感のある肌へと整える“肌浄化マスク”。
ミネラルブラック ディープクリアマスク 100g 2,625円/アウェイク(6月7日発売)

 

熱帯夜により寝不足が続いてむくんでしまった目もとには、ひんやりとクールダウンしてくれるアイジェルが最適。

シャネルの新作アイジェルは、独自の保湿・保護成分だけでなく、むくみやクマを緩和させることができる多機能派。夜だけでなく、朝使いすれば、眠そうな目もとを目覚めさせることができます。

「目もとケアを施したいけど、夏はべたつきが気になるアイクリームは使いたくない…」という人も、妥協のない目もとケアができる製品です。

シャネルのアイコン、カメリアの花から抽出した独自成分を配合。
イドゥラ ビューティ アイ ジェル15ml  6,825円/シャネル(6月7日発売)
©CHANEL

ひと夏の「涼感コスメ」BEST5~前編

気温や湿度が高くなるにつれて、気になりはじめるのが“顔の汗やべたつき”。午後から夕方にかけて、ベースメイクが崩れたり、皮脂が浮いてしまったりと、きれいなメイクアップを持続させるのは難しいもの。

こんな季節には汗や皮脂に強い化粧下地を使うことで、メイクのよれや崩れを防ぐことも一案ですが、よりさっぱりした肌印象をつくりたいなら、ベースメイクを手早くやり直してしまったほうがラク。むしろ、そのほうが顔のコンディションを気にすることなく、夜のイベントまで楽しむことができます。

手早くきれいなメイク直しをするために重宝するのは、メイクや汚れを拭きとるクレンジングローションと、夏向きの軽い塗布感と、ほどよいカバー力を兼ね備えたCCクリームの組み合わせです。

イグニスから発売されるクレンジングローションは、瀬戸田産レモン果汁を配合した夏仕様。みずみずしい使用感とレモン果汁の清涼感で、メイクアップやべたつく皮脂を一気にオフできるアイテムです。

自宅とオフィスのそれぞれに用意すれば、夕方のメイク直しにも、深夜帰宅後のメイク落としにも活用できて便利。シトラスの香りに気分をリフレッシュさせられます。

 

コットンを使って拭きとるタイプのクレンジング。
サニーサワー クレンジング ローション 150ml; 3,150円/イグニス(6月18日発売)

 

その後に使うのは、CCクリームです。BBに続き、続々と新作が発売されているCCですが、クリニークのCCはColour CorrectingのCC。

色調を補正することで美肌印象へと整えることを提案しており、血色のよい健康的な肌色に仕上げるベージュ系2色と、明るく華やかなトーンをつくるピンク、ピーチの2色の計4色からシェードを選べるのが魅力です。

さらに、モイスチャー サージシリーズから発売されることだけあり、高い保湿技術を搭載しているのもポイント。朝使いだけでなく、クレンジングローションを使った後、メイク直しを単品で終わらせたいシーンに相応しいアイテムといえます。


モイスチャー サージ CC クリーム30 全4色 各40g 4,725円
/クリニーク(7月1日発売)

 

メイク直しの時はクレンジングローションを使って、目もと以外のベースメイクを落とし、その後にCCを頬骨や額などハイライトゾーンを中心に塗布。そして、チークを入れれば、短時間でフレッシュな肌印象が復活します。

ちなみに、目もとのよれが気になる時は、クレンジングローションを含ませた綿棒で修正しましょう。