ベースメイクの春トレンド! “メイクレス”とは?

WWDビューティ1/19日号の「2017春夏新色&ファンデーション」特集で、新作ファンデーションのトレンドを紹介しましたが、今回のページに載せきれなかったトレンドがあります。

それは“メイクレスな肌”。つまり、まるでファンデーションを塗っていないような美肌をつくるファンデーション、という(笑)、なんだか矛盾する表現ではありますが、つまりは粉っぽさや塗布感がないのに肌トラブルはカバーしている、というベースメイクを意味しています。

特に“メイクレス”を、そのままずばりキャッチコピーとして打ち出しているのが、ソフィーナ プリマヴィスタ。「メイクレスに生きよう!」というコピーとともに、素肌質感のパウダーファンデーションを発売します。
そもそもベースメイクの不自然な仕上がりは、白浮きや青白さといった光沢感塗りムラが大きな要因であることに着目。その点をクリアするべく、なんと8年もの歳月を費やして自然な光沢感を実現する粉体技術を開発し、さらには肌の凹凸もなめらかにのるスキンフィット処方という新技術を設計。

これらの技術を配合したことによって、肌の血色感やなめらかさを尊重した上質な仕上がりを可能にしました。メーカー側も「ソフィーナ技術の集大成」と断言するほどの入魂のベースメイクです。

ソフィーナ プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション
SPF25・PA++ ¥3,800/花王(2月21日発売)

続いて紹介するのは、資生堂の新しいリキッドファンデーション。こちらは“肌に溶けこむようにシンクロしつつ、つやを与える”ことが特長。

ファンデーションをつけた朝はフレッシュな印象なのに、夕方になるとくすんでしまう、という弱点を改善するべく、1日の肌変化に応じて、光をコントロールするという、“モニタリング”のようなハイテクな機能をもつパウダーを新開発。皮脂が少ない時は強いつやを放ち、皮脂が多ければ光を拡散させることで、常にみずみずしいつやを持続させることを実現しました。

また、肌色をシンクロさせるために、発色やカバー力、光拡散にも最新技術を応用して、肌色を透かしながら補正するという効果も発揮。ネーミング通り、ひとり一人の肌にシンクロする質感を叶えました。資生堂が満を持して世界各国で発売するという力作です。

資生堂 シンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーション
SPF20・PA++ 30ml ¥5,000/資生堂インターナショナル(3月1日発売)

 

塗布感がないばかりか、つけたての美しい仕上がりを持続させることで、まさに“素肌レベルの美肌”に挑んだ両ブランド。いままでのファンデーションとの違いを、ぜひ肌で体験してみてください。

 

2017春夏新色・“進化系・血色チーク”でますます美人な表情!

冬がはじまったばかりですが、美容業界ではすでに2017年春夏新色のお披露目会がひと段落。来春のトレンドも見えてきました。

その詳細は、WWDビューティ1/15発売号でお伝えしますが、新色のなかでも「ひとつ加えただけで美人顔になる」とイチオシしたいのが“進化系・血色チーク”です。

“進化系・血色チーク”とは、従来の血色系チークの弱点だった点が改善されている新作のこと。たとえば、クリームタイプでありながら、頬にのせた後はパウダー状になり、色もちが向上したり、発色の濃淡がより自然に表現できるようになったりと、使いやすく進化を遂げているもの

。なかでもスターアイテムとしてピックアップしたのが、3ブランドの新作チークです。

まず、イヴ・サンローラン・ボーテから発売されるデュオスティック状のバームタイプをご紹介。こちらは血色を表現した2色のカラーがひとつになっており、単色でもグラデーションでも使えるという斬新な形状がポイント。しかも、チークにもリップとしても使えるので、化粧直しで“華やかさ”を加えたい時もこれひとつで完了します。

テクスチャーは濡れ感のあるバーム状ながら、仕上がりはマットな質感になるため化粧もちも改善。血色感と化粧持ちをクリアしたハイブリッドなアイテムです。

 

ベビードール キッス&ブラッシュ デュオスティック 全5色 5,200円
/イヴ・サンローラン・ボーテ(2017年1月4日発売)

 

続いて紹介するのは、クレ・ド・ポー ボーテの新作チーク、ブラッシュクレームです。こちらは、3種のオイルをバランスよく配合したことで、みずみずしい血色感と立体感を生み出せるクリームチーク。しかも、サンローラン同様に仕上がりはさらさらな質感に整うので、化粧もちも向上。きれいな発色が長時間続きます。

加えて、ぜひ併用したいのがチークブラシのパンソー。頬をなでるようにやさしく塗布するだけで、プロが手掛けたようなチークがのることに感激! チークが苦手、濃くなったり薄くなったりしてしまう…といったチーク悩みを解消してくれます。メイクの仕上がりは道具により左右するもの。メイク初心者にこそ使ってほしいブラシです。

 

クレ・ド・ポー ボーテ ブラッシュクレーム 全4色 4,500円、
パンソー 4,500円
/資生堂インターナショナル(2017年1月21日発売)

 

3つめはキッカのパウダーチーク。キッカは、メイクアップディレクターの吉川康雄さんが「血色チークではなく、血色ファンデ」というように、あくまでもファンデーションの延長として、自然な体温感を目指してきた経緯があります。

今作では既存のパウダーチークの処方技術をさらに進化させ、“顔色をあっためる程度の、ほんのりと優しい仕上がり”を実現。淡くもなく濃くもないというベストなバランスでのせられる処方とブラシを実現しています。色はウォームピーチと青みピンクの2種。アジア人の肌に適した2色、と潔くカラーを絞った点にも吉川さんの男気を感じます。

 

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 3,000円、ケース2000円
/カネボウ化粧品(2017年1月18日発売)

 

このように質感も化粧もちも進化しているチーク。だからこそ、「チークが変われば見た目印象が見違える」という美人効果が期待できますよ!

 

コフレだけじゃない! Xmas限定コスメも狙うべし!

今年も10月下旬からクリスマス限定コフレが発売されます。例年通り、ポーチつきのコフレも多く発表されていますが、いまは女性誌やブランドムックの付録でポーチが付属することも多いことから、すでに「ポーチは充分」というかたもいるはず。

そんな人におすすめしたいのが、各ブランドから限定コレクションとして発売されるコスメです。特別な限定カラーがお目見えするのはもちろん、ゴージャスなパッケージデザインが施されたものも多く、魅力的な製品が揃います。

なかでも、ひときわ華やかなパッケージで登場するのがイヴ・サンローラン・ボーテ。きらびやかなイルミネーションやドレスアップした女性たちをイメージした“スパークル クラッシュ”というテーマを掲げ、ジュエリーのようにきらめくアイシャドーパレットやリップ、ネイルを発売。特にゴールドとシルバーのきらめきをあしらったパレットは輝き感が凄い!

アイシャドー、ハイライター、リップ、ブラシがセットされているので、このパレットをポーチに忍ばせておけば、パーティシーズンも余裕で乗り切れます。

パレット スパークルクラッシュ ¥12,000
/イヴ・サンローラン・ボーテ(10月28日限定発売)

 

続いて、ルナソルからはイベントシーズンを彩る、ゴールドの限定コレクションが登場。ゴールドといっても、ルナソルだけに落ち着きのある大人質感。ローズやアイボリー、ブラウンの組み合わせで、ほんのりゴールドなアイメイクを演出します。

また、リップコンパクトにも注目。クリーミィ、グロウ、シアーの3タイプが揃い、パーティやイベントのコンセプトにあわせて、リップメイクを自在に変えられます。オフィスメイクからパーティメイクへ、といった状況にも華麗に対応してくれるでしょう。

 


ルナソル ゴールドニュアンスアイズ 全3色 ¥4,000、
同カラーリンググリップコンパクト 全2種 ¥3,800
/ともにカネボウ化粧品(11月11日限定発売)

 

 

最後にご紹介するのが、コスメデコルテから発売される、オランダ人デザイナー、マルセル・ワンダース デザインのフェイスパウダーです。早6作目を迎える今年の限定パウダーは、可憐な刺繍をあしらった、レザー風合いのコンパクト。まるでアンティークコンパクトのような趣で、これまでのシリーズのなかでも特別感があります。

パウダーの上質感はいうまでもなく、粉体を固めるための糊やつなぎ成分は一切不使用。白樺水などのエキスを含ませてプレスし、12時間以上の時間をかけて水分を蒸発させるという手の掛けよう。アコヤ貝殻をミクロ上に粉砕したパウダーが、やわらかな光を演出してくれます。

マルセル・ワンダース コレクション
コスメデコルテ フェイスパウダー Ⅵ
レフィル2個付 ¥25,000/コスメデコルテ
(12月1日限定発売・予約受付中)

 

このようにコフレ以外の限定品もスペシャル感があるものばかり。売切れる前にチェックをお忘れなく!

 

 

インスタ、SNS対応! ”消しゴムコスメ”で肌修正が完了!

インスタやフェイスブックなどのインスタで写真に映る機会が増えましたが、撮影された自分の顔をみて、「小じわがひどい」、「くまが気になる」など、顔の表情よりも肌悩みに注目してしまうことはありませんか?

そんな場合は、その肌悩みを克服できるコスメを使うのが正解。特に、いまはインスタ対応というべき新作が多く登場しています。

たとえば、ボビイブラウンからは、目のまわりの小じわを瞬時に消し去ることができる、“魔法の消しゴム”が登場。こちらの凄い点は、小じわを“埋める”、“ぼかす”という2つのアプローチで目立たなくさせていくこと。

また、無色透明のフォーミュラなので、色がつくことなく、塗ったあとはカラーレスとなり、まるで忍者のように消えていくというのもユニーク。もちろん、小じわを軽減させるスキンケア効果も配合しているので、ただカバーするだけでなく、小じわもケアします。

インスタント コンフィデンス スティック ¥5,400/ボビイ ブラウン

 

続いて、コンシーラーとハイライターを1本にしたアイテムで、“若見えスティック”として話題になっているのが、エクスボーテのペンコスメ。開発したのは、人気ヘア&メイクアップアーティストの西山舞さん。撮影現場で、肌色トラブル、凹凸トラブル、くすみ感と、3種類のコンシーラーなどを使いわけていた西山さんが、その3つの悩みを1本で解決するべく開発したスティックです。

ポイントは、前述した3つの肌トラブルを一気に解消するために、凹凸をカバーしながら透明感を演出する技術と、肌をふっくら見せる“スキンピンク”という色を開発したことにあります。しかも、メイクヨレを防ぐ高密着ネットを採用したことで、不自然なカバー力なく、トラブルを覆う仕上がりを実現しています。使い方次第でさまざまな若肌効果が得られるので、購入したら西山さんの使い方もチェックを!

エクスボーテ エクスアーティスト ライトアップレタッチ
SPF20・PA++ ¥3,800/マードゥレクス

 

3つめにご紹介するのが、瞬時に目鼻立ちをはっきりと立体的に見せられるケイトの陰影パウダー。ハイライトとシェイディングの色が両端についているダブルエンドタイプで、ハイライトを眉間や鼻筋、目の下に、シェイディングを目頭からまぶたにかけていれれば、あっという間に大きな目もとになるという便利アイテム。

カラーも2色用意されているので、肌色にあわせて選べるのも便利。ケイトはこうしたインスタ対応コスメが充実しているので、自分のコンプレックスにあわせて取り入れてみるのがおすすめです。

ケイト 3DアイクリエイトN 全2種 ¥1,400/カネボウ化粧品

これらのコスメはメイクの上からも使えることがポイント。女子会やイベントで、「もしや、あとで、集合写真を撮るかも」と勘が働いたら、事前にパウダールームにGO。インスタコスメを駆使して、満足できる写真写りを手に入れましょう!