個性派揃いの“小技マスカラ” 後編

前回、ご紹介した最新マスカラ3本のほかに、仕上がりを美しくするために活用したいのが、アナ スイやRMKの新作です。

アナ スイから登場するのは、ユニークなコーム形状のタイプ。マスカラブラシでとかし付けるのではなく、まつげのすき間を埋めるように塗布することで、なめらかなマスカラ液がまつげにオン。アイラインを引いたような、くっきりとした目もとに仕上がります。

また、手持ちのマスカラを使った後に、黒目の上を中心に使用すれば、瞳の縦幅を強調できますよ。

液がしっかり絡みつくので、目尻にボリュームを加えたい時もいい。
アナ スイ ラッシュ アンプリファイング マスカラ 3360円
/アナ スイ コスメティックス(8月4日発売)

また、まなざしの印象を強めるために、“つけまつげ”を活用するのも手。RMKの新作つけまつげには、部分用や下まつげ用も用意されているため、日常使いにも便利。

写真は下まつげ用の06。ほか、部分用、ハーフサイズ、
フルサイズを用意。1本1本、熟練の職人による手作り。
アイラッシュ N 1260円/RMK(8月19日発売)

また、つけまつげが普及したことで、シュウ ウエムラから、より簡単に、正しくつけまつげが付けられるアプリケーターが発売中。初めてつけまつげを付ける人や、扱いが苦手な人には強力な味方になるでしょう。

繊細なデザインのつけまつげも、やさしく挟める。
目もとにあてやすい角度にカーブしたデザイン。
アイラッシュ アプリケーター4200円/シュウ ウエムラ

このようなまつげアイテムを活用すれば、自分が理想とするアイメイクが、以前より簡単に短時間で実現すること確実。自分がなりたいアイメイクを、手早くきれいにつくりましょう。

個性派揃いの“小技マスカラ” 前編

仕上がりイメージにあわせて、さまざまなマスカラが発売されていますが、今年注目したいのがブラシの形状に工夫があったり、メインで使用するマスカラの仕上がりをサポートするような“技ありマスカラ”です。

10年前は「マスカラを3本を駆使することで、理想の仕上がりにする」、「マスカラだけで、メイク時間は20分かかる」という“マスカラマニア”たちがたびたび女性誌に登場して、目を大きく見せるために、気合いをいれてアイメイクに取り組んでいた時代がありました。

でも、現在は“時短”がブーム。メイク時間をなるべく短縮できる、だけど、仕上がりの美しさは妥協しないという両方の欲求を満たすのが、新作の“技ありマスカラ”なのです。

まずマスカラのブラシ本体に、工夫が施されているのが、クラランス、ヘレナルビンスタイン、アディクションの3つ。

2種類の異なるブラシを一体化しているのはクラランス。上部のブラシはラバー素材を採用しており、目頭や目尻、下まつげなどの細かい毛をキャッチするサポート役として機能。

また、下部には美しいボリュームとカールをつくるファイバーブラシが配されているので、この1本で隙のない、濃密なまつげが完成します。 

トリートメント成分の配合で、乾燥しやすく、
傷みやすいまつげをコーティングする。カラーは3色用意。
マスカラ インスタント ディフィニシオン 3990円/クラランス
(8月5日発売)

ヘレナ ルビンスタインが発売するのは、コブラ(蛇)の動きや頭にインスピレーションを得て開発された意欲作。

根元からすくいあがるように捉えるブラシにより、短く細いまつげもキャッチして上向きにアップ! まつげをガッチリと立ち上がるため、目の存在感が高まり、目を見開いたような、迫力あるまなざしをつくります。特に目尻側のまつげがピーンと気持ち良く広がります。


まつげ1本1本を包むコーティングポリマーがフィルムを形成。
水分やにじみを防ぎ、美しい仕上がりが夜まで持続。
ラッシュクイーン コブラブラック WP 4410円/
ヘレナ ルビンスタイン(8月26日発売)

アディクションの新作は、ブラシの毛足が、直角に曲がっていることがポイント。その曲がった先端が、まつげとまつげの間に入り込むことでセパレート効果を発揮して、長くダマにならない仕上がりを実現しています。

ブランドを率いるメイクアップアーティストのAYAKOさんが、メイクアップやファッション撮影でも使えるようなクオリティを目指して開発した1本です。

濡れたような艶をもつ漆黒の色合いが美しい。
大人っぽい印象に仕上がる。
アディクション マスカラ ロング&リフトWP 3360円
/アディクション ビューティ

品切れ店も続出した、メナードの集中エイジングケア

6月21日に発売されると同時に、品切れになる店舗が続出したという新作が、メナード初の集中ケア「プログラム 30」。

商品名にある通り、30日間継続して使うことで、肌ヂカラを呼び覚ますエイジングケアです。

 

こちらは配合成分や処方を医薬品メーカーなどと共同で開発しただけあり、効き目で即効性を得られることが特長。

肌にスーッとなじむと同時に、内側からもっちりとした弾力感が出てくるので、30日間使った後は、確実に肌が変わるだろうな、という期待がもてるアイテムです。

 

この肌効果の秘密は、①安定化が難しかった成分を、マイナス60℃でフリーズドライ化できたことと、②その固形パウダーがエッセンスと混合することで、フレッシュな美肌効果を発揮することの2つとのこと。ハリとうるおいを指先で感じとれる効果は、成分研究の成果といえますね。

本当は通年で発売して欲しいほどの集中ケアですが(となるとデイリーケアになりますが!)、製造の難しさから、現状では今回と、冬期の1年に2回の発売だそう。再び品切れを起こす前に、確保しておきたいアイテムです。

プログラム30 (固形パウダー・エッセンス各2本が2セット)
21000円/メナード(限定発売中)