5~6月は“癒し強化月間”! 香りケアで深呼吸を~前編

新学期や新生活からホッとひと息つくタイミングが、ゴールデンウィークが過ぎた頃。気忙しさや緊張感からひと段落する人も多いはず。そんな5~6月の“ひと休み”のお伴として活用したいのが、香り豊かなボディケア。お気に入りのアロマを楽しむことで、心身をリラックスさせたり、ゴールデンウィーク明けの“休みボケ”をリフレッシュすることができます。

まず、心身をリセットできるバスタイムに使いたいのが、入浴剤やシャワージェルです。

アユーラから発売される入浴剤、「薄荷香草湯」は、その名の通りハッカをベースにした夏用の新作

レモンやグレープフルーツ、コリアンダーをブレンドした香りで、湯色は清涼感あるブルー。心身のだるさが解消されるような香りと色で、ぬるめのお湯でゆっくりと楽しみたい入浴剤です。

アユーラは、これまでもメディテーションバスαや生姜、山椒を取り入れた入浴剤を出しており、いずれもクチコミ評価からロングセラーを記録しているものばかり。こちらも“爽快系”として、長く愛されそうな製品です。

 

薄荷香草湯 25g×10包入り 1,800円/アユーラ(5月23日発売)


また、すっきりとした緑茶の香りに癒されたいなら、ザ・ボディショップから限定発売されているフジグリーンティのバスソルトを。

こちらはザ・ボディショップ日本上陸25周年を迎える今年に誕生した新しいシリーズ。富士山の麓で手摘みした上質な緑茶エキスを配合しています。

とはいえ、香りは緑茶にベルガモットがブレンドされた“欧米系”。緑茶をコンセプトにしたブランド香水がありますが、そういった“和な印象”ではなく、あくまでスパコスメ的なアプローチ。海外のリゾートスパで日本式スパを受けたような、そんな気分にさせてくれるバスソルトです。

 

バスソルト フジグリーンティ 300g 3,500円/ザ・ボディショップ(限定発売中)

 

 

年末年始のプチギフトに最適な“贈呈コスメ”~前編

年末年始のホリデーシーズンはもうすぐ。この1年でお世話になった方へ、または新年のプチギフトとして活用したいのが、特別感のある限定コレクションやコスメです。

家族で使えるホームケアから、インテリアとしても活躍するルームフレグランス、または大人の女性に贈りたい高級スキンケアなど、選択肢のバリエーションが富んでいるのも化粧品の魅力。もちろん、贈る相手の好みを考える必要がありますが、自分ではなかなか購入しないようなアイテムも多いことから、“贈られて嬉しい”というギフトになるでしょう。

たとえばインテリアとしても楽しめるアイテムにルームフレグランスやキャンドルがあります。

ボア パー ヤスミチ モリタ」は、世界的に活躍するデザイナーの森田恭通氏がプロデュースしたルームディフューザー。ボトルのデザインはモダンでありながら、1300年の歴史をもつ愛知県瀬戸の陶器製で、ひとつひとつがハンドメイドで作られています。

実際に手にとると質感やフォルムに温もりがあり、伝統技術の巧を実感することができるのが魅力。カラーは6色のラインナップで、それぞれに異なる香りがセットされています。

最も透明感ある香りは、イチジク(フィグ)やベルガモットを組み合わせた002フィグ。ボトルはシルバーカラーで、どんなインテリアにも溶けこくディフューザーです。

 

空間をクールに彩る、光沢のあるシルバーのボトル。
ボア バー ヤスミチ モリタ002フィグ ルームディフューザー 295ml 16,800円
/フィッツコーポレーション

ミニサイズのキャンドル4種を詰め合わせた、モルトンブラウンの「ピッコロキャンデラ セット」も、お部屋のアクセントとしておすすめ。

ミニサイズながら燃焼時間は各8時間あり、さわやかな香りを組み合わせた「ヴァーブ」のコレクションなら、香りにクセがなく、どなたに贈っても喜ばれるでしょう。

明るい色合いが揃った4種。深く濃厚な香りの組み合わせもあり。
ピッコロキャンデラ セット ヴァーブ 4種セット 8,400円
/モルトンブラウン ジャパン

ブログ初登場! 自由が丘の石屋「愛光堂」

すでに「美肌百貨」の姉妹サイト「沖縄百貨」にてご紹介している、自由が丘の石屋愛光堂」。 


私が愛光堂に初めてブレスレットをオーダーしたのが、美容ジャーナリストとして独立する前、いまから6,7年前のことなので(当時、愛光堂の店舗は沖縄のみ)、本当に長いお付き合いになります。

 

ここ数年、オーダーブレスレットの予約がとりにくい状態が続いていますが、自由が丘の店舗では既製品のブレスレットやストラップを販売しており、初めてのパワーストーンとしておすすめです。

 
まねき猫・財運ストラップ 3900円(在庫切れの場合もあり)

 

 
新作のシーサーストラップはオニキスと水晶の2タイプを用意。
各3,500円(在庫切れの場合もあり)

 

可愛いストラップは、友人へのギフトとしても喜ばれるはず!

愛光堂の店舗の詳細等は、「沖縄百貨」に掲載していますので、どうぞご覧ください。

「オーラソーマ」のティーチャー ルミエーラ朋乎さん

今回ご紹介する“美のプロ”は、以前は化粧品ブランドのPRとしてお世話になった守田朋乎さん。現在はPR会社を離れて、ルミエーラ朋乎という名前でカラーケアシステム「オーラソーマ」のコンサルタント兼ティーチャーとして独立。個人カウンセリングやセミナーを中心に、女性誌や企業広報誌などでも幅広く活躍中です。
 


 オーラソーマ ティーチャーのルミエーラ朋乎さん

 
人々は色に対して共通認識を持っており、たとえば赤は温める、青は鎮静するという感覚や、果物が熟す色、聖母マリアのブルーなど、“色彩の言語”を共有していますが、この感覚や認識を内面性・精神性に当てはめたメソッドが「オーラソーマ」なのです。

そのプロセスは107種類あるカラフルなボトルから4本を選ぶことが基本。そのボトルと共鳴しセッションを進めることで、コンサルタントとともに自分の内面性を再確認していきます。
 

 

         4本選ぶボトルのうち、1本目は「魂と本質的テーマ」、2本目は「ギフト&タレント」、
         3
本目は「現在」、4本目は「未来」をあらわす。智一はそれぞれ87,81,71,66をセレクト。
         過去の記憶を癒し、浄化し、新たなる未来へと踏み出す状況という。
 

朋乎さんがこの「オーラソーマ」に出合ったのは、いまから約10年前のこと。当初は週末の休日を使って、友人たちのカウンセリングを行っていたそうですが、回を重ねていくうちに、“自分が求めていること”と“本人にもともと備わっている魅力”とのギャップに多くの人が悩んでいることを知るように。

そんな自意識のギャップを埋めて、女性たちの内面をサポートしたいという思いから、「オーラソーマ」と本格的に取り組むようになったといいます。

 「仕事をしていた時は、私自身も『強くならなきゃいけない』と、絶えず思っていました。また、望まれている自分になろう、みんなが期待している自分になろうとも。でも、独立したいま、そのイメージが本来の自分とは違っていたことに気づいたのです。そして、現代社会には、そんな“違う仮面を被ろうとしている女性”が実はとても多い。

私も会社員時代の経験があるからこそ、そのギャップをよく理解できます。だからオーラソーマを通じて、本来持っている素晴らしい質に気づき、ご自身の中に調和を見出して行けるよう、サポートさせて頂けたら嬉しいです」(朋乎さん)。
 

 

        色と香りで身体を取り巻くオーラに働きかけるのが、ポマンダーやクイントエッセンスと
        呼ばれるアイテム。色と香りのシャワーを浴びることで、オーラから内面を整えていく。
        写真は過去の癒しに働きかけて気持ちをケアするというポマンダー「コーラル」3,990円。
 

 ルミエーラ☆朋乎HP(オーラソーマ&クリスタル・スクール&個人セッション)

9月19日から開講するカラーセラピスト養成講座「オーラソーマレベル1」受講生を募集中。