マスクメイクで大活躍! 美容液コンシーラー

以前、オンラインメイクの方法をお伝えしましたが、今回はマスクメイクについて、しかもより手軽な方法を紹介します。

 

マスクを着脱するようなシーンでは、ファンデーションやBB,CCクリームを塗って、その上からフェイスパウダーを重ねることが、ベースメイクをマスクにつけないコツでしたが、そもそもマスクを外す必要がない場合

たとえば、ひとりで外出する場合や、近所にしか出歩かない場合はベースメイクをする気にはならないかもしれません。

 

そんな時にぜひ活用したいのが、化粧下地の上から塗れるコンシーラーです。

こちらをマイクがはみ出ている目回りにちょんちょんとつけて、指やブラシで丁寧に伸ばせば、目もとはクリアな印象に! クマやくすみがカバーできてフラットな印象に整います。

なかでも、マスクメイクに活用する場合におすすめしたいのが、保湿成分を配合しているタイプの“美容液コンシーラー”です。

 

保湿成分が配合されているコンシーラーは、肌あたりがやさしく、かつ保湿感が持続するので、時間が経ってカピカピに乾いてしまうということがありません

そのため疑似皮膚のようにフィット感があるので、この1本でベースメイクが終了します。

 

その代表格が、ボビイ ブラウンから発売されている、インテンシブ スキン セラム コンシーラーです。

漢方由来のエイジングケア成分、冬虫夏草(トウチュウカソウ)をはじめとする保湿成分に加え、目もと用美容液レベルの保湿力を備えて、今年の3月にパワーアアップ。

軽くなめらかなテクスチャーで、フィット感も抜群。つけたての美しさが長続きします。カラーバリエーションも10色あるのも嬉しいポイントです。

 

インテンシブ スキン セラム コンシーラー 全10色 各¥5,200
/ボビイ ブラウン

 

続いて、アラフォー以上のかたにおすすめしたいのが、ラ・プレリーから発売されたSC パーフェクト コンシーラーです。

こちらは、ラ・プレリーが誇るスキンキャビアコレクションのコンシーラーで、肌引き締め成分であるスキンキャビアエキスやスキンキャビアウォーターを配合。目もとのカバーとトリートメントを同時に行ってくれる1本です。

とろみのあるテクスチャーはまるで美容液のよう。ラグジュアリーなパッケージも相まって、毎朝、使うことが楽しみになる逸品です。

 

 

SC パーフェクト コンシーラー 全5色 各¥19,700
/ラ・プレリー

 

3つめに紹介するのは、薄い色むらや小じわをカバーしたい人に提案したいハイライトバームです。

エトヴォスから発売される、ミネラルラディアントスキンバームは、その名の通り、光を拡散させることで、くすみや色むらを飛ばしてカバーするタイプ。

ピンクベージュカラーのベースに、ゴールド、シルバー、レッドの3種のパールをブレンドしており、薄い小じわや色むらをカバーしながら、ハイライト効果もプラスしてくれます。

石けんでオフ可能な低刺激処方なので、スキンケアの延長というテンションで使える点もマスクメイクに適しています。

 

写真左・ミネラルラディアントスキンバーム 4.8g ¥4,000
/エトヴォス(9月16日発売)

 

 

 

肌荒れを防ぐ! マスクメイク&スキンケアのコツ

外出する際はマスク着用が必須になり、特に接客業や医療従事者など、食事や休憩時以外はマスクを外せないという人も多いはず。その状況から、最近はマスクによる赤みや炎症といった悩みが増えています。
これらの炎症がひどくなった場合は、迷わずに、皮膚科専門医で治療するのがベターですが、そうなる前に肌荒れの予防策を実践しましょう。

 

まずは、マスクの選び方です。最近は大小さまざまなサイズが販売されていますが、選ぶときのポイントは、頬や耳もとを締め付けない大きさのもの。特に、口もとにマスクがあたると、口を動かすたびに肌が擦れてしまうので、口もとにゆとりがあり、マスクと皮膚との接触面を耳もと近くにもたせるのがおすすめ。

メーカーによっても、大きさはさまざまあるため、複数のメーカーを試して、ぴったりあうものを選びましょう。

そして、朝のスキンケアでのポイントですが、朝はマスクと肌の間に“クッション”をつくるために、必ず日中用クリームやバームを塗布しましょう。イハダの薬用クリアバームのような固形バームは、マスクが当たる部分に薄く塗っておくのが有効です。

 

イハダ 薬用クリアバーム(医薬部外品) 18g ¥1,600
(美肌百貨調べ)/資生堂薬品

 

その後、ベースメイクに入りますが、これからの季節はマスク内の湿度が高くなるため、肌荒れを防止するには、マスク内は何も塗りたくない、という人も多いはず。

 

そんな人には、小鼻の赤みなど、どうしても気になる部分だけにコンシーラーを施しておくのがおすすめ。コンシーラーは、ナーズのソフトマットコンプリートコンシーラーのような、さらさらなパウダー状になるタイプを選ぶとよれを防げます。その後にフェイスパウダーをのせれば完璧です。

 

ナーズ ソフトマットコプリートコンシーラ- 全10色
各¥3,600/ナーズ

 

ベースメイクはしたいけど、ファンデーションは塗りたくない、という場合は、ファンデーションの代わりにカラーレスなCCクリームを塗るのがグッド。スキンケア効果を得られ、しかもマスクに色がつきづらくなります。

 

あるいは、こんな時こそベアミネラルやエトヴォスなどミネラルファンデーションに頼るのも一案。コンシーラーを塗った後、ほどよいカバー力をもち、スキンケア感覚で使えるエトヴォスのナイトミネラルファンデーションを重ねてみてはいかがですか?

 

ナイトミネラルファンデーション ¥2,500/エトヴォス

 

そして、日中のメイク直しの時ですが、バームを塗った部分はべたつくので、こちらはティッシュなどでおさえるかふき取りをして、もう一度バームを付け直したほうが衛生面でも安心です。

 

現在、通気性に優れたマスクが続々と発売されているほか、今後はマスクの代用品として、のフェイスシールドが普及すると思われます(個人的には肌荒れ対策を考えると、フェイスシールドのほうがベターと思っています)。

 

そうなれば、マスクによる肌荒れや不快感は軽減されるはず。マスク着用の日々が続くからこそ、そのストレスを軽減させるテクニックを駆使しつつ、いま、この時期を乗り越えましょう。

 

 

いまこそ“香り”で息抜きを! 「癒されフレグランス」

巣ごもり生活や在宅ワークが続くなか、心身ともに疲労が蓄積している人が多いはず。外出せずに、ずっと屋内にいると、身も心も“ダル重い”感じになりがちですが、それは五感を刺激する機会が少ないからかもしれません。

 

そこで、嗅覚にアプローチすることで、心身をリフレッシュしてはいかがでしょうか? アロマというと、ルームスプレーやアロマキャンドルを使っている人が多いかもしれませんが、今回は、それよりもリフレッシュ効果が高く、気持ちや頭をスッキリさせられる夏向きのフレグランスを紹介します。

 

まず、紹介したいのは、グリーン系のコロン。南仏プロヴァンス生まれのブランド、クヴォン・デ・ミニムから発売される、アクアミレフォリアです。

 

この香りはレモン&ミント エッセンスがトップを飾り、ヴァーベナのアブソリュートをミドルに、そしてトレントのウードウッドをラストに配した香調。庭園や初夏の雨をイメージとさせる、グリーンヴァーベナのみずみずしさが魅力です。

 

こちらの調香をプロデュースしたのは、14年間エルメスの専属調香師として活躍したジャン=クロード・エレナ。彼らしく、とても上品で溌剌としたグリーンシトラスに仕上がっています。万人に好かれる香りと言えるでしょう。

アクアミレフォリア 50ml ¥5,600/クヴォン・デ・ミニム(6月17日発売)

 

続いて、在宅ワーク時や、宅トレ後の気分転換にぴったりなのが、アスレティアから数量限定で発売されるチューニング アロマ ミストのスパイシーブレンドです。

 

レモングラスやコリアンダー、バジルなど、清涼感とスパイシーさがブレンドされたアロマはエネルギーチャージに最適な香り。

ボディはもちろん、顔にも使えて、コメ発酵液やシソ葉エキスなどから成る保湿成分も配合しているので、冷房で乾燥した肌にシュッとうるおいを与える点でも有効です。

チューニング アロマ ミスト SP01  100mL ¥2,800/アスレティア(限定発売中)

 

 

アユーラからは、ブランド誕生以来、ロングセラーとなっている入浴料、メディテーションバスの香りをそのままスプレータイプのフレグランスに仕上げた限定品が登場します!

 

ローズマリーやカモミール、ローズやジャスミンなど、12種類の花やハーブをブレンドしたアロマティックハーブの香りで、発売以来25年にわたって、老若男女問わず愛されています。

 

就寝前やストレッチをする時などリラックス効果を高めるときに使ったり、心を落ち着かせたい時など、“ヒーリングフレグランス”としても活用できそうです。

 

メディテーション パルファンドトワレ 20mL ¥4,000/アユーラ(7月31日限定発売)

 

 

最後に紹介するのは、フラワー バイ ケンゾーのシリーズから、新たに発売されるクッションタイプのジェル状フレグランスです。

 

こちらはクッションファンデと同様の仕様になっているフレグランスなので、首元や手首など、香らせたい部分に“香りのアクセサリー”として、集中的にオンできるのがポイント。

 

香りはジューシーなジャパニーズペアーと、ブルガリアンローズ、ジャスミンの華やかさが交差する花束のようなウッディ・フローラル。

 

香りのコンパクトは見た目にも美しく、テレワークしている友達へのギフトとしてもおすすめしたい、素敵なアイテムです。

フラワー バイ ケンゾー ポピー ブーケ クッション 14g ¥5,500
/ケンゾー パルファム(8月28日限定発売)

 

ZOOMやSkypeなど…“オンライン映えメイク”をマスターせよ!

在宅ワークでオンラインミーティングが普及してくると、課題になるのが“ウエブカメラ映り”です。

インスタグラムなどSNSで静止画を投稿するときは補整アプリを活用したり、TikTokのようなショートムービーも映りが悪ければ”撮り直し“が可能でしたが、ミーティング時などの”生配信”の場合は、修正や補整をその場ですることができません

今後、そのような状況に対応した“ライブ補整アプリ”が開発されるとは思いますが、いまを乗り切るためには、メイクを駆使することで、健康的で印象のいい仕上がりに整えることが大切です。

ただ、思いのほか雑用が多い在宅ワーク。オンラインミーティングがあるたびにフルメイクするのは面倒ですよね。

 

そこで、おすすめしたいのがコンシーラー+チークの“ウエブカメラ映え”メイクです。そもそも、ウエブカメラの画質クオリティはそれほど高くないので、いつものような“透明感”にこだわる必要はありません。

ただ、色のコントラストは高いので、くすみをなくしたり、ハイライトやチークを使ったりと、肌を明るく均一に整え、さらに血色をよく見せらるのがポイントになります。

必要なアイテムとなるのは、優秀なコンシーラーと発色のいいチークです。

 

 

 

まず、コンシーラーで紹介したいのが、ディオールから発売されている、ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラーです。

 

こちらは1本でベースメイクも仕上げられるよう調整されているコンシーラー。カバー力と素肌感が絶妙に調整されており、“気になる色むらを消し去りつつも、覆い隠されているような皮膜感はナシ”という仕上がりに。美肌になりつつ、のっぺりとしたぬりかべのようなトーンにはならないので、ウエブカメラ映りには理想的。

目まわりや小鼻にさっさっと線を引いて、ブラシや指で軽く伸ばすだけで、色むらやノイズのない、明るい肌に! ほんの数分で仕上がるという時短ぶりも魅力です。

 

ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー
全7色 ¥4,200/パルファン・クリスチャン・ディオール

 

続いて、友達とのオンラインチャットなど、ディオールよりもカジュアルに仕上げたい時は、アクセーヌスキンカラーコントロールを使いましょう。

こちらは目まわり(ゴーグルゾーン)のくすみや赤み、しみなどをきれいにカバーするために生まれた部分用ファンデーション。

リップグロスのように小さいサイズですが、それもそのはず、1回で使う量は米粒1つ分だけ。こちらで目まわり全体のくすみや不調をカバーすることで、顔全体の印象を健康的に見せてくれます。

 

一般的なコンシーラーとの違いは、目まわりの不調に対応できるよう“赤みオレンジ”に色設計されていること。白やベージュなど明るい色で覆い隠すのではなく、濃い色でくまやくすみと同化しつつ、塗っていない部分を明るく見せるという逆転の発想。

まるで目もとにレフ版を当てたような自然な印象に整えてくれます。

 

 

アクセーヌ スキンカラーコントロール 全2色 SPF19・PA+++
10g ¥3,500/アクセーヌ

 

そして、肌づくりの仕上げに使ってほしいのがナーズのチーク、ブラッシュです。

 

ナーズのチークは肌に溶け込むようになじみながらも、発色が抜群なのが特長。

たとえば、血色感がほしいときは、4077のORGASM Xのような見た目にも鮮やかな、ゴールドパールが入ったコーラルピンクを選ぶのが正解。ウエブカメラ越しであっても、チークの存在感を際立たせられるので、相手に健康的な印象を与えることができます。

 

屋内は思いのほか暗めのライティングになることが多いため、チークはこのような鮮やか色をいつもより濃いめにつけるのがコツ。頬につけたあと、生え際や鼻の上などにつけると、顔全体に血色感をあたえることができます。
加えて、ウエブカメラ映りを考えて、どの程度のチークメイクがちょうどいいのかをあらかじめチェックしておけば、不意なウエブミーテイングの時にも安心です。

ブラッシュ 4077 ORGASM X ¥3,700/ナーズ