世界的メイクアップアーティスト、リンダ・カンテロの信条とは?

ジョルジオ アルマーニ ビューティのインターナショナルメイクアップアーティストであり、世界的なトップアーティストでもあるリンダ・カンテロが来日。彼女とのブレックファーストミーティングに参加してきました。

 

リンダ・カンテロは、90年代後半にカネボウのテスティモのCMで、女優の小雪と競演。そのCMでは、アイメイクを“指塗り”で、しかも濃密なネオン発色で仕上げるという、当時としてはセンセーショナルなテクニックとメイクアップでインパクトを与えたことから、覚えている人もいるかもしれません。

 

彼女は当時からVOGUEの表紙をはじめ、多くのファッション誌のカバーを担当し、2000年には“The Legendary Linda(伝説のリンダ)”という特集がアメリカンVOGUEで組まれるほどにカリスマ的存在に。さらに、トム・フォード時代のグッチのコレクションでは、スモーキーアイやニューヌードなど、数々の新しいスタイルを創出。現在はジョルジオアルマーニで数多くのクリエーションを手掛けています。

 

前置きが長くなりましたが、そんな彼女とのミーティングで、どうしても質問したかったことがありました。それは、「メイクアップ業界で世界的なフロントランナーとして活躍し続けるうえで、心掛けていたのはどんなことか?」という質問。

 

つい先日、ヘアスタイリストのカリスマである、故・須賀勇介さんに師事していた、ヘアメイクアップアーティストの水島裕作さんと話をしていた時、須賀さんは「常に一流の環境に身を置くこと」を心掛けていたということを知り、リンダさんはどんなことを意識していたかに非常に興味を持っていました。

 

ただ、超多忙なリンダさん。当日は質問の答えを聞く間もなく、ミーティングはタイムアップとなってしまいましたが、なんと! 後日、この質問にメールで答えてくださり(しかも、とても丁寧に!)。しかも、それが非常に胸熱なメッセージでしたので、ぜひここにご紹介したいと思います。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

Q.質問

リンダさんがメイクアップアーティストとして、この業界で活動するにあたり、心掛けていたこと、信条を教えてください。

 

Please tell us what you were aiming for, and your beliefs when playing a significant role as make-up artist.

 

A.

20代半ば、私はファッションシューティングの中心であったNYへ移ろうと友人と話し合って決めました。その時まで、私はイギリスのいくつかのそれほど有名ではない雑誌の仕事をしたことはありましたが、ブリティッシュVOGUEのような有名な雑誌はまだ手掛けたことがありませんでした。

 

その後、NYに到着してから、以前会ったことがあるエージェントに電話をして、彼に「次の月曜日に、これからの仕事を打ち合わせをしたい」と伝えました。すると、彼は私に言いました。「その必要はないよ。すでにあなたにはビューティページの仕事が入ってる。アメリカンVOGUEだよ。フォトグラファーはアーヴィング・ペン、ビューティエディターはアンドレア・ロビンソンだよ」と。

私はもう信じられない気持ちで。 すぐにショッピングに出掛けて、所持金のすべてで新しい化粧品に費やしました(笑)

 

そのビューティページでは、私は依頼されたとおり、とてもナチュラルなメイクアップを施しました。すると、アーヴィング・ペンがモデルの顔に泥を投げつけたのです!

 

つまり、彼らはメイクアップが泥だらけになっても気にしない、フレッシュで若いメイクアップアーティストを探していたのです。エディターのアンドレアはとても申し訳なさそうにしていましたが、私はアメリカンVOGUEとアーヴィング・ペンのために働けてとてもハッピーでしたし、彼女は私や、私の友人のヘアスタイリストであるサム・マックナイト(世界的に有名なヘアスタイリスト)がとても清々しい気持ちでいたことに気づいていたと思います。

 

その後、アンドレアは私たちを“採用”してくれました。それからは、VOGUEと多くの仕事をはじめることになりました。私のキャリアを誰かのおかげとするならば、それはビューティエディターのアンドレア・ロビンソンですね。

 

これらの出来事からの私が学んだことは、私たちは常に謙虚な姿勢でいること、そして誰に対しても親切であることです。だって、ハプニングに見える出来事でさえ、どう転じるのか誰にもわからないのですから。

 

 

原文:

When I was in my mid 20s I decided with my friends to move to NYC as at the time it was the center of the fashion photography universe.

 

Up until that time I had just done a few British editorials for minor magazines but had not yet worked for British Vogue.

 

I arrived in NYC and called my agent, who I had met before on another trip, and told him I wanted to fix up a rendez-vous to sort out my work visa on the following Monday. He then told me: “no, you have a beauty story, American Vogue, Irving Penn, and editor Andrea Robinson”.  Can you imagine? I went out and spent all my money on new makeup .

 

At the job, I did a very natural makeup as asked and then Mr Penn threw mud all over the models face !

 

Of course, they were just trying out a new young makeup artist who would not mind their makeup was destroyed by thick mud. The editor was very apologetic but I was just so happy to work for American Vogue and Irving Penn that I guess she found my attitude (and my friend Sam Mcknight, the hairdresser), very refreshing.

 

So after that she “adopted” us , and we started to do lots of things for Vogue. If I owe my career to anyone, it’s to Andrea Robinson.

 

I think the lesson from this is always stay humble and be kind to everyone as you never know how things can turn out.

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

最後の答えにあった「Stay humble and be kind to everyone~謙虚であること、誰に対してもやさしくあること」とは、仕事をしていく上では基本のことかもしれません。でも、彼女は“メイクアップ(そしてヘアも)を泥だらけにされた”ことから、この教訓を学んでいます。

 

アメリカン・VOGUEの初仕事、そして一流のフォトグラファーとエディターに囲まれたなかで、しかもメイク製品も新調して挑んだ撮影で、こんな仕打ちを受けたら、どう考えても凹むを通り越して、ショックのあまり呆然としてしまうかもしれません…

 

そんな強烈な経験(人によってはトラウマになるでしょう…)から学びを得られるとは、も

はや感服するしかありません…。

 

こんな境遇をいきいきとした闊達さで乗り切り、糧にしてしまうリンダさん。メンタリティの強さ、たくましさはもちろんのこと、これらのハプニングを受けとめるだけの度量のあること。そんな“許容力”とハートがあるからこそ、彼女はフロントランナーとして業界で活躍しつづけられるのでしょう。

 

歯と歯肉をエイジングケアする、高機能歯みがき!

カテゴリ:

いまから約20年前、1995年に“芸能人は歯が命”というCMが流行したことから、当時は歯のホワイトニングなどオーラルケアが定着するかと思いましたが、それよりもスキンケアやボディケアに勢いがあったためか、オーラルケアのトレンドはいつの間にか下火に。

ただ、ここ数年で団塊世代が、歯周トラブルの増えるシニア層入りしたことや、その子どもである団塊ジュニアにエイジングケア意識が定着したことがあり、いま再びオーラルケアに注目が集まっています。

特に注目したいのは歯みがきペースト。以前は大手ブランドの独占市場でしたが、オーガニックやナチュラルブームから天然由来成分を使ったタイプや、歯周病や知覚過敏など歯周トラブルにフォーカスしたものが登場。さまざまな機能性歯みがきが登場しており、活況を呈しています。今回は、そんな高機能歯みがきのなかでも2つのブランドを紹介しましょう。

ひとつめは、冒頭の“芸能人は歯が命”のCMでもおなじみのアパガードから発売されている通販専用のプレミアムタイプ、アパガードロイヤルです。

アパガードには、歯の主成分とほぼ同等で、リンとカルシウムから構成されるミネラル成分“薬用ハイドロキシアパタイト”を配合しているのが特長。この成分の凄い点は、歯の表面にあるミクロの傷を修復してなめらかにしたり、エナメル質から溶け出したミネラルを補給することで初期むし歯を再石灰化してしまうことにあります。つまり、使い続けることで歯が丈夫になり、その結果、歯が内側から白くなるということ。

そして、このアパガードロイヤルには市販品の2倍の薬用ハイドロキシアパタイトを配合。いわば“プロ仕様の歯みがき”といった存在感で、より歯を強化することができます。こちらを導入しているクリニックの歯科医師からは「ホワイトニング用マウスピースを持っている場合はこのペーストをホワイトニング剤代わりに使える」という裏技的な提案も。「薬用成分の効果をさらに享受できる」ということで、さっそく私も実践しています。

続いてご紹介するのは、化粧品会社のメナードが発売した高機能歯みがきです。メナードが開発しただけあり、そのコンセプトは徹底的にエイジングケア発想で構成されていることがポイント。

歯周病や虫歯の発生・進行を予防する薬用成分を配合していることはもちろん、新たに口内環境を整える独自成分を開発。ラフマ、ジュンサイ、オオムギの3種の植物から抽出した成分により、衰えつつある歯肉に活力を与えて、健康的な歯肉へと導いていきます。

風味はペパーミントタイプですが、清涼感が強すぎず、どの世代にも受け入れられる上品な爽快感。パッケージも美白コスメのようで、化粧品会社らしい製品に仕上がっていま

口もとの印象は清潔感を大きく左右する要素。年齢を重ねても黄ばみのない歯を維持するためにも、スキンケア同様にオーラルケアもいまから注力しましょう。

左・アパガードロイヤル 135g 3000円/サンギ(通販専用製品)

右・薬用デントバランス 医薬部外品 125g 2,800円/メナード

 

絢爛豪華! 胸騒ぎの“クリスマスコフレ2013”~後編

カテゴリ:

限定品づくりに定評があるのが、ポール & ジョー。そもそもデザイナーであるソフィー・メシャリーが、メイクアップやコフレのデザイン監修を務めていることもあり、限定ポーチは、“コフレのおまけ”を超えた存在感を放っています。

そんなポール & ジョーのクリスマスは、愛くるしい猫たちがテーマ。以前、限定発売されて、瞬く間に完売した“ネコ型チーク”が再登場! それに加え、アイグロス、アイカラーに、タッセル付きのネコ柄ポーチが付属します。

セット内容は、ゴールドとグリーンのアイカラーが軸になるシュガー&スパイスと、ピンクを基調としたジンジャーブレッドの2種から選べるのがポイント。せっかくのコフレなので、普段は購入しない色パターンに挑戦してみるのはいかが?


ポール & ジョー アイ & チーク カラー セット 全2種 各7,350円
/ポール & ジョー ボーテ(11月1日限定発売)

最後にご紹介するのは、先日、私のTwitterでご紹介したところ、すさまじい反響があったアナ スイから発売される、ミニーマウスデザインの限定キットです。テーマは「ONE NIGHT ONLY」。音楽を奏でたり、歌っているミニーマウスをデザインしたアイテムが登場します。

その種類はキットから限定アイテムまで、全6種と充実のラインナップですが、最も争奪戦になりそうなのが、メイクアップ キット

その構成は、ミニーマウスの大きなリボンをモチーフにした、3色アイシャドウや、ミニーマウスが顔を覗かせるリップ スティック、さらに、オリジナル ボックスと、ファン垂涎の内容です。

なによりアナ スイ コスメティックスが制作しているだけあり、見た目の可愛らしさだけでなく、発色や質感など、製品力にもこだわっていることが魅力。

アイシャドウやリップには、それぞれ美容成分として油溶性ノバラエキスや、ローズヒップオイルなどが配合されており、乾燥する季節でもしっとりとした発色をキープできます。しかし、実際には「使うのがもったいない!」と、眺めて楽しむコスメになるかもしれません。

アナ スイ メイク アップ キット(ミニーマウス) 全2種 各 5,250円
/アナ スイ コスメティックス(11月1日限定発売) ©Disney

ご紹介したクリスマスコフレは、ほんのごく一部。それに、メイクアップ以外にもスキンケアや、ボディケア、フレグランスのセットなど、さまざまなキットが登場するから見逃せません。

自分へのご褒美にはもちろん、親しい友人や家族へのクリスマスギフトとしても活用できるので、3つ、4つと、気になるコフレをまとめ買いしておくのが賢い方法です。

清潔感の正体とは?「お洒落以前の身だしなみの常識」

先月5月23日に男性ビジネスマン向けに書き下ろした単行本、「お洒落以前の身だしなみの常識」を講談社より上梓しました。

 

 

発売初日にはamazonのランキングではスキンケア、ヘアケア部門ともに、発売初日にベストセラーランキングで1位を獲得。順調なスタートを切ることができました。ご購入くださった皆様に、心から感謝いたします。ありがとうございますm(__)m

 

この著書のテーマは“ビジネスマンの清潔感”。湿度の高い、この時期には特に気になる体臭や口臭などのニオイ対策から、はじめに取り組むべきスキンケア、ボディケアの基本まで、清潔感を演出するテクニックを紹介しています。

さらに、身だしなみ初心者の男性が興味をもてるように、「そもそも、なぜビジネスマンには清潔感が必要なのか」という解説も加えました。

 

それはたとえば、アジア諸国では清潔感=見た目印象により、ビジネスの成否が決まってしまうことや、清潔感があることで夫婦仲が円満になったり、“愛されるパパ”として子供と上手にコミュニケーションがとれたりということ。

清潔感を身につけることで、“マイナス10歳の若々しいエグゼクティブ”や“かっこよくて頼れるお父さん”など、なりたい自分に近づくことが可能になるのです。

 

男性の場合、女性と異なり、メイクアップで顔を若々しく見せたり、ジュエリーやアクセサリーで華やかさを装うことができません。

そのため、“若々しい見た目”を目指すのであれば、外見をメンテナンスする術が必要になるのですが、ほとんどの男性はその術も道具も知らないために、本人の気持ちと外見にギャップが生じていることが少なくありません。

“清潔感”とは正体が見えそうで、見えないもの。この本では、そんな清潔感を可視化するテクニックを書き記しています。

 

なかなか他人には聞けない加齢の悩み。だからこそ、男性だけでなく女性にもこの本を読んで頂いて、ぜひ彼やご主人に“清潔指導”をしてみてください。

見た目印象が改善することで、「彼からいいニオイがするようになった」、「愛娘と一緒に買い物に行けるくらい仲良くなった」など、いままでにはない新しい魅力や気づきを得られるようになるはず。

読者の皆様から、そんな“清潔感効果”のエピソードを伺うことを楽しみにしています。