WWDビューティより~明日への希望をつなげる『プリント写真』

カテゴリ:

WWDビューティで現在、掲載中の人気コラム「美容ジャーナリスト12人の連載リレー」。

1月12日号Vol.44では、「明日への希望をつながえる『1枚のプリント写真』」というテーマで私が執筆しましたが、そのコラムに多くの反響を頂きました。WWDビューティ発売後にも「コラムを読みたい」というリクエストをいただいたことから、今回はこちらのブログにて再掲したいと思います。

●明日への希望をつなげる「プリント写真」

デジカメやiphoneで写真を撮る機会が多いいま、たとえ記念日であっても、あえてプリント写真を撮ろうとか、写真館に行きたいと思うことは少ない。しかし、震災後に被災地から流れてきた映像は、1枚のプリント写真が果たす役割を再認識させるものだった。

山積みのがれきから拾い集めた写真に見入る人々。自分たちの家族写真が見つかるたびに「わぁー」とわき上がる歓声。まだ泥がかぶっていたり、一部が破れている写真であっても、その写真一枚一枚に震災前の記憶が留められていて、忘れていたかもしれない思い出との再会を果たしていた。そんな光景だった。

宮城県気仙沼出身の美容ジャーナリスト海野由利子さんも、被災地でプリント写真の大切さを聞いたという。「震災で亡くなった方の仏壇にお参りしたとき、みなさんが手を合わせるのは、その方の写真に向かってなのだそうです。故人を思い、悼むときはやつぱりお顔を見つめながら手を合わせたい。人は自然にそう思うものなのかもしれません」。肌身離さず携帯できることも、プリント写真の長所だ。

「写真データも永遠というけれど、消えてしまう可能性もあるし、電気がなくては見られません。紙の写真の素晴らしさを改めて実感しました」。

そう考える人が増えたのだろうか。昨年、銀座7丁目にオープンしたSHISEIDO THE GINZA内「資生堂フォトスタジオ」では、家族写真を撮影するファミリーが目立ってきている。プロのヘア&メイクによるメイクアップ・メニューも用意されているスタジオでは、家族のいきいきとした表情や空気感を写し出せると、仕上がりへの満足度も高いという。

「お父様の退職祝いにパーラーでの食事と、ご両親とのポートレートをプレゼントされた方がいらしたり、お子様の誕生日記念にと撮影されるご家族も増えています」(資生堂 事業企画部 野田裕子さん)。

また、写真を撮るという言葉に希望を感じる出来事もあった。震災後しばらくして、避難所になっていた福島県いわき市内の中学校宛に支援物資を送り届けてもらえるよう、いくつかの化粧品会社に依頼したことがあった。先方では、それら支援物資のすべてを喜んで受け取ってもらえたが、なかでも印象的だったのが、BBクリーム、口紅、アイブロウと手鏡、化粧ポーチをセットにした“最低限のメイクセット”を手にした方からの声。

「すべてを失いました。でもこのセットがあれば、もう一度、就職活動ができる気がします。面接用の写真を撮りに行こうと思います」というメッセージだった。

もう、あの日に戻ることはできない。でも、家族の瞬間が収められた写真には絆が見える。きれいな自分を写した写真は、前を向きたいという気持ちを支えてくれる。1枚のプリント写真には、そんな明日への希望と、新たな一歩を踏み出すための決意もしっかりと写し出されている。


実際にスタジオで撮影したご家族。こんな幸せな笑顔をプリント写真として残したい


本格的な機材を配備。「資生堂フォトスタジオ」東京都中央区銀座7-8-10
SHISEIDO THE GINZA 2F TEL03-3571-1466 http://stg.shiseido.co.jp/

本文中でコメントを頂戴した
美容ジャーナリスト海野由利子さんの公式ブログ→
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

美や健康にまつわるテーマから、被災地支援の情報まで、
さまざまなテーマを執筆されています

沖縄を代表するエステティシャン・伊是名祐子さん

カテゴリ:

沖縄のスパ、エステティシャンといえば、筆頭に挙げられるのが首里石嶺にあるエステサロンVIVACE BEAUTYと、そのオーナーである伊是名祐子さんです。

東京の美容業界人のファンも多く、沖縄を訪れるたびに伊是名さんの施術を体験するという人も少なくありません。バスルームが併設されたミニマムなスパ空間、沖縄の美容食を楽しめるカフェ、そしてやさしく穏やかな伊是名さんのお人柄と、ここには“ちゅら島の魅力”が揃っています。

 


伊是名祐子さん。サロンのラウンジで。
 

そもそも伊是名さんがエステティシャンを目指したのはお母様の影響が強いと言います。

「母が化粧品店を営んでいたので、私の自宅は近所の方々の“集いの場“になっていました。お店では化粧品を買うというより、コミュニケーションを楽しみに来ている方も多くて。そんな様子を見ていたので、美容を通じて人と人をつなぐような仕事ができればと思っていたのがきっかけです」。

その思いを胸に、沖縄の高校を卒業した後に上京。東京の大手サロンで働くことに。「技術を習得するために、無我夢中で働きましたね。そのまま気づいたら20年(笑)」。

転機になったのは、1997年に北部のリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」のスパのプロデュースでした。ラグジュアリーホテルのスパ施設を施術内容から内装まで、トータルで手掛けた後、その経験を生かして自身のサロン「VIVACE BEAUTY」を2002年にオープン。そして現在に至ります。


 
全3部屋あるトリートメントルーム。

 

 


1Fのラウンジには、人気のオーガニックコスメ、ヴェレダやジュリークが揃う。

「現在のサロンはデイスパですが、将来的には滞在型のスパ施設を手掛けたいと思っています。個人のアトリエのような感覚で、1日に2,3人のゲストをお迎えして、一緒に食事をとったりして。
また、現在の施術はスウェディシュが基本メソッドですが、子供の頃から習っている琉球舞踊の要素を取り入れて、オリジナルのセラピーを開発したいですね。そして、これまでの経験の集大成となる“OKINAWA SPA“を提供したい。それがいま目指している目標です」。

 
サロンデータ:
店名:VIVACE BEAUTY(ビバーチェ ビューティ)
住所:那覇市首里石嶺4-318 電話:098-887-5111
営業時間:10時半~21時  休:水曜
http://www.vivace-life.jp/index.html

 

浅草ツアー featuring 美容夜会メンバー

カテゴリ:


先日(といっても、ずいぶん日数が経過してしまいましたが…)、美容夜会のメンバーで、浅草ツアーを敢行してきました。

美容夜会とは数年前から、なんとなく集まり、なんとなく定例化した、ビューティトークを楽しむ夜の集まり。メンバーは、美容ジャーナリストの渡辺佳子さんロレアル パリ広報広告部の桜田明子さんヴァンサンカン編集部の野中紀宏さん、そして私、加藤智一の4人。
とてもタメになる本気の美容・食情報から、リアルな美容業界の動向まで、さまざまな話題の情報交換を行っています。

美容夜会始まって以来の“昼会”になった今回は、野中さんの大学時代の友人であり、現在、タイのスパブランド「HARNN(ハーン)」でトレーニング・マネージャーを勤めている田村誠一郎さんがゲスト参加。5人でゆるゆると浅草をぶらつきながら、遅めランチを頂いてきました。 

写真左から・ヴァンサンカン編集部の野中さん、ロレアルパリ広報広告部の桜田さん、HARNNのトレーニング・マネージャーの田村さん、美容ジャーナリストの渡辺さん。背景との相乗効果でアンニュイな雰囲気。

昼会の会場となったのは、根岸にある豆腐料理「根岸 笹乃雪」。いまから約300年前に笹乃雪初代が絹ごし豆腐を発明。その後、江戸の根岸で豆腐茶屋を開いたのが、こちらの店の始まりという、わりと気の遠くなるような歴史をもつ名店です。

 

 

「人はなんだこんなものと通り過ぎるかも知れず。僕は笹の雪流な味を愛す。」と、夏目金之助(漱石)にも愛された。当日は一人でふらっと来店した外国人女性もいて、ツーリストにも人気のよう。

 

オーダーしたのは予約無しで楽しめる4つのランチメニューのうち、朝顔御膳(2,600円)。豆腐は当時の製法そのままに、井戸水とにがりを使用。舌触りが本当になめらかで、口のなかに入れた途端に、舌の上でほろほろととろけていきます。

  

食に夢中になって、メニューのイメージを撮影するのを忘れ…とほほ。全体はこんな印象。

データ
:根岸 笹乃雪
住所:東京都台東区根岸2-15-10 電話:03-3873-1145
営業時間:11時半~20時半(L.O.)  休:月曜日(月曜が祝祭日の場合、火曜日)
個室、宴会場も用意。

その後は浅草の商店街をぶらり散策。渡辺さんご推薦の洋風喫茶店「アンヂェラス」(シブイ店名)でお茶したり、買い物を楽しんだり。

すかさず大学芋をゲットする桜田女史。

  
大人チームなため?、まとまりなく散策する美容夜会メンバー。インディペンデントな感じ。

ダルトな集まりだからこそ、なんだか気持ちがゆるんでいく….そんなまったりとしたビューティトークを楽しんだ美容昼会@浅草でした。

 

食空間プロデューサー山本侑貴子さん

カテゴリ:

今日ご紹介したい“美のプロ”は、テーブルの装飾から、料理、ワインのコーディネートまで、フードビジネス全般で幅広く活躍している食空間の演出家・山本侑貴子(ゆきこ)さんです。

     「マダムっぽいですね」と言うと、「いえ!(キッパリ) マダムなんて、そんな感じじゃありませ
     んよー、アハハ」と気さくに答えてくれる山本さん。いえいえ、充分にマダム風味です(笑)

彼女と初めて出会ったのは、女性誌の雑誌撮影の時。“美しい食卓”というテーマで、テーブルコーディネートと同時に、食空間を楽しむ方法をインタビューしたことがきっかけでした。

テーブルコーディネートというと、なんだかハイソサエティな雰囲気で高度なセンスが必要だと思い込んでいましたが、山本さんのコーディネートは上品で清潔感ある仕上がりながら、日常でも応用できそうな親しみやすさがあることが魅力。その理由は、“おもてなし好き”だったお母様の影響にあるそうです。

「子供の頃から自宅には母の友人がたくさん遊びに来ていて。そんな友人たちをもてなすことが好きだった母ですが、一方で適度に“手を抜くこと”を実践できる人でもありました。身近で買える素材で、ささっとテーブルを装飾できてしまう。そんなセンスに、とても魅力を感じていたんです」(山本さん)。

今回は山本さんのご自宅でランチを堪能。当日のテーブルのテーマは「美肌百貨をイメージしたロマンティックテーブル」でした。仏・アレキサンドル・チュルポーのライトグレーのテーブルランナーに、なんとオカダヤで購入したというネイビーのベロアのテーブルクロスをコーディネート。テーブルがシックな印象なだけに、暖色系の花々や透明感や輝きのあるナプキンリングやクリストフルの食器をあわせることで、華やかな印象に仕上がっています。

きらきらと輝きを放つナプキンリングはメゾン・ド・ファミーユで購入。
 

ランチ当日は早朝から打ち合わせ仕事が入っていたにも関わらず、前菜2品、スープ、パスタ、デザート、コーヒーをその場で(!)構成しつつ、料理を用意して頂きました。その手際の良さには感服。私自身があまり料理をつくらないだけに、まるで手品を見ているような“食のプロ”の技術力に圧倒されました!


         前菜は翡翠(ひすい)、ブラックチェリーという名のトマトに、水牛のモッツァレラ チーズ
         とワイルドルッコラを添えて。きゅうりの冷製スープは、豆乳を加えた甘みの ある風味。
         パスタは即興で冷蔵庫にある食材を用いてつくったベーコンとトマトのパスタ。 
         さっぱりしていて夏向きのお味。
 

おもてなし好きだったお母様の影響は“食空間プロデューサー”という肩書きにもありました。「母が私に教えてくれたのは、バランス感覚の大切さ。テーブルコーディネートやワイン、料理を深く追求していくのは素晴らしいことですが、私はそのすべてをバランスよくこなしている母が素敵に思えて。いまの肩書きも何かのジャンルに特化するのではなく、食空間そのものを手掛けたかったという理由からなのです」(山本さん)。

以前、雑誌の企画でコーディネートをお願いした時は、折り紙やカラーペーパーを巧みに使って、ナプキンリングを作成してくださったこともありました。身近な素材を用いて、シンプルに豊かな食卓を生み出す。そんな素敵なセンスが山本さんのテーブルには詰まっています。

 

山本侑貴子さんのオフィシャルホームページ 
dining&style
http://www.diningandstyle.com/