新年おめでとうございます

カテゴリ:

いつもブログ「美肌百貨」、「沖縄百貨」をご覧いただき、有り難うございます。

去年はこの2つのブログの立ち上げと、記事のアップデートに戸惑いながらの1年でしたが、ようやくシステムにも慣れ(遅い…)、今年はさらに充実した美容情報をお届けしたいと思っています。

今年は中国国内で展開している美容情報サイト「BEAU BEAU」にて、中国版の“美肌百貨”となる「智一的美粧世界」が始まります。

また同美容誌でも3月より連載がスタート。中国の美容好きな方々に向けて、美容やスパのトレンドを発信していく予定です。

日本、そして中国の読者の皆様、
今年もどうぞ応援を宜しくお願いします!

「伊香保温泉→直売所→内食ディナー」という休日

カテゴリ:

 ツイッターでもレポートしましたが、先日、1泊2日で群馬・伊香保温泉に行ってきました。

フォロワーの皆様からもコメントを頂戴した通り、東京から日帰りで行ける距離なのに、意外に人が少ないことに驚き。宿も半分ほどの入りらしく、温泉街の中心をつらぬく「石段街」に行っても、3,4組にしかすれ違わないほどでした。

おそらく同じ温泉街である箱根や軽井沢には近隣にアウトレットモールがあることから、「どうせ温泉に行くなら、買い物も!」と、人がそちらに流れているのかもしれません。

でも、人が少ないということは、温泉街や宿でしっとり過ごせるということ。石段街の上にある公共の「天然温泉」をほぼ貸し切り状態で楽しんだり、ゆっくりと土産屋をまわったり…と、ゆったりまったり楽しむことができました。(ちなみに、天然温泉に行く途中にあるカフェ「風の谷」のチーズケーキは絶品!)

そうして宿をチェックアウトした帰りは、ここ最近ハマっている農産物直売所へGO! 伊香保インターチェンジに戻る間には、「食の駅」、「上州物産館」、「道の駅 こもち」と3カ所も直売所があるので、個人的にかなり興奮!

採れたての野菜や果物はもちろん、手作り風味なジャムや干し椎茸、味噌など、いつものように大量購入して大満足! ここで購入した野菜を使った鍋ディナーを“休日のシメ”として楽しみました。 

日帰り温泉といえば箱根等もありますが、伊香保にはインターチェンジに戻る途中に、日本三大うどんのひとつである“水沢うどん”を楽しめる街道があることがポイント。温泉→うどんランチ→直売所と、しっとりと大人な休日?を満喫できる魅力が揃っていますよ。

女子なら一度はmake over(大変身)したい!

カテゴリ:

欧米の美容誌を読んでいると、「make over(メイク オーバー)」という特集がよく組まれています。この「makeover」とは「ヘアスタイルやメイクによる“大変身”」という意味。

日本でもメイクアップ前後の変身ぶりを紹介する企画は「ビフォー・アフター企画」としてテレビ番組等で人気ですが、女性誌ではあまり特集されていません。日本では変身前後の驚きよりも、実際に役立つ実用的なメイクページが求められているからでしょうか。

でも、そんな大変身企画はいつだって女子心をくすぐる夢物語。シンデレラを読んだ瞬間から、女子心に秘められた大切なファンタジーのひとつです。

特にアメリカでは、この類のシンデレラ・ストーリーが“アメリカン・ドリーム”と通じているためか、映画やミュージックビデオでも“お約束の展開”として人気があるようです。

最近のミュージックビデオでは、テイラー・スウィフト「You belong to me」が、王道中の王道なメイクオーバー物語。

ファッションセンスが垢抜けない、やたらオオブチな眼鏡をかけた女子、隣のアパート(しかも窓から見える)に住むスポーツマンの男子、セクシーで猫目な男子のガールフレンドなど、シンデレラ・ストーリーに欠かせない役者がそろい踏み。

ハッピーエンドは百も承知なのに、主人公の展開にちょっとハラハラしながら、行く末を見守りつつ。そして、ラストの見事な大変身は、定番の“お約束シーン”ながら、見ている者をスカッと爽快な気分にさせてくれます。

 

*再生時、音が出ますのでご注意を。
  

いかがでしたか? 胸が熱くなりましたか?

彼女が眼鏡を外すシーンがありましたが、あの瞬間がキレイへの決意表明だったのでしょう。

日本ではナチュラルメイクが主流ですが、たまにはこんな鮮やかな変身メイクを施して、“別格なキレイぶり”を発揮してみるのはいかがでしょう。

最近はデパートのカウンターでも、メイクレッスンを受けられるカウンターが増えています。いろいろな“別格キレイ顔”を手に入れることで、あなた自身もテイラー・スウィフトばりの“メイクオーバー”叶えてみませんか!

夏から秋への変わり目は“ぬるめの水”を摂取。

カテゴリ:

東京はすっかり秋めいてきました。朝晩は長袖でも寒いくらいですが、こんな急激に気温が変化する季節は要注意。特に冷え性の人は、体調が不安定になることもあるため、身体を冷やさないように充分配慮してくださいね。

水分を摂取する時も、たとえばミネラルウォーターなら、お湯で温度調整してから飲むのがおすすめ。水は常温でも体温以下の温度になるため、「冷蔵庫で冷やしていない水なら大丈夫」と思って飲み続けると、身体が冷えてしまう場合も。

だから普段はもちろん、喉が渇いた時やお風呂上がりも、なるべく“ぬるめの水”を飲むのがベスト。特に冷たいドリンクを多く摂りがちな夏から秋への変わり目は、意識して“ぬるめの水”を飲みましょう

最近は水筒持参がトレンドですが、お湯を携帯していれば「ちょっと冷えるな」と感じた時に、身体の内側から温められるので有効ですよ。