透明感がハンパない! 秋の新作ファンデ

2018秋のファンデーションは、MUST BUYな新作が目白押し! なかでも、注目したいのが“透明感”を進化させたタイプ。

ここ数年、ファンデーションの技術進化から、「カバー力があるのに軽い」、「隠すのに薄づき」といった、相反する要素を両立させているハイブリッド型が登場していますが、そのハイブリッド力がますます向上。

カバーしているのに、透明感がハンパない!」という力作が続々発売されます。

 

アルビオンの新作、スキングレイジング ファンデーションもそんな“ハンパない透明感”をもつ1品。

 

ポイントは、ファンデーションの化粧膜を3層構造へと立体化させたこと。最下層でしっかりとカバーしながら、中間層で透明感やつやを演出、そして、最上層では透明感をホールドしてキープ。

 

このようにカバー、透明感とつや、透明感のホールド、と、それぞれの膜が与えられた役割を果たすことで、いままでにないハイカバーと透明感を可能にしました。

 

しかも、塗布方法は指塗りでOKという手軽さ! 軽いタッチで伸ばすだけで、肌がみるみるきれいになるというマジカルな効果を体感できますよ。

 

スキングレイジング ファンデーション SPF25・PA+++ 全6色
各¥6,000/アルビオン(8月18日発売)

 

続いて紹介したいのが、人気ブランドのディレクターを経た、メイクアップアーティストのRUMIKOさんが新たに監修したブランド、アンプリチュードのベースメイクです。

 

こちらは“大人の女性”をターゲットにして開発されたブランドで、ベースメイクで目指した効果は、“顔そのものだけでなく、全身の印象さえも美しくさせる”こと。

 

そのために、RUMIKOさんが開発したのが、エマルジョンタイプなのに“透き通る感”があるもの、リキッドタイプでも、“透き通るカバー力”がある仕上がりのファンデーションです。

 

そもそもが職人気質のRUMIKOさん。自らファンデーションを製造する開発拠点に赴き、何度も試行錯誤しながら、従来のファンデーション以上のクオリティで、前述した透明感を実現させました。

 

実際につけてみると、美肌に仕上がるのはもちろん、肌そのものに“プロっぽいオーラ”が宿るような仕上がりに。

 

ファンデーションをつけた人が、上品な“こなれた感”を醸し出してるような、“その道のスペシャリスト”といった迫力が宿る肌が完成。まさに大人の女性に相応しい質感ベースメイクです。

ロングラスティング リキッドファンデーション SPF22・PA++
全10色 ¥9,000/アンプリチュード(9月1日発売)

 

最後に紹介するのが、クレ・ド・ポー ボーテから発売されるクッションファンデ、タンクッションエクラです。

 

すでに各ベースメイクから、1品は必ずラインナップされているクッションファンデですが、クレ・ド・ポー ボーテからは実は初めての発売となるこちら。

 

しかも、他ブランドよりもかなり後発ということもあり、これまでのクッションファンデの弱点であった、よれやてかり、乾燥感、あつぼったさなどをすべてクリア。

 

みずみずしいのにフィット感がある、重ねるほどにカバー力がアップするものの透明感は損なわない、と、上質な仕上がりとつけ心地のよさを追求したクッションを開発しました。

 

スキンケア成分としてはクレ・ド・ポー ボーテの最上位クリーム、ラ・クレームnにも配合されている独自成分、イルミネイティングコンプレックスEXを配合。カジュアルなクッションながら、日中の肌をハイグレードなエイジングケア効果でフォローしてくれます。

 

クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ 全6色
¥9,000/資生堂インターナショナル(9月21日発売)

 

 

2018秋新色は“ミッドナイト”に注目を!

夏が到来する前ですが、化粧品業界では早くもメイクアップの秋新色のお披露目がピークを迎えています。

今年の秋に目立っているのは、“真夜中のきらめき”をコンセプトにしたブランド。

この秋はラメやグリッターなど、強いきらめきを放つ質感のアイテムが目立っていますが、そういった輝きアイテムと、秋冬ならではなのダークカラーがマッチ,

その結果、“夜空”や“真夜中の閃光”など、暗闇のなかで鮮やかな光が鼻垂れるようなコレクションが目立っているのでしょう。

RMKは“真夜中のガーデン”が秋コレクションのイメージ。色鮮やかなカラーのなかに、ダークカラーを忍ばせており、なかでも、月明かりに浮かび上がる花びらのグラデーションを意識したという限定のマーブルリップや、リップグロスは可愛く濃密。

コクのあるリッチな表情を生み出せるアイテムです。

RMK ミッドナイトフラワー リップスティック 全3種 各¥3,500
/RMK Division(8月10日限定発売)

 

ポール&ジョーボーテは、パリのセーヌ川を照らす、夜空の月をイメージした“ムーンライトコレクション”を発表。

月の光や色彩を表現したアイカラーのほか、いまや鉄板的アイテムとなったネコモチーフが月明かりの下で艶めくようなハイライトスティックとして登場! オイル立地なテクスチャーで、頬や目もとをグラマラスに引き立ててくれます。


ポール & ジョー アイカラーCS 全2種 各¥2,600
/ポール & ジョー ボーテ(8月1日限定発売)

 

ポール & ジョー スティックハイライター ¥3,000
/ポール & ジョー ボーテ(8月1日限定発売)

 

そして、シャネルから発売される、今年のアイメイクのシリーズも“夜を包み込む雰囲気”がテーマ。

街を照らし出す輝きや人工的なネオンの輝きが、シャネルの洗練されたアプローチで、繊細な光沢と色彩として具現化。

特に、アイシャドーにもアイラインにも使えるペンタイプのアイカラーは、光沢のある涼しげな目もとに仕上がり、夏のイベントメイクにもぴったりです。

スティロ オンブル エ コントゥール 全4色 各¥3,900
/シャネル(7月9日発売)©CHANEL

 

初夏は、“じゅわっとティント唇”が旬!

リップメイクはマット質感のトレンドが続いていますが、初夏は“抜け感”があったほうが涼し気。ということで、マットの一方で登場しているのが、うるおいある透明感と血色感で、唇をじゅわっと濡らすようなティント質感です。

 

陽射しが透けるような発色と、グロスよりも控えめな厚み、ほんのり濡れたような質感は、清潔感があることが魅力。

 

見た目にも涼し気な印象なので、夏服はもちろん、浴衣にもぴったりなリップメイクに仕上がります。

 

その代表格となるのが、イヴ・サンローランの人気リップ、ヴォリュプテ ティントインバーム

限定色として登場する色は、2つのヌードカラー。シックに仕上がるヌードベージュと、明るくカジュアルな印象になるシアーピンク。バームリップのうるおい感、塗り心地のよさと、色もちのいいティント発色が1本に。とても使い勝手に優れているリップです。

 

 

ヴォリュプテ ティントインバーム 13ダウンタウン ヌード 14アンダーグラウンド ピンク ¥4,300
/イヴ・サンローラン・ボーテ(限定発売中)

 

シュウ ウエムラからは、2016年に限定発売されて、大ヒットしたシアー カラー バームが夏限定として復活!

 

唇の水分量とpHにより、自分だけの色に変化するユニークなバーム。見た目鮮やかなピンクとオレンジながら、唇の上にのせるとナチュラルな色に変化。とろけるように広がるテクスチャーで、ヘビロテ確実です。

シアー カラー バーム グロー イン ピンク、メルト イン オレンジ 各¥3,200
/シュウウエムラ

 

カネボウ化粧品のコフレドールからは、軽やかに唇を染めるティントグロスと、発色のいいマットルージュのあわせ技で“じゅわっと濡れ唇”に仕上げる、Wエンドのリップが登場。

2つの色と質感を重ね使いすることで、まるでプロにメイクしてもらったような、にじみでるような血色感を生み出せます。

 

仕上がりは全4色ですが、02のルミナスピンクはファッションやシーンを問わずに使える万能カラー。いずれも限定色なので、お気に入りが見つかったら、2本買いがおすすめです。

コフレドール Wルージュ ティント&マット 全4色 ¥2,800(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(6月16日限定発売)

 

 

 

美人はみんな“繊細ハイライト”!

撮影現場でモデルの顔立ちやボディのメリハリに欠かせないのが、ハイライトです。以前はビカッとした主張する光沢もありましたが、いまの主流は肌となじんで一体となる繊細なハイライト。ハイライトをいれた部分が全面で主張するというよりも、光をきちんと捉えて、流れるように発光するというのが最新作です。

 

今回は、そんな流れるように発光する“繊細ハイライト”を3種ご紹介。スティック型、パウダー、リキッドクリームの3種をご紹介します。

 

まず、最も使いやすいハイライトがパウダータイプ。Tゾーンや頬骨など顔立ちを目立たせたい部位にのせたり、デコルテや肩など大きめなブラシでボディにも立体感を簡単に演出できます。

6月に発売するナーズの新作は、光を巡らせる球状パウダーと、肌に溶け込むながら反射するパールの2種類を配合しているので、光のまわりかたが穏やかでとても上品。目もとやTゾーン、あごなど、広めに適当に入れても、なめらかな肌な光を放ってくれるので、ハイライト初心者にもおすすめです。

 

ナーズ ハイライティングパウダー 全5色 各¥4,500
/ナーズ ジャパン(6月15日発売)

 

資生堂のシンクロスキンイルミネーターから登場するハイライトは、つやをしっかり残してくれるタイプ。
“イルミネーター”というネーミング通り、ピュアな光沢感を肌に与えてくれます。こちらは実はボディケアや日焼け止めと混ぜて使うのもおすすめ。

 

たとえば、美脚を演出したいときはレッグクリームの使用量4に対して、こちらを1混ぜれば、脚骨がきらりと輝く美脚クリームに大変身! マルチに使えるハイライターとして使い勝手に優れています。

資生堂 シンクロスキン イルミネーター 全2色 40g 各¥3,800
/資生堂インターナショナル

 

そして3品目に紹介するのが、コフレドールから発売されているスティックタイプのハイライター。
こちらはCC効果があり、単に光を放つだけではなく、光沢によって毛穴を目立たせなくする効果があるのが特長。

 

光沢に主張がないので、初心者でも簡単に塗りこなせます。おすすめは、ベースメイクのなかで、“仕込みハイライト”のように活用すること
毛穴を覆わないので、よれたり崩れたりすることがないのが魅力。これから肌がべたつく季節でも、立体ハイライトをつくるアイテムとして重宝します。

 

コフレドール マジカルグロウスティック ¥2,500(編集部調べ)
/カネボウ化粧品

 

このほか、お粉のようなハイライトもありますが、それぞれ単体で使うだけでなく、リキッドの上からパウダーで“光を重ねる”といった使い方をしてもおしゃれ

ファッションやシーンにあわせて、輝きの度合いをコントロールできれば、さらにメイク映えする顔へとステージアップするはずです。