WWDビューティより~明日への希望をつなげる『プリント写真』

カテゴリ:

WWDビューティで現在、掲載中の人気コラム「美容ジャーナリスト12人の連載リレー」。

1月12日号Vol.44では、「明日への希望をつながえる『1枚のプリント写真』」というテーマで私が執筆しましたが、そのコラムに多くの反響を頂きました。WWDビューティ発売後にも「コラムを読みたい」というリクエストをいただいたことから、今回はこちらのブログにて再掲したいと思います。

●明日への希望をつなげる「プリント写真」

デジカメやiphoneで写真を撮る機会が多いいま、たとえ記念日であっても、あえてプリント写真を撮ろうとか、写真館に行きたいと思うことは少ない。しかし、震災後に被災地から流れてきた映像は、1枚のプリント写真が果たす役割を再認識させるものだった。

山積みのがれきから拾い集めた写真に見入る人々。自分たちの家族写真が見つかるたびに「わぁー」とわき上がる歓声。まだ泥がかぶっていたり、一部が破れている写真であっても、その写真一枚一枚に震災前の記憶が留められていて、忘れていたかもしれない思い出との再会を果たしていた。そんな光景だった。

宮城県気仙沼出身の美容ジャーナリスト海野由利子さんも、被災地でプリント写真の大切さを聞いたという。「震災で亡くなった方の仏壇にお参りしたとき、みなさんが手を合わせるのは、その方の写真に向かってなのだそうです。故人を思い、悼むときはやつぱりお顔を見つめながら手を合わせたい。人は自然にそう思うものなのかもしれません」。肌身離さず携帯できることも、プリント写真の長所だ。

「写真データも永遠というけれど、消えてしまう可能性もあるし、電気がなくては見られません。紙の写真の素晴らしさを改めて実感しました」。

そう考える人が増えたのだろうか。昨年、銀座7丁目にオープンしたSHISEIDO THE GINZA内「資生堂フォトスタジオ」では、家族写真を撮影するファミリーが目立ってきている。プロのヘア&メイクによるメイクアップ・メニューも用意されているスタジオでは、家族のいきいきとした表情や空気感を写し出せると、仕上がりへの満足度も高いという。

「お父様の退職祝いにパーラーでの食事と、ご両親とのポートレートをプレゼントされた方がいらしたり、お子様の誕生日記念にと撮影されるご家族も増えています」(資生堂 事業企画部 野田裕子さん)。

また、写真を撮るという言葉に希望を感じる出来事もあった。震災後しばらくして、避難所になっていた福島県いわき市内の中学校宛に支援物資を送り届けてもらえるよう、いくつかの化粧品会社に依頼したことがあった。先方では、それら支援物資のすべてを喜んで受け取ってもらえたが、なかでも印象的だったのが、BBクリーム、口紅、アイブロウと手鏡、化粧ポーチをセットにした“最低限のメイクセット”を手にした方からの声。

「すべてを失いました。でもこのセットがあれば、もう一度、就職活動ができる気がします。面接用の写真を撮りに行こうと思います」というメッセージだった。

もう、あの日に戻ることはできない。でも、家族の瞬間が収められた写真には絆が見える。きれいな自分を写した写真は、前を向きたいという気持ちを支えてくれる。1枚のプリント写真には、そんな明日への希望と、新たな一歩を踏み出すための決意もしっかりと写し出されている。


実際にスタジオで撮影したご家族。こんな幸せな笑顔をプリント写真として残したい


本格的な機材を配備。「資生堂フォトスタジオ」東京都中央区銀座7-8-10
SHISEIDO THE GINZA 2F TEL03-3571-1466 http://stg.shiseido.co.jp/

本文中でコメントを頂戴した
美容ジャーナリスト海野由利子さんの公式ブログ→
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

美や健康にまつわるテーマから、被災地支援の情報まで、
さまざまなテーマを執筆されています

“依存と期待”を手放せば、恋愛はもっとラクになる。

カテゴリ:

オフィスの移転や海外出張で、ずいぶんとブログを放置してしまいました! そうこうしているうちに桜も満開になり、新学期も始まりましたね。今年もどうぞ宜しくお願いします。

さて。話題がガラッと変わりますが、今日はちょっと“恋愛”に関してのショートトークを。

先日、同年代であるアラフォーの友人と“20代の時の恋愛”について、ぼんやりと話をしていたのですが、その時にふと思ったのが「若かりし頃の恋愛問題は、そのほとんどの原因が“相手への依存と期待”にある」ということ。

身辺が落ち着き始めたアラフォーの現在でこそ、日常のおおよその出来事には対応できる気持ちの余裕や知識・経験を持ち合わせていますが、若かりし20代の頃は精神状態が“行き当たりばったり”な感じというか、周囲や環境に流されがちだったような記憶があります。確かに仕事も社会人としても不慣れな状態なわけで、当然といえば当然なのですが…。

ただ、そんな自分のなかの軸が定まらない状態だったために、恋愛に関しては相手へのリクエスト・注文が多く、「もっとこうなって欲しい」、「こうして欲しい」という“依存や期待”が過剰だったような気がします。しかし、それでは気持ちの良い恋愛ができないばかりか、お互いに疲れてしまうわけで…。

恋愛に限らず、人付き合いには思いやりが不可欠ですが、それは自分の気持ちが安定していたり、自立していてこそ持ち得る優しさ。

なかには「恋愛は苦手だけど、友達はたくさんいる」という場合もあると思いますが、それは恋愛に比べると、友達には過剰な“依存・期待”をしないから、とも言えますよね。
 

恋愛は情が深くなればなるほど、軽快で身軽なテンションが必要なのかもしれません。自分で内面や気持ちをコントロールできるような自立心を養えれば、きっと相手への依存や期待も抑えられるはず。そうすれば、きっと必ず心地よい恋愛ができるのかなと思います。

 

必見! ジョニー・ウィアーのEX「Poker Face」

カテゴリ:

バンクーバーオリンピックで男子フィギュアが終了しました!
高橋大輔選手、銅メダル獲得おめでとうございます。

高橋選手の復活劇にはとても感動しましたが、
個人的にはアメリカ代表・ジョニー・ウィアー選手が、Kiss&Cryで薔薇に囲まれていた光景が目に焼き付いて、忘れられません。

今回は6位に終わったので、エキシビジョンで彼の演技が見られないのが残念…。
華やかで妖艶なEX「Poker Face」をオリンピックの舞台で見たかったですね!


癒しはすぐ、そこにある。

カテゴリ:

伊香保温泉を訪れた日記に書きましたが、最近ハマっている癒し処に“日帰り温泉”があります。ここ数年の旅トレンドである“安・近・短”を反映してか、関東近郊には岩盤浴韓国発の温浴施設チムジルバンを備えた大規模施設がオープン。なかには13歳未満は入場禁止! という大人仕様の施設もあり、これまでの“スーパー銭湯”なイメージとは違う、静かな癒しを楽しめる場所が増えています。旅行誌のるるぶやまっぷるでも「日帰り温泉」を特集したムック本が登場していますね。

個人的には、これまで“癒し”というと、目が向くのは海外ばかりでした。感性をブラッシュアップしたいと思ってヨーロッパを集中的に訪れてみたり、近場としてはタイ・バンコクや台湾・台北でスパ三昧を楽しんでみたり。でも、最近精力的に?訪れているのは、“関東近郊”ばかり…。

実はそのきっかけとなったのが、去年の秋に訪れた日帰り温泉施設でした。レンタカーを借りて出掛けた時、「どうせ温泉に行くなら、近くのJAに寄って新鮮な野菜でも買いたいな」と直売所に立ち寄ったところ、店内にはその日の朝に採れたばかりの野菜や、近隣の農家の方がつくったジャム、干ししいたけ、味噌や豆腐など、まるで何か物産フェアを行っているかのように食材が陳列!

わー、白菜が80円!」、今夜はきのこ祭りができる!」と大興奮。目についた野菜を次々とかごに入れつつ、東京の自宅へ直帰。その日の夜は鍋パーティを行って、旬の野菜をたっぷりと堪能。お鍋を楽しんだ後も、2,3日は新鮮な野菜を楽しむことができ、いままでとは別の種類の満足感を得ることができたのです。

ツイッターでは、たまに料理の写真をアップしていますが、実は自炊を始めたのはその出来事がきっかけ。それまでは外食が中心でしたが、新鮮な食材で調理する楽しさを覚え、今更ですが自炊をするようになりました。

以来、1ヶ月に2,3回は日帰り温泉&直売所めぐりに行っていますが、新鮮食材のおかげか肌に透明感がでてきたことを実感! 温泉や岩盤浴で代謝を高めながらデトックスを行い、その後に新鮮な食材を摂取するという“近場の癒し”が心身を活性化しています。

もちろん今でも海外旅行は好きですが、この日帰り温泉通いを続けていたら、以前のように「なんだか無性に海の向こうに行きたい!」という欲求は薄まり、気持ちが安定してきました。きっと心も身体も満たされているからでしょうか。

そう、どこか遠くに行かなくても、癒しはすぐそこに存在するということ。視野を広げてみると、意外なほど近場にパーソナルな“癒しポイント”が見つかるかもしれません。