10年後の老け感を防ぐ! 「初期老化ケア」後編

初期老化が現れるのは、顔だけではありません。冬でも露出することが多い腕や脚も、何もケアしなければかさつきが目立つ肌に悪化してしまいます。そこでエイジングケア成分を配合したボディケアも活用しましょう。

Dr.コスメのイースペシャルから発売された「ドクター ピール ボディ」は、しわや乾燥のもとになる古い角質を穏やかに除去しながら、エイジングケア・スリミング・保湿など、さまざまなボディの肌悩みに働きかける“オールインワン処方”。

開発者である衣理クリニック表参道の片桐衣理院長の「悩み別に複数のボディケアを使うことが面倒だった」という体験から生まれた製品だけに、この1本でボディの悩みを解決するべく40種以上の美容成分を配合しています。

イースペシャル ドクター ピール ボディ 200g 5,985円
/美人製造研究所・衣理クリニック表参道

肌は確実に老化していくため「まだまだ大丈夫」と油断しているうちに、しわやたるみは知らないうちに進行していきます。つまり、エイジングケアは先手必勝ということ。ハリがあって活力もある、いまの状態を10年後、20年後も維持できるように、気づいた時から老化予防ケアを取り入れましょう。

10年後の老け感を防ぐ! 「初期老化ケア」中編

肌老化を防ぐためには、紫外線や乾燥など日中の環境ダメージから肌を守ることも大切な要素です。そこで活用したいのが、日やけ止め効果のある保湿クリームや、肌のうるおいをキープするミスト状美容液。

ハリ対策を行う、クリニークの日中用保湿クリームは、肌老化の大敵である紫外線の影響を徹底的に回避するケア。SPF15・PA++の日やけ止め効果と、紫外線による炎症を最小化する海藻抽出エキス、そして紫外線による損傷をリカバーする酵素を配合して、3つのアプローチで紫外線ダメージをブロックします。

しかも、ハリ対策として肌を上中下のそれぞれ3層からボリュームアップさせる成分も配合。肌の外側・内側と双方からのハリ・弾力を守ります。小じわよりも、まずはハリ感を高めたいという人は、こちらを選びましょう。

リペアウェア モイスチャーリフト デイ クリーム 15 SPF!5・PA++ 49g 9,450円
/クリニーク(11月16日発売)

また、紫外線と並ぶ、日中ダメージの“乾燥”が気になる時は、保湿力に定評がある韓国ブランド、アモーレパシフィックの「タイムレスポンス ミスト」をチョイス。エイジングケアラインから登場しているアイテムだけに、ミストのベースは精製水ではなく、済州島で自社栽培している緑茶から抽出した“緑茶葉水”や“緑茶細胞水”を使用した贅沢処方!

さらに、独自の乳化技術を採用したことで、乳液のうるおいをミスト状に噴射することを実現しました。単なる水よりも“美容液”を与えた方が圧倒的な保湿力が得られるのは当然。しわしわした肌印象を瞬時に解消して、つやっぽさを与えてくれアイテムです。

タイムレスポンス ミスト 200ml 9,975円/アモーレパシフィックジャパン

10年後の老け感を防ぐ! 「初期老化ケア」前編

エイジングケア=老化対策というと、「30代、40代からはじめるもの」というイメージがありますが、それは大きな間違い。

たとえば乾燥肌は小じわができやすいため、20代から保湿を充分に行ったり、紫外線対策に取り組まないと、30代を前にして小じわが気になる肌になることがあるし、ふだんは気にならなくても、疲労が蓄積した時や徹夜をした時は、顔が老け込むもの

そんな時に鏡を見れば、頬ががたるみ、目もとにはクマが目立ち、ふだんの顔との落差に驚くことでしょう。20代であれば、そのような疲労感は一晩熟睡しただけで復活しますが、年齢を重ねるとともに、その加齢感は肌に残るようになり、やがてしわやたるみとなって定着してしまいます。

そのため、エイジングケアも「まだ私には関係ないわ」と言わずに、20代から取り入れた方がベター。各ブランドからも20代~をターゲットにした初期老化ケアを発売しているので、小じわや疲労感など「なんとなく肌に元気がない」と思ったら、紹介するコスメをいつものケアにプラスしてみましょう。

表情にともなって現れる“しわ”が定着してしまう“表情じわ”にアプローチしているのは、資生堂とメナード

表情じわ=角質層の折れぐせと定義した資生堂は、肌深部から細胞の再生能力を高める複合成分と、ふっくらと持ち上がるようなハリ感を実感できる純粋レチノールをカギとなる成分として配合。

目もとや口もとなど、表情じわが現れやすい部位に、集中的に働きかけることを目指しました。資生堂の最上位スキンケア、クレ・ド・ポー ボーテから登場するだけに、あり、塗った途端にピーンとしたハリ感が生まれて、そのハリが翌朝まで持続する効き目には感動。目尻やほうれい線など、20代からでも気になる“部分じわ”にピンポイントで効かせたい時に活躍します。

クレ・ド・ポー ボーテ セラムコレクチュールリッズ 20g 15,750円医薬部外品
/資生堂インターナショナル(11月21日発売)

一方、顔全体の疲労感、しわしわ感が気になる人には、メナードから発売される「コラックス」がおすすめ。表情じわができるのは、“肌の復元力”が弱まることにあることに着目したメナードは、長年のコラーゲン研究をもとに新規成分を開発。従来の「コラーゲンをつくる」アプローチを強化して、コラーゲンを若返らせるケアへと前進しました。

しかも、20代から手軽に使えるように、通常よりも小さい21mlサイズを投入。夜のお手入れに組み込むだだけで元気なハリ感が復活するので、乾燥が気になるシーズンに頼れる存在になるでしょう。

コラックス<21> 21ml 5250円/メナード(10月21日発売)