効くコスメを厳選「買える! 美肌百貨」がオープン!

4月下旬よりブログ「美肌百貨」をソフトオープン中でしたが、先日、遂に「買える! 美肌百貨」の公開が完了し、ブログ全体を正式オープンすることができました!(パチパチ)。

この「買える! 美肌百貨」では、“雑誌によく掲載されているけど近所で買えない”、“全国・世界各地で見つけた傑作コスメ”など、あまり知られていないが確実に効くというアイテムを厳選。美容アイテムには一家言をもつ“美肌バイヤー”のトモイチとトモミが、実際に使ってみて“効く!”と納得したアイテムをご紹介していきます。

 
美容バイヤーのトモイチとトモミ。まだ見ぬ美容アイテムを、日本各地から探し出す!

そこで今回は、第一弾のラインナップとして掲載している商品のなかから、いくつかのアイテムをクローズアップします。

まずは、今週のイチオシ商品となる「今週の“買わなくちゃ”ビューティ」でピックアップしたセントオリエント・スパのナチュラルフラワーズ&バスミルク

こちらは写真の通り、浴槽いっぱいに広がる花びらがセットになった入浴剤。トモイチもトモミも大絶賛の商品です。「仕事や家事で多忙な女性に“ご褒美”として使って欲しい入浴剤(トモイチ)」、「バスミスクの香りがやさしくて癒されます。ギフトにも最適ですよ(トモミ)」。


「新着ビューティ」で紹介しているUVローズミストや、アジアチカのアロマトリートメントAも、現在注目のコスメ

UVローズミストは化粧水なので、塗布感が少ないことがポイント。保湿感やラメの輝きをアップさせたい時や、リゾートで街歩きする時は、クラランスのホワイトープラスHP ボディヴェール*を重なると、上品なラメ感が加わって、グラマラスな肌に(トモイチ)」。

「アジアチカのアロマトリートメントリフレッシュは梨花さんが著書で紹介して、一時期品切れになった商品。レモングラスの香りはリゾート気分満点です(トモミ)」。

 

またメイクアップや男性用コスメも、少しずつ充実させていきます。「チャンティックマニスのパウダーは、添付のパフではなくブラシづけすると、上質な肌仕上がります。

おすすめはSINNのパウダーブラシ*。顔全体にささっとつけたい時も、ハイライトなどポイントでつけたい時にもちょうどいいコシのよさ。また、カネボウの鉄舟(てっしゅう)*は、うっとりするほどなめらかな肌あたりで、やわらかな質感が演出できる優秀ブラシです(トモミ)。

「男性用ファンデーションとして紹介した、トム・ロビンのティンテッド ファンデーションは、カバー力が少なめなことが特徴。なので、もっとカバーしたい、顔全体の色むらを目立たなくさせたいという場合は、ローラ メルシエのティンティドモイスチャライザー*を混ぜて使うと完璧に。ほどよいツヤがあること、サンド、アーモンドなど濃い色があるので、男性の肌をナチュラルに凛々しく整えてくれます(トモイチ)。

さらには厳選トライアルセットやPR商品も“お試し”を実践中。

「敏感肌用ブランドのディセンシアは、さすがポーラ×オルビス グループだけあり、充実のトライアルセット。特に特典として付属している泡立ちネットはコシが強く、品質がしっかりしていて嬉しい(トモイチ)」。

「PRで掲載しているクリアエステヴェールの新作美白ファンデーションには、初回購入時に全色のテスターがついてくるのが嬉しい。ファンデーションの色選びは絶妙だから、この心遣いは通販コスメならでは。また保湿感もかなり優れていて、夜まで肌がカピカピしません。メイクがよれることもなく、美容液ファンデという呼び名にぴったり(トモミ)」。

美肌バイヤーのトモイチもトモミも、まだ話したりないようですが、今回はここまで! 「買える! 美肌百貨」で紹介しているなかでも注目の商品は、こちらのブログでもご紹介していく予定なので、どうぞお楽しみに。期間限定アイテムや、売り切れてしまったリンクは、随時更新していくので、欲しい商品は早めに入手してください!
 

          ●本文中にて*がついている化粧品以外は「買える! 美肌百貨」を通じて、
             各ECショップにて購入できます。

 

 

ラベンダー畑から生まれたコスメ「ロスポブラノス」。

カテゴリ:

化粧品会社やPR会社の方々が、新製品の紹介で来社されることを“キャラバン”と呼びます。最近は化粧品の説明だけに終わらず、化学実験やモバイルパソコンを使ったプレゼンテーションも多く、新作の魅力を立体的に見せるような工夫が考えられています。

本日、そんな“キャラバン”にお越し頂いたのは、エントロピー デザインのキャノン弥生さん。アメリカ・サンタフェにあるオーガニックラベンダー畑から生まれたブランド「ロスポブラノス」のご紹介です。

ブランド名の「ロスポブラノス」は、1790年には史書にその名前が記されていたという、アメリカ・サンタフェにある由緒正しき大農園のこと。敷地内には、有機野菜農園や有機栽培のラベンダー畑のほか、8部屋からなる隠れ家的なヴィラも完備。

そのオーガニックな雰囲気はジュリア・ロバーツや、アンソニー・ホプキンスなどのハリウッドスターから、ミッドセンチュリーを代表するデザイナー、アレキサンダー・ジラルドにも愛されてきました。


アメリカでは歴史的建造物に指定されているヴィラ「ロスポブラノス」。
7月にはラベンダーの収穫を祝う祭りが開催される。
写真の部屋はジラルドのコレクションが飾られたスイートルーム。

そして、この敷地内のオーガニックラベンダーから抽出したオイルでつくられた化粧品こそが「ロスポブラノス」。当初はヴィラの宿泊者用のアメニティとして用意されていた商品でしたが、その香りや使い心地のよさがゲストの間で話題を呼び、化粧品として正式に発売されることになったのです。


キャラバンにご持参いただいた、ジラルドがデザインしたディスプレイ用の什器。
デザインは太陽がモチーフ。

製品ラインナップは全7品。すべてラベンダーの精油が使われている“ラベンダーコスメ”ですが、なかでも推薦したい商品は、ラベンダーハンド&ボディーローションと、ラベンダーオイルをつかったマッサージ。

ロスポブラノスのラベンダーには、筋肉のコリに有効な成分・カンファーを多く含んでいるため、ローションとオイルを使ったマッサージは、肩こりに効果的。首筋をやさしくなでているだけで、スーッと緊張感がゆるんでいくのがわかります。またラベンダーバスソルトの香りにも感涙。天然成分ならではの、ぬくもりのある香りが広がり、気持ちがほっこりと癒されます。

肩こりに効く組み合わせ。ロスポブラノス ラベンダーハンド&ボディーローション 
250ml 3,990円、同ラベンダーオイル 5ml 3,990円/エントロピー デザイン

スプーン代わりの貝殻が可愛い。ロスポブラノス
ラベンダーバスソルト 175g 2,940円/エントロピー デザイン

商品は7月1日から14日まで期間限定で、伊勢丹新宿店メンズ館1Fで発売されるほか、トゥモローランド渋谷店、横浜クイーンズイースト店、京都店、神戸店、福岡店、宝塚阪急店、札幌店、Arts&Science代官山店、新丸の内ビル店等で取り扱われています。

心地よい眠りに導いてくれるラベンダーの香り。ベッドルームのお供に欠かせないアイテムになりそうです。

美容液の雄 アドバンス ナイト リペアが進化!

カテゴリ:

1984年に日本に美容液というカテゴリーを確立したエスティ ローダーのナイト リペア。その後、1991年にアドバンス ナイト リペアとして進化を遂げてから18年目の今年、現代女性の複雑な肌悩みに働きかけるべく、新テクノロジーを搭載した新製品「アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス」が2009年8月25日に発売されます。

先日行われた発表会では、エスティ ローダーの代表作&18年ぶりのアップグレードという入魂の逸品ということもあり、アメリカ本社から2名の上級研究員が来日。新知見となるエイジングケアの鍵「時計遺伝子」への着目と、その遺伝子にアプローチする有用成分を発表しました。

発表会は、銀座にある「ホテル西洋」にて。
ナイト リペアブランドに相応しい、シックなインテリア。

プレゼンテーションのカナメは、“24時間の生命活動の変化は、脳からの指令ではなく、細胞のそれぞれに存在する“時計遺伝子”によるものだったということ。

これまでは体内時計をコントロールしているのは脳からの指令だと考えられてきましたが、2000年に行われた研究発表により、すべての細胞には時計遺伝子が存在して、その働きにより24時間の生命活動が維持されていることが判明したのです。

そこでエスティ ローダーは美容液として、初めてこの原理に着目。細胞にある時計遺伝子に働きかけるアミノ酸の配列「クロノラックスTMテクノロジー」を開発。肌細胞の乱れたリズムを整えるアプローチを開発しました。

講演者はエスティ ローダー研究所の研究開発担当
シニア ヴァイス プレジデントである、ダニエルH.メイズ博士。
下の画像は細胞内に存在する、時計遺伝子のイメージイラスト。

発表会後に各プレスに配られた商品は、美容液現品と目もと用美容液のアドバンス ナイト リペア アイの2品。

初めてナイト リペアを使ったのが大学生の時でしたが、その当時は衝撃的だった薬品のような存在感はそのままに、よりスタイリッシュなボトルデザインにバージョンアップ。

嬉しいことに、アドバンス ナイト リペア特有の薬品的な香りと、濃密なテクスチャーは当時のまま。最近は花々の香りを基調とした美容液も多く発売されていますが、その心地よい香りとは真逆のクセのある香りは、嗅覚が記憶していて、まるで昔の恋人に出会ったかのような、懐かしい思いがよみがえります。

               存在感のあるボトル。“薬品っぽいデザイン”が、このアイテムの特長。
              (左)アドバンス ナイト リペアSR コンプレックス30ml8,400円、
                50ml13.125円(画像)2009年8月25日発売、
              (右)既存品のアドバンス ナイト リペア アイ 14g 7,350円
             
 /ともにエスティ ローダー

また、実際の肌効果もしっかりとバージョンアップ。翌朝の肌は、ほどよい濡れ感を保ったまま、なめらかなるおいが持続。小じわが目立たなくなる即効性も実感して、ロングセラーならではの実力を堪能しました。旅先にも携帯したい“頼れる1本”と言える美容液です。

 

緊張感は人を美しくする?48歳の歌姫・スーザン・ボイル

カテゴリ:

48歳の独身女性スーザン・ボイルさんの美声がyoutubeを通じて配信されたことで、世界中から注目を集めたイギリスのオーディション番組「Britain’s Got Talent」。遂に、31日未明に、その決勝が行われました。この番組は、携帯電話のセールスマンからオペラ歌手になったポール・ポッツさんを排出したことでも知られる人気番組。第3シーズンとなる今回はスーザン・ボイルさんのほか、12歳の男の子、シャヒーン・ジャファゴーリ君や、オーディションの時点で審査員一同を感嘆させたサックス奏者、ジュリアン・スミスさんらが決勝に進出。スーザン・ボイルさんはオーディション同様の『レ・ミゼラブル』の挿入歌『夢破れて』を披露しましたが、残念ながら優勝を逃し、2位という結果に。

優勝を獲得できなかったのは残念ですが、オーディションと決勝の映像を見比べると、明らかに変化している点がありました。それは、“肌のつや”。もちろん、決勝戦ではフルメイクを施していたという違いはありますが、顔全体にはなめらかな光沢が宿り、さらには凛々しい印象がプラス。オーディションの時に比べて、表情に力がありました。

実は、彼女はオーディションの後に見た目印象を洗練させようと、美容室で髪型と眉毛を整えたのですが、その仕上がりは彼女の印象を“キツめ“に見せてしまう結果に。鋭角的で短い眉毛や、コンパクトになりすぎたヘアスタイルは、彼女の魅力である“ほんわかな雰囲気”をマイナスにしてしまった感がありました。

そのため、準決勝では当初の初々しい印象から離れてしまった印象がありましたが、決勝当日には太くなだらかな眉が復活し、肌つやが向上。見た目印象がきちんとバージョンアップしていたのが印象的でした。

この彼女の見た目印象の経緯から言えることは、「緊張感は人を美しくする」という事実。世界中から注目を集めることは相当なプレッシャーがかかったことでしょう。しかしその反面、その緊張感は彼女の美しさに磨きをかけたといえます。

人前に出れば出るほどきれいになる、というのは芸能人だけではありません。きっと私たちひとりひとりにも該当する法則なのでしょう。

オーディションの時のスーザンさん。審査員・会場の変わりゆく反応に注目。
*再生時に音がでますので、ご注意を。

決勝のシーン。惜しくも優勝は逃しましたが、世界中の人々を感動させた。