”オーラな光沢”が宿る、2011春夏ファンデーション~後編

前回の記事「ファンデーション情報」の続きです。
 “うるおいパウダー派”は、マキアージュ、SKーⅡ、ソニアリキエルの3つ。

マキアージュの「ライティング ホワイトパウダリー UV」は、肌の内側と外側に光を放つパウダーを、肌にうるおいを与えるエッセンスでコーティングした新作。透明感のある明るい肌を、長時間持続させます。

多くの女性が望んだ“明るい肌”をかなえるために
研究開発されたパウダーを配合マキアージュ ライティング 
ホワイトパウダリー UV 全7色3,990円(美肌百貨調べ)/資生堂

 

SK-Ⅱの「セルミネーション パンケーキ」は、3種類のスキンケア成分で粉体を包み込むことで水分蒸発を防ぎ、肌とのフィット感が向上。乾燥した肌にもピタッとつき、メイク直し時もムラづきすることなく、美しい仕上がりに。 

 

 するするとすべる、軽やかな使用感。リクィッドタイプも用意。
SK-Ⅱ セルミネーション パンケーキSPF24・PA++ 全8色7,350円(美肌百貨調べ)/マックス ファクター(3月21日発売)

 

ソニア リキエルの「エクラタン デボルダン」は、ファンデーションの約80%が水系成分で構成されていることが特長。一般的なファンデーションのように肌を覆うのではなく、溶けこむような一体感を目指したことで、みずみずしさを実現。赤ちゃんのような肌質感が手に入ります。
 

 

ウォータージェルタイプ。薄づきながら、毛穴をカバーする効果も。
 エクラタン デボルダン SPF25・PA++ 全5色 6、090円/
ソニア リキエル(3月1日発売)

 

今回はパクトタイプを“パウダー整列派”と、“うるおいパウダー派”に分けましたが、もちろん両方の特性を備えているアイテムもあります。

また、実際の仕上がりは自分の肌との相性もあるので、いくつかのブランドを特定した後に、カウンターでつけ心地を試してみることがおすすめ。今年のパウダリーはとても進化しています。自分の肌をきらめかせる“私のオーラファンデ”を見つけましょう!

”オーラな光沢”が宿る、2011春夏ファンデーション~前編

多くのブランドが提案している、今年の春夏ファンデーションのコンセプトは、“オーラを放つ肌”。

まるで肌の内側から発光しているような透明感があり、さらに毛穴やくすみもカバーできている美肌…。そんな圧倒的な光沢感が宿る肌を提案しています。

その光沢感を生み出すべく、各ブランドは新しいテクノロジーを開発しています。それらを大きく分類すると…1.ファンデーションに含まれるパウダーの粒子を細かく、毛穴や凹凸を均一にカバーすることで光沢を与える“パウダー整列派”と、2.パウダーをスキンケア成分などでコーティングすることで、仕上がりの光沢を持続させる“うるおいパウダー派”の2つに分けられます。

まず、“パウダー整列派”のブランドは、ランコム、エスト、アディクションの3つ。

ランコムの「マキブランミルク」シリーズは、従来のパウダーよりも圧倒的に細かいパウダーを配合している新作。毛穴や凹凸を隠しつつ、さらに光を拡散して毛穴をぼかすことで、肌表面をなめらかに見せることを可能にしています。

マキブランミラク コンパクト SPF35・PA+++ 全8色 6,825円
/ランコム(2月23日発売)朝つけたての美しさを12時間持続させる
トリプルアミノ酸パウダーを配合。


エストは「パウダーメイクアップ アクティブオーラ」で、円盤状の粉体を新しく配合。角がなく丸みがある粉体が肌の上に並ぶことで、まるで一枚の布をまとっているような状態に粉体が整列。肌にもぴたっと密着することで、顔の表情を美しく、いきいきと見せてくれます。

 

パウダーメイクアップ アクティブオーラSPF25・PA++ 全6色6,825円/エスト(2月26日発売) 粉体が均一に光を反射することで、
肌の動きにあわせて光沢も寄りそう。


板状粉体を主体に数種類の素材を採用しているのがアディクションの「グロウ パウダーファンデーション」。つや感のあるタイプと、毛穴をカバーするタイプの粉体を同時配合することで、内側から輝き出すような質感を表現。しかもブラシ使いをすることで、テクニック要らずでやわらかな印象のベースメイクが完成します。

 

グロウ パウダーファンデーションSPF15・PA+ 全5色 5,775円
/アディクション(2月11日発売) アジア人の肌を考慮してつくられた
カラー展開。携帯性を重視した、薄く軽いパッケージも特長。

 

 

ゲランから新たな傑作が誕生! “アンチシャイン”ケア

ゲランの人気ベースメイクシリーズ「パリュール パーリーホワイト」から、名品になりそうな新製品「シャイン コントロール」が登場します。

このアイテムは皮脂によるテカリ防止のアイテム。2種の微細パウダーを配合したミストタイプです。

ゲランらしい凛と美しいボトルも魅力的ですが、なによりも機能性が素晴らしく、1.メイクアップの前、2.メイクアップの仕上げ、3.化粧直し時と、シーンを選ばずに使えるので、使い勝手が抜群。

しかもミストタイプなので、シュッとスプレーして、軽くなじませるだけで毛穴が瞬時に目立たなくなり、さらさらなマットな肌へと変化! ベースメイクの美しさを持続させてくれます。

一度使うと、その気持ちよさから手放せなくなりますよ。

 

シャイン コントロール 30ml 7,980円/ゲラン(2月18日発売)

シャネルの2011S/S春夏コレクションのメイクアップ

シャネルから、2011年春夏オートクチュール コレクションのバックステージ情報が届きました。

メークアップ クリエイティブ ディレクターのピーター フィリップスによると、今回のメイクのインスピレーションは、デザイナーのカール ラガーフェルドがモデルの首に巻いた黒のリボンだったとか。



©CHANEL


「今回のショーで、モデルの目の外角にひいた、グラフィカルな黒のアイラインは、首もとの黒リボンがインスピレーションの源でした。また、カールが見せてくれた、ピンク、グレー、ベージュの色調の美しいスケッチも、今回のメイクアップのベースにあります」。

 
©CHANEL

 

モデルの口もとには今年の4月発売の新製品「ルージュ ココ シャイン」をオン。デリケートな色調のナチュラルなメイクアップでありながら、 目もとの短く大胆なアイラインが現代的でシャープな印象を加えています。


©CHANEL
2011 Spring-Summer Haute Couture, CHANEL Show Backstage,
Makeup Peter Philips,
CHANEL, photographer Vincent LAPPARTIENT


©CHANEL

 軽やかに唇を包み込み、みずみずしく輝く新シリーズ。
ルージュ ココ シャイン 全20色 各3,780
円/シャネル
(4月8日発売)