沖縄を代表するエステティシャン・伊是名祐子さん

カテゴリ:

沖縄のスパ、エステティシャンといえば、筆頭に挙げられるのが首里石嶺にあるエステサロンVIVACE BEAUTYと、そのオーナーである伊是名祐子さんです。

東京の美容業界人のファンも多く、沖縄を訪れるたびに伊是名さんの施術を体験するという人も少なくありません。バスルームが併設されたミニマムなスパ空間、沖縄の美容食を楽しめるカフェ、そしてやさしく穏やかな伊是名さんのお人柄と、ここには“ちゅら島の魅力”が揃っています。

 


伊是名祐子さん。サロンのラウンジで。
 

そもそも伊是名さんがエステティシャンを目指したのはお母様の影響が強いと言います。

「母が化粧品店を営んでいたので、私の自宅は近所の方々の“集いの場“になっていました。お店では化粧品を買うというより、コミュニケーションを楽しみに来ている方も多くて。そんな様子を見ていたので、美容を通じて人と人をつなぐような仕事ができればと思っていたのがきっかけです」。

その思いを胸に、沖縄の高校を卒業した後に上京。東京の大手サロンで働くことに。「技術を習得するために、無我夢中で働きましたね。そのまま気づいたら20年(笑)」。

転機になったのは、1997年に北部のリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」のスパのプロデュースでした。ラグジュアリーホテルのスパ施設を施術内容から内装まで、トータルで手掛けた後、その経験を生かして自身のサロン「VIVACE BEAUTY」を2002年にオープン。そして現在に至ります。


 
全3部屋あるトリートメントルーム。

 

 


1Fのラウンジには、人気のオーガニックコスメ、ヴェレダやジュリークが揃う。

「現在のサロンはデイスパですが、将来的には滞在型のスパ施設を手掛けたいと思っています。個人のアトリエのような感覚で、1日に2,3人のゲストをお迎えして、一緒に食事をとったりして。
また、現在の施術はスウェディシュが基本メソッドですが、子供の頃から習っている琉球舞踊の要素を取り入れて、オリジナルのセラピーを開発したいですね。そして、これまでの経験の集大成となる“OKINAWA SPA“を提供したい。それがいま目指している目標です」。

 
サロンデータ:
店名:VIVACE BEAUTY(ビバーチェ ビューティ)
住所:那覇市首里石嶺4-318 電話:098-887-5111
営業時間:10時半~21時  休:水曜
http://www.vivace-life.jp/index.html

 

女子なら一度はmake over(大変身)したい!

カテゴリ:

欧米の美容誌を読んでいると、「make over(メイク オーバー)」という特集がよく組まれています。この「makeover」とは「ヘアスタイルやメイクによる“大変身”」という意味。

日本でもメイクアップ前後の変身ぶりを紹介する企画は「ビフォー・アフター企画」としてテレビ番組等で人気ですが、女性誌ではあまり特集されていません。日本では変身前後の驚きよりも、実際に役立つ実用的なメイクページが求められているからでしょうか。

でも、そんな大変身企画はいつだって女子心をくすぐる夢物語。シンデレラを読んだ瞬間から、女子心に秘められた大切なファンタジーのひとつです。

特にアメリカでは、この類のシンデレラ・ストーリーが“アメリカン・ドリーム”と通じているためか、映画やミュージックビデオでも“お約束の展開”として人気があるようです。

最近のミュージックビデオでは、テイラー・スウィフト「You belong to me」が、王道中の王道なメイクオーバー物語。

ファッションセンスが垢抜けない、やたらオオブチな眼鏡をかけた女子、隣のアパート(しかも窓から見える)に住むスポーツマンの男子、セクシーで猫目な男子のガールフレンドなど、シンデレラ・ストーリーに欠かせない役者がそろい踏み。

ハッピーエンドは百も承知なのに、主人公の展開にちょっとハラハラしながら、行く末を見守りつつ。そして、ラストの見事な大変身は、定番の“お約束シーン”ながら、見ている者をスカッと爽快な気分にさせてくれます。

 

*再生時、音が出ますのでご注意を。
  

いかがでしたか? 胸が熱くなりましたか?

彼女が眼鏡を外すシーンがありましたが、あの瞬間がキレイへの決意表明だったのでしょう。

日本ではナチュラルメイクが主流ですが、たまにはこんな鮮やかな変身メイクを施して、“別格なキレイぶり”を発揮してみるのはいかがでしょう。

最近はデパートのカウンターでも、メイクレッスンを受けられるカウンターが増えています。いろいろな“別格キレイ顔”を手に入れることで、あなた自身もテイラー・スウィフトばりの“メイクオーバー”叶えてみませんか!

夏から秋への変わり目は“ぬるめの水”を摂取。

カテゴリ:

東京はすっかり秋めいてきました。朝晩は長袖でも寒いくらいですが、こんな急激に気温が変化する季節は要注意。特に冷え性の人は、体調が不安定になることもあるため、身体を冷やさないように充分配慮してくださいね。

水分を摂取する時も、たとえばミネラルウォーターなら、お湯で温度調整してから飲むのがおすすめ。水は常温でも体温以下の温度になるため、「冷蔵庫で冷やしていない水なら大丈夫」と思って飲み続けると、身体が冷えてしまう場合も。

だから普段はもちろん、喉が渇いた時やお風呂上がりも、なるべく“ぬるめの水”を飲むのがベスト。特に冷たいドリンクを多く摂りがちな夏から秋への変わり目は、意識して“ぬるめの水”を飲みましょう

最近は水筒持参がトレンドですが、お湯を携帯していれば「ちょっと冷えるな」と感じた時に、身体の内側から温められるので有効ですよ。

頭のコリをグイグイとほぐすマッサージ道具を発見!

樹脂でできたタコ足が、頭皮をグイッとつかむ! 
おすすめは“2個使い”。ヘッドスパ プッシュタイプ 1,050円/満天社

この写真のアイテム、何だと思いますか? ダークな雰囲気で撮影してみましたが、実はこのアイテムは….ヘッドマッサージ道具なのです! なんだか愉快な見た目ですが、意外なほどに実力派なこちら。樹脂でつくられたタコ足部を、頭皮にグイッと押したり戻したりを繰り返していると頭皮のコリがみるみるほぐれるという凄技アイテムです。
 
このヘッドマッサージ道具「ヘッドスパ ハンドプロ」を見つけたのは、沖縄滞在時。マッサージ道具がいくつか展示・販売されているお土産屋コーナーで、キラリと異彩を放っていたこのアイテム。

展示されていたサンプルをすかさず手の甲に押し当ててみたところ、想像以上の強さで皮膚をキャッチすることに驚き! このパワーがあれば、凝り固まった頭皮もがぶりつきでほぐしてくれると思い、両手使いするために2個買いしました。


頭皮の上をすべらせるのでなく、頭皮そのものを動かすように、
円を描きながらマッサージするのがポイント

このアイテムのおかげで、最近は入浴中に雑誌を読みながら、頭皮をほぐすのが日課に。頭皮にアロマオイルをつけて、10~15分ほどマッサージを施すと、視界がパッとクリアになるのを実感。しかも少し赤みを帯びていた頭皮が、少しずつ白く健康的な色になってきたことも嬉しい変化でした!

育毛剤、発毛促進剤を使う時も、このハンドプロを併用すれば、薬効の相乗効果が期待できそうな予感。女性だけでなく、薄毛対策を行っている男性にもおすすめしたい器具です。