美容猛者なら全部飲み!? “美肌サプリ”の時代がいよいよ到来!

「サプリメント=健康のため」とか、「飲んではいるけど、明確な効果を感じたことがない……」と思っている人は少なくないかもしれません。しかし、ここ数年のサプリメントブームのなか、美肌効果のあるサプリを目指して、コツコツと研究を続けてきたメーカーの成果が、この数シーズンで一気に開花。“肌に効くサプリ”が発売されています。

 

まず、製品発表会で多くの美容エディター、ジャーナリストを驚愕させたのが、ポーラの最高峰ブランド、B.Aシリーズから登場したタブレットとリキッド(ドリンク)タイプのサプリメントです。

 

こちらは、脂肪細胞から分泌される物質、アディポサイトカインが肌に悪影響を与えていることに着目。その悪影響を与えている物質を、クルミやヨモギやハーブなど、植物のポーラオリジナル複合成分によって減少させることで、肌本来の美しさを維持することを実現したサプリです。

 

そして、この発表会の場で、美容のプロが驚いたのが、サプリメント内服時のビフォー→アフター。まさに“劇的”といえるほどの美肌差がでており、全身のくすみや色むらが消え去っている…というほどの効果を発揮。

もちろん、モニター女性のなかから、最も効果が顕著だった方をピックアップしたとは思いますが、その有意差に、サプリメントによる“全身美容”の時代が到来したと震えるほどの結果でした。


B.A タブレット60粒 ¥7,000、B.A リキッド 20ml×12本
¥8,800/ポーラ

 

続いて、美肌サプリとして、国内初の“トクホ=特定保健用食品”の認可を受けたのが、オルビスのディフェンセラです。

こちらは肌の水分を逃しにくくする機能性が認められた米胚芽由来のグルコシルセラミドを高純度にしたものを主成分として配合。セラミドを化粧品として“外から塗る”のではなく、“なかから摂る”ことにより、全身のうるおいをアップさせる仕組みです。

実際にその効果を確認するために費やした期間は、研究、開発、国の審査機関をあわせて10年

肌の水分を逃さないというデータが確認され、試飲モニターからも「太ももや腰まわりの乾燥感がなくなった」など、サプリメントならではの“全身美容”効果を得られるまでに。まさに”飲むセラミド“の誕生です。

オルビス ディフェンセラ 1.5g×30包 ¥3,200/オルビス

 

 

乳酸菌で美肌効果を訴求したのが、日清食品です。日清食品グループの微生物ライブラリーのなかから発見した、ヒアルロン酸の産生促進や、皮膚の紫外線ダメージを軽減する効果がある乳児由来の乳酸菌を約半年前に発表。そのヒアルロン酸産生促進効果のある乳酸菌を含んだドリンクを商品化しました。

乳酸菌といえば、“生きて届くのか”、“加熱処理した菌でも有効なのか”などと、さまざまな意見がありますが、こちらの「ヒアルモイスト乳酸菌」は、加熱処理した“死菌”として美肌効果があることを確認済み。

加熱処理した菌のなかにも、免疫アップ効果があるタイプもあるように、こちらの菌は加熱処理していても“肌に効く”ことが実証されているのです。しかも、“死菌”は胃酸の影響を受けないので、飲むタイミングを問わないことも特徴といえます。

また、特筆すべきが1本50mlのドリンク中、なんと約40%がヒアルモイスト乳酸菌液であること! しかもコラーゲンも5000mg配合しており、美肌ドリンクとしては最上位レベルに位置。通常価格では1本400円ですが、まとめ買いすると1本あたり280円になるというコスパの良さもポイントです。

 

ヒアルモイスト発酵液 50ml×10本 ¥4,000(通販限定商品)
/日清食品

 

B.Aの植物カクテルか、オルビスの“セラミド”か、日清食品グループの“ヒアルロン酸”か。美容猛者には全部飲みもおすすめです。

 

 

 

 

継続できそうな緑色ジュース「ベジパワープラス」

青汁やケールなど、緑色系ジュースに挑戦してみては、飲み続けられなかった…。そんな経験はありませんか? かくいう私も緑色野菜独特の苦みや、後味の渋さがどうしても苦手で、いつのまにか飲まなくなっていました。

が! 今回は継続できそうなサンプルが送られてきたのでご紹介します。アメリカ発のサラダパウダー「ベジパワープラス」です。

 

 

 

こちらは米国オーガニック協会から認定された緑黄食物を中心に、海藻2種類を含む16種類の原材料をパウダー化した、スティック型アイテム。

 

不思議だったのは、青汁に使われる大麦若葉等も配合されているものの、風味や後味が“ほぼ無味無臭”なこと! 水に溶いたベジパワープラスを見て、「苦そう~」と覚悟したものの、意外なほどの無味に感動

これなら、ハチミツを溶かして甘みを加えたり、レモン汁を入れて酸味を足すなど、自分なりのアレンジを加えられそうです。

 

 

 

しかも1箱60包入で9,240円なので、朝食毎に飲んだとしても、1ヶ月およそ5000円弱。緑色ジュースをつくる手間を考えれば、コスパも優秀です。

ベジパワープラス 60包9,240円/アビオス

最終のパウダー加工は日本にて実施し、厚生労働省の残留農薬検査をパス。スティック型なので、旅行や出張時などに携帯するのにも便利。http://www.vege-power.com/

山本侑貴子さんがコーディネートした新米菓子店!

以前、ご紹介した食空間プロデューサーの山本侑希子さんが、食の提案やコーディネートを担当した新米菓子ブランド「十火(JUKKA)」の旗艦店が、東京・南青山にオープン! その内覧会に伺ってきました。 

 

十火(JUKKA)」は、大阪の池田市に本社をかまえる会社「とよす」のお菓子ブランド。池田は水が美味しいことで知られる土地で、「とよす」は100年以上に亘って、あられ・おかきを作り続けています。 

「十火」は、そんな日本古来の米菓子を“新たな食”として提案するべく設立されたブランド。会場では、山本さんにより“シャンパンと十火のテーブルコーディネート”が披露され、スタイリッシュな世界観が表現されていました。 

 

さまざまな種類がある斬新な“おかき”のなかでも、注目したのがイチゴと和三盆の風味からなる「maro」。ヒメノモチを丁寧に煎り焼きすることで、口の中でふんわりととろけるような口どけを実現した商品は、シャンパンにぴったりな、上品な食感に仕上げられています。 

 

ギフトセットも用意されているので、おつかいものにも最適。ひと箱420円から揃い、そのリーズナブルな価格も魅力です。

 

データ:
店名:十火 青山店
住所:港区南青山5-9-8
Tel03-3498-0188

モーリスメセゲがハーブティセットを限定発売

 

買える! 美肌百貨」にて、ソープやハーブティをご紹介しているモーリスメセゲから、ホリディシーズンに最適なパーティセットが登場しました。

こちらはモーリスメセゲのハーブはちみつ(オレンジ)に、オリジナルブレンドのハーブティ100gハーブティ用木製スプーンと、オリジナルのかごバッグがついた限定セット。

日頃からモーリスメセゲのマヌカハニーを摂取していますが、こちらのハチミツは一切の加熱処理をしていないため、抗酸化作用が高いことが特長。ハチミツを入れたハーブティを飲んでいれば、それだけでヘルスケアになります。

オリジナルハーブティも、ハイビスカスやローズ、カレンデュラが入った美肌処方です。この機会にモーリスメセゲの美味しさを、ぜひ体験してみてください。

モーリスメセゲ ハッピーハーブティセット 5,355円/ヴェーダヴィ(11月16日~12月25日まで限定販売・直営店で無くなり次第終了)