THREEが4/25に「トラベルキット2012」を限定発売!

“なんとなくナチュラルなイメージ”とは異なり、精油を生かしたスキンケアを開発している本格派ブランド「THREE」から、トラベルキット2012が限定発売されます。

トラベルキット 2012 7,560円/THREE(4月25日限定発売)

キットの内容は、旅の疲れを指先、つま先からリセットする、フット&レッグ用のトリートメントオイル、ハンド&アームクリームの2種、肌の汚れを取り去る、クレンジングオイル、クレイマスク、ピュリファイングフォームの3種、そして幸せな眠りへといざなうローションマスク3枚とオイル2種の計7点。

それら7点のスキンケア・ボディケアに、キャンバス地のスタイリッシュな大きめポーチが付属しています( ^o^)ノ

今回のキットには化粧水、美容液、クリームが付属されていませんが、旅先では肌状態を落ちつかせたほうがいいので、普段使いのサイズをフルボトルで携帯することをおすすめ。

デイリーケアは用意しているけど、”癒しケア”を加えたトラベル用セットが欲しい、という人にも購入して欲しいアイテムです。

高機能ぶりに拍車がかかる“化粧下地”6選~後編

最後にご紹介するのは、化粧くずれや皮脂・汗に強いアイテムと、スキンケア効果“全部入れ”したアイテムです。

化粧くずれの原因となる皮脂・汗に強い化粧下地を発売したのはエスト。汗、皮脂をはじくとともに、皮脂を吸着・固化するパウダーを配合しつつ、さらに高密着成分によりフェンデーションのヨレを防ぐ機能性も付加。

化粧くずれとヨレをWで防ぐことにより、美しい仕上がりをより長時間持続させています。

エスト ロングラスティングベース SPF20・PA++ 3990円/エスト

一方、資生堂エリクシール ホワイトからは、化粧水の後に1本使うことで「シミ・小じわ・乾燥」を防ぐ多機能ケアがデビュー。

美白シリーズのHAKUにも配合されている美白有効成分mートラネキサム酸のほか、資生堂独自のハリ・エイジングケア成分を“全部入れ”したようなアイテムで、複数のお手入れステップからシンプルケアに変えたい、でも保湿力やエイジングケアは妥協したくないという現代女性をサポートするアイテムです。

エリクシール ホワイト デーケアレボリューション SPF50+・PA+++
35ml 3360円(編集部調べ)医薬部外品/資生堂

このように化粧下地の機能性はシーズン毎に向上していることから、定期的に買い換えることが理想的。自分の肌にあったアイテムを選べば、上から重ねるのがBBクリームであっても上質な肌に仕上がります。

このまま進化を遂げることで、化粧下地は美肌づくりの“脇役”から“主役”へと存在感を高めていくでしょう。

 

高機能ぶりに拍車がかかる“化粧下地”6選~中編

続いては、色ムラやくすみをカバーする美肌効果を備えた2品。

いまやランコムを代表するアイテムといえるUV エクスペールは今年もバージョンアップして登場。カバー力のあるBB効果に加えて、ランコムのファンデーション「タン ミラク」や、「マキブランミラク」に採用されているオーラ テクノロジーを新たに搭載。

従来のカバー力に光コントロールが加わったことで、ファンデーションとの境界線を超えそうな美肌効果を得られます。こちらも間違いなく“買い”の新作。

UV エクスペール エッセンス イン BB SPF50・PA+++ 30ml 5460円/ランコム

もう1品は、ローラ メルシエの新作下地であるグロウ。ローラ メルシエは“下地マエストロ”と言えるほど、仕上がり質感別にすでに4品の下地を発売していますが、こちらのグロウはその名の通り“輝き”をプラスオンするタイプ。

肌色をあげるベージュトーンに、超微粒子のパールパウダーを加えたことで、きらきらと光を放つ肌が完成。美肌効果+輝きで、ファンデーションの印象をクラスアップさせます。

ファンデーションプライマー グロウ 50ml 4410円/ローラメルシエ

高機能ぶりに拍車がかかる“化粧下地”6選~前編

保湿からエイジングケア、下地効果を兼ね備えた多機能アイテムである“BBクリーム”のヒットを受けて、化粧下地もさらに多機能・高機能化へと進化しています。

新作のなかには、ファンデーションを塗る前に、肌をドレスアップさせるような美肌効果が得られるタイプも登場。“化粧下地を制する者が美肌を制す”と言っても過言ではないほど、充実した効果を得られるアイテムがそろい踏み。

最近は、ファンデーションの代わりにBBクリームだけ、またはパウダータイプのミネラルファンデーションで薄づき仕上げ、という”薄盛り肌”がトレンドということもあり、高機能の化粧下地の重要性は増すばかり。そこで今回は“買って間違いナシ”といえる傑作下地6品をご紹介。目指す仕上がり質感に合わせて選びましょう。

まず紹介するのは、世代を問わずに肌悩みとして多い“毛穴”にアプローチする2品。選ぶべきは毛穴をソフトフォーカスするパウダーを配合したアイテム。

アスタリフトからは、光の反射と吸収をコントロールするタイプが登場。写真や医療の光学技術を応用した富士フイルムの化粧品ブランドだけに、その技術を応用した「ライトアナライジングパウダーW」の美光効果は抜群。

肌内部から明るい光を生み出すことで毛穴を目立たなくさせます。

アスタリフト デイプロテクターホワイト SPF50+・PA+++ 30g 3990円

/富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー


また、アナ スイから発売された化粧下地は、毛穴や肌の凹凸をぼかしてカバーする「トリックパウダー」を採用。肌全体が滑光するような仕上がりで、キメの細かい、つややかな肌が実現。

スキンケア成分を配合していることから、つけ心地はみずみずしく快適で、後から重ねるファンデーションもピタッとフィットします。

アナ スイ ファンデーション プライマー SPF30PA++ 30ml 3150
/アナ スイ コスメティックス