“高保湿ボディケア”で、夏の乾燥を阻止!~中編

続いてご紹介するのは、“固形オイル”ともいえるボディバター

保湿クリームよりも、しっとりと保湿された肌に仕上がり、しかも、その高い保湿力がひざやひじ、足の裏など、硬い角質もゆるめてくれます。

5月23日に限定発売されたSINNボディマッサージバターは、キャンドルタイプのユニークなボディケア。

キャンドルに火を付けると、ロウがゆっくりと溶けてオイルに変化。温かいオイルで温感トリートメントができる“マッサージキャンドル”です。

スリミング(痩身効果)タイプと、ファーミング(引き締め)タイプの2種が用意されているので、目的と気に入った香りのほうをチョイス。サイズが小さいので携帯もしやすく、旅行や出張時のボディケアにも最適です。

 

SINN ボディマッサージバター ファーミング 35g 1,575円/スタイラ(限定発売中)

 

南アフリカから上陸したブランド“ボタニー”のラシャス ボディバターは、全身に使つ時はボディオイルと混ぜて、ひじ、ひざ、足元など部分使いにはそのまますり込むのがおすすめ。

アフリカ南部を代表するココナッツオイルやセサミオイル、カラハリメロンオイルなどのオーガニック成分を配合。香り立ちもよく、新しい自然派ブランドを探している人には、ぜひ試して欲しいアイテムです。

ボタニー ラシャス ボディバター 150ml 3、675円/アスプルンド

“高保湿ボディケア”で、夏の乾燥を阻止!~前編

これからの季節はノースリーブを着たり、サンダルを履いたりと、一年を通じて、肌をもっとも露出するシーズン。

紫外線、汗、ほこりなど、さまざまな環境ダメージを直に受けてしまうため、夏こそボディケアに手を抜かないことが大切です。

ただ、ボディクリームはべたつくから夏場は苦手…という方も多いはず。そこで、今回は、いまの季節に使いやすく、しかも高い保湿力をもつボディケアを6品ご紹介しましょう。

まずは、クラランスとローズ ド マラケシュのボディオイル。「夏にオイルなんて、保湿クリームよりべたつくのでは?」と思う人が多いかもしれません。でも、それは“つけ方”次第。ポイントはシャワーを浴びた後、身体が濡れた状態で、全身をマッサージするように塗りのばすこと。

すると、湿った肌がオイルのなじみを促すため、べたついた仕上がりにはなりません。その後にタオルで軽く身体を拭けば、ふっくらとした艶肌が実現します。

クラランスのボディオイルは3種類ありますが、おすすめは肌のハリを高めてくれる“トニック”。マッサージをするように塗布した後、そのままタオルドライする方法のほか、冷水シャワーで軽く洗い流すと、肌全体が引き締まります。

ボディオイル”トニック” 100ml 7,350円/クラランス

ローズ ド マラケシュのローズオイルは、希少な美容オイルとして知られるアルガンオイルを95%も配合したリッチなオイル。数%配合しただけで“アルガンオイル配合”とPRできることを考えると、95%という数字は驚異的。もちろんフェイスオイルとしても使えるので、全身を1本でケアしたいという方には最適。ふくよかなダマスクローズの香りにも癒されます。


ローズ ド マラケシュ ローズオイル 120ml 8,925円/ジェイ・シー・ビー・ジャポン

涼しげな肌をキープする”初夏コスメ”BEST6~後編

最後にご紹介するのが頭皮ケアとボディケアの2品です。

現在、頭皮マッサージがブームですが、その真打ちとなるアイテムがアユーラから登場しました。フェイス用、ボディ用に続いて開発されたヘッドマッサージ用ビカッサプレートです。

焼き物で有名な石川の窯でつくられている陶磁器製のプレートは、肌あたりがとてもなめらか。同時発売の専用美容液、ビカッサヘッドセラムを併用することで、頭皮のコリをほぐしながらツボの多い頭部を刺激して、血行やリンパの流れを促進します。

このセラムには高麗人参エキス、トウキエキス、黄連エキスが配合されており、それぞれが頭皮の“気・血・水”の流れを促すことで、毛髪、脳、眼精疲労など、さまざまな疲れへアプローチします。

ビカッサヘッドセラム 120ml 4515円、ビカッサヘッドプレート 2625円
/アユーラ(5月23日発売)

ボディケアでは、ポール&ジョーから限定発売されるボディローションに注目。

ひんやりとした清涼感が夏肌のほてりを整え、さらに大粒のラメが肌のうえにオン。夏の陽射しを受けて、ボディにさりげない輝きを与えてくれます。グリーンフローラルブーケのみずみずしく甘い香りに包み込まれるので、朝のシャワー後に使いたいアイテムです。

ポール&ジョー シマリング ボディ ローション G 200ml 4200円
/ポール&ジョー ボーテ(限定発売中)

気候や湿度の変化にあわせて、スキンケアやボディケアも“衣替え”することで、日々の生活が快適になります。初夏にあわせたコスメを取り入れることで、真夏を心地よく過ごしましょう。