2020・最新化粧下地に変えて、もっと美肌に!

2020春新作のなかで、ぜひ買い替えてほしいのが化粧下地です。

すでに数年前から、さまざまな媒体で「化粧下地の進化が著しい!」と伝えていますが、来春の化粧下地もますます進化しており、もはや“透明感を纏う”といったセカンドスキン的な仕上がりに加え、バリア効果やスキンケア効果も兼ね備えたものが目白押し。それこそ、“化粧下地を変えるだけで、美肌印象が格上げする”といっても過言ではないほどです。

今回は、そんな優れた化粧下地のなかから、4ブランドをピックアップしました。

 

まず、百貨店ブランドからはディオールとローラメルシエをチョイス。

 

ディオールプレステージ ホワイトから発売される化粧下地、ル プロテクター UVシアーグロー SPF50 +・PA+++です。こちらはすでに発売されている下地、ル プロテクターUVミネラルの“色ナシ版”といえる新作。

ミネラルのほうはファンデーション要らずと言えるほどカバー力に優れており、ベストコスメも獲得している秀作ですが、「色がのらない、一般的な化粧下地も欲しい」と思っていた人も多かったのではないでしょうか。そんなリクエストに応えるべく登場したのがシアーグローなのです。


こちらは従来の細胞レベルまで守り抜くプロテクション効果に加え、新たに日常生活でさらされている赤外線防止効果も新たに搭載。そして、仕上がりは天然のローズライト ピグメントを採用した、明るい血色グロウ肌
肌トーンを均一にして、なめらかに輝く素肌に整えてくれます。ストロボを当てたように肌を明るく、血色よく変えてくれるので、年齢によるくすみに困っている人にも最適です。

 

プレステージ ホワイト ル プロテクター UV シアーグロー
SPF50+・PA+++ 30mL¥12,500
/パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン(2月28日発売)

 

続いて紹介するのが、ローラメルシエの下地、ピュア キャンバス パワー プライマー スーパージャージド エッセンスです。

ローラ メルシエは、この春、なんと6品もの化粧下地を投入します。「ベースメイクの仕上がりとスキンケア効果の両立を叶えるためには良質な化粧下地が不可欠なため」というのがその理由。その6品のなかで、最も推しなのが、このスーパー チャージド エッセンスなのです。

 

その理由は、化粧下地にもかかわらず、それ特有の皮膜感がないため! “濃密なテクスチャーの美容液”といった使用感で、その濃密さが薄膜になるので、肌にハリやなめらかさを与えながらも肌の呼吸は妨げることなく、フレッシュな使用感が持続します。

化粧下地の塗布感がイヤ、という人には特におすすめしたい下地です。

 

ピュア キャンバス パワー プライマー スーパー チャージド エッセンス
30mL ¥6,000
/ローラ メルシエ ジャパン(1月29日発売)

 

続いて、ドラッグストアやバラエティストアで発売するブランドのなかで紹介したいのが、コフレドールビオデルマです。

もともとベースメイクには定評のあるコフレドール。新作となる下地、スキンイリュージョンプライマーUVは、塗った瞬間に肌印象がぱっと明るくなる効果に驚いたアイテム。

 

その仕上がりを支える技術が、従来の1/10以下の大きさという微粒子粉体。細かく強い光を反射、散乱しつつ、さらに、柔らかな光を放つ粉体が肌をつるんとカバー。この粉体により、いままでにない光沢を実現しています。


この化粧下地をつけた瞬間に、その美肌っぷりにハッとするはず。この質感がアンダー3000円で手に入るとは嬉しい限りです。

 

コフレドール スキンイリュージョンプライマーUV 25mL
SPF50+・PA+++ ¥2,800(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(2月16日発売)

 

もう1品取り上げたいのは、フランスの敏感肌スキンケア、ビオデルマのピグメンビオ デイリーUVケアホワイトです。

こちらは、ブライトニングシリーズから発売される化粧下地なので、ブライトニング効果もしっかり搭載。ヨーロッパで行われている外用薬の美容皮膚治療に着想を得た独自成分を配合

さらに、ビタミンC・E、しわ改善効果で国内でも話題にのぼったナイアシンアミドなども採用しています。

 

この確実なブライトニング効果に加え、パール成分を配合したトーンアップを実現していることが優秀。しかも、無理に肌色を白く明るくするのではなく、濃密なテクスチャーにより、肌に透明感が生まれるといったトーンアップ効果なので、仕上がりがとても自然。保湿力も充分にあります。

 

ピグメンビオ デイリーUVケアホワイト SPF50+・PA++++ 40mL
¥3,600(ナオス ジャパン)(3月9日発売)

 

お世話になった人へ、“いい香り”のホリディギフトを

お歳暮や年末年始のホリディギフトとして、食品ではなく化粧品を送りたい、と思っている方におすすめしたいのが、上質な香りを日常使いできるアイテムとして仕上げている“いい香り”のギフトです。

 

香りの嗜好は十人十色のため、香水などの香りが強いアイテムはギフトには向きませんが、ハンドソープやボディウォッシュ、ほのかに香るルームフレグランスなどは、生活に彩を与えるアイテムとして喜ばれるはず。しかも、それが人気コスメブランドなら、嬉しさも倍増でしょう。

 

まず、ホリデーシーズンの定番ブランドとして紹介したいのが、モルトンブラウン。毎年、10以上のギフトセットを発売していますが、例年、鉄板的な人気を誇っているのが、10種のトラベルサイズのバス&シャワージェルをコレクションしたセットです。

 

リボンをほどき、美しいギフトボックスを開けると、ジュエリーのように華やかな輝きを放つボトルがずらり。日常使いはもちろん、ジムや旅行に携帯するにも便利なサイズで、家族全員で使えることも魅力です。

ストッキングフィラー ギフトコレクション オレンジ&ベルガモット,
ベチバー&グレープフルーツ、
スエードオリス、ピンクペッパー、ローザ、
サイプレス&シーフェンネル、ゼラニウム&ネフェルトゥム、
ブラックペッパー、タバコ アブソリュート、ロシアンレザー
いずれもバス&シャワージェル 50ml ¥7,000
/モルトンブラウンジャパン(限定発売中)

 

また、クラッカーはギフトとしても、パーティシーンを盛り上げるアイテムとして活用できるセット。トラベルサイズの4本のバス&シャワージェルが入っており、両端を引っ張りあう2人で好きな香りを分け合うのも楽しいひと時です。

クラッカー アロマティック&ウッディ クラッカー ゼラニウム&ネフェルトゥム、
ブラックペッパー、
タバコアブソリュート、ロシアンレザー いずれもバス&シャワージェル 50ml ¥3,600
/モルトンブラウンジャパン(限定発売中)

 

人気ブランドのスリーからは、独自の精油ブレンド技術と、日本文化のひとつである“聞香”を融合させた、お香「リズム コウ」が登場。京都の香老舗、薫玉堂とのコラボレーションによって生まれた、現代的な芳香です。

 

お香の種類は全3種。カルダモンやシナモン、オレンジをブレンドした、温かみのある香りの美苑(ミオン)、スパイシーなクローブと清涼感のあるローズマリーにベルガモットをあわせたリフレッシュのための薫香、清穏(セイオン)、そして、ローズやハーブのウイキョウを配合した、ほのかな甘さのある艶美(エンビ)。

 

いずれも20本入りの製品になりますが、ギフトセットとしておすすめしたいのが、その3種が各15本ずつ入り、さらに香立てもついているアソートメントキットです。保存性に優れたガラスボトルに入っているので、気に入ったお香を買った時に、保存容器にもなります。

 

いずれのお香も精油が入ることで、和室にも洋室にもあう香りに仕上がっているのはさすが。おしゃれなあの人へのギフトにも最適です。

スリー リズム コウ キット ¥9,500/スリー(12月4日店舗限定発売)

 

最後に紹介するのは、イソップの新しいギフトキットコレクション「ミューズ アンド ミス」です。キットは、スキンケアキットが2種、ホームケアキットが1種、ボディケアキットが1種、そしてハンドとボディケアのキットが1種の計5種を発売。

 

このなかでギフトとして活用しやすいのが、ホームケアキットの「ソロイスト」です。ルームスプレーと、トイレ用芳香剤、そしてボディソープがセットで、香りは深呼吸したくなるようなグリーンやハーブの香りが基調。空間をリフレッシュさせる香りで、贈られた相手も活用しやすキットです。

 

各キットは再利用可能な小麦色のケースに入っており、スリーブのデザインはN.Y.を拠点に活躍するアーティスト、ジョバンニ・ガルシア・フェネックが手掛けたイラスト。スタイリッシュなギフトです。

イソップ ソロイスト オロウス アロマティック スプレー 100ml、
ポスト プー ドロップス 100ml、
ボディ クレンジング ソープスラブ 100g ¥8,300/イソップ

 

“きらめき肌”時代が到来!? 映え肌をつくるグロウ下地!

ここ数シーズン、唇も肌もセミマット質感のトレンドが続いていましたが、今年はマット質感に、“ソフト”、“ベルベッド”、“シルキー”といった枕詞がつくようになり、ひとことでマットと言っても、さまざまな仕上がりが楽しめるようになりました。

 

その傾向は肌にも飛び火しているのか、これまで肌はセミマット~ツヤの範囲でトレンドに揺れ動きがありましたが、この冬はパールやダイヤモンドパウダーなどを配合したグロウ質感の下地が複数登場。みずみずしいツヤとも異なる、“華やかなきらめき肌”に仕上がるタイプが発売されています。

 

まず、日常使いで、きらめき肌を演出したいという人におすすめしたいのが、ジルスチュアートから発売されているリッチなテクスチャーの化粧下地、イルミネイティング セラムプライマーです。

 

こちらは、美容液と化粧下地を兼ねているアイテムで、保湿力と下地効果のいいとこどりで、“リッチなうるおいのなかに、パ―ルやダイヤモンドパウダーがきらめいている”といった仕上がり。

 

ファンデーションの仕上がりをつやめかせるだけでなく、BBやCCをワンランク上のきらめき肌へと格上げしてくれます。

ジルスチュアート イルミネイティング セラムプライマー 30mL
¥3,200/ジルスチュアート ビューティ

 

続いて、セレブのようなきらめきオーラ肌になりたい、という人におすすめなのが、ドゥラメールが発売したザ・ハイドレイティングイルミネーターです。

 

こちらは同ブランドの高級クリーム、クレーム・ドゥ・ラ・メールにも配合されている、海藻などからなる独自の保湿成分、ミラクル ブロスを配合しており、エイジングケア効果を得ながら、きらめきを放てるタイプ。

太陽光をヒントにして作られているため、どんな肌色にもあう、温かみのあるピンク味が特長です。

テクスチャーを指先にとるとかなりパール感があるように思いますが、肌全体に塗り広げると、ピンク味が肌に溶け込むようになじむので、とてもなめらかな光沢が得られるのがポイント。

下地として使いつつ、ファンデーション後にも頬骨や額などに仕込むと、より光に映える肌に仕上がります。

ザ・ハイドレイティング イルミネーター 40mL ¥9,000/ドゥ・ラメール

 

最後にご紹介するのが、きらめきを最大限に放つことができる、ディオールバックステージのフェイス&ボディグロウ001です。

 

こちらは顔料を一切含まない、ゴールドのきらめきを凝縮したフォーミュラで、肌色をくすませることなく、圧倒的に際立たせる効果に優れているハイライター。

 

ファンデーションと混ぜて使うタイプですが、普段使いのリキッドやクリームに少々を混ぜるだけで、グロウ肌にシフトできるほか、単品をファンデーションの上から塗り重ねれば、遠目で見てもわかるほどのグロウな表情を加えることができます。

 

フェイス&ボディグロウとあるように、きらめき感が強いので、デコルテや肩、脚骨の上に使うのもグッド。全身に使えるので、これからのイベントシーズンでゴージャスな映えメイクを作るうえで必須です。


ディオール バックステージ フェイス&ボディ グロウ ¥4,900
/パルファン・クリスチャン・ディオール(11月15日発売)

 

新作“しわ改善コスメ”が、なんと8ブランドから登場!!

2017年1月にポーラの「リンクルショットメディカルセラム」が、厚労省からしわを改善する効果効能で認可を取得してから、資生堂の「エリクシールシュペリエル エンリットド リンクルクリーム」や、コーセーの「ワンバイコーセー ザ・リンクレス」が立て続けに、しわ改善コスメを発表。大きなトレンドを生み出しています。

 

そして、いずれの商品も大きな支持を得ていることから、今年の秋は、さらに多くのブランドがしわ改善コスメに参入。

 

ポーラ・オルビスグループからは、オルビスディセンシアから、カネボウ化粧品からは、KANEBOリサージトワニーデュウの4ブランド、そして、コーセーはルシェリインフィニティの2ブランドから新作が発売される予定で、もはや“しわ改善祭り”のような様相を呈しています。

 

これだけたくさんの新作が出揃うと、どれを選べばいいのか困惑してしまいますが、いずれもしわ改善有効成分は「ナイアシンアミド」で統一されているため、そのほかにどんな成分が入っているのか、浸透テクノロジーはあるのか、といった点で、使いやすい商品を選ぶのが正解です。

 

なかでも、ユニークな商品を3品をピックアップしましょう。

 

ひとつめは、コーセーから発売されるルシェリのリンクルリペアローションです。こちらはその名の通り、美容液やクリームではなく、化粧水にしわ改善有効成分が配合されているのが特長。

 

「美容液はすでに愛用しているコスメがある」、「首もとやデコルテまでたっぷり使いたい」というかたには最適のアイテムです。

また浸透力も工夫されていて、美容成分をイオン化カプセルに内包。化粧水ながら、肌内部にまで、有効成分をしっかりと送り届けられる点が高評価です。

ルシェリ リンクルリペア ローション 医薬部外品 160ml ¥3,500(編集部調べ)
/コーセー(10月16日発売)

 

ふたつめは、オルビスから発売される、リンクルホワイトエッセンスです。こちらはナイアシンアミドで、しわ改善効果だけでなく、美白効果も取得できた美容液です。

 

美白と訴求しているように、しわ改善コスメのなかでは美白効果に秀でており、モニターの連用テスト結果でも、しわ改善よりも美白効果のほうに注目してしまったほど!

 

美容液ながらなめらかなテクスチャーで全顔使用を基本としているので、顔全体の小じわ、色むらを改善できることが特長です。

 

加えて、価格が30g¥4,500と、新作美容液のなかではコスパが優秀。しわ改善美容液は価格が高止まりしているので、価格の面で他ブランドよりリードしていることは魅力です。

リンクルホワイトエッセンス 医薬部外品 ¥4,500
/オルビス(9月21日発売)

 

3つめに紹介するのが、“深いしわに早く効かせる”ことを目指した、KANEBOリンクル リフト セラムです。

 

前述したように、カネボウ化粧品からはしわ改善美容液が4ブランドから発売されますが、その頂点に立つこちらは、ナイアシンアミドはもちろん、ハリに効かせるため、ヒアルロン酸の産生を促進する成分など、9種の保湿成分を追加。

 

さらに、長時間ヴェールで包み込むクリーム処方で、有効成分を閉じ込めつつ、つけた瞬間からもピンとしたハリ感を実現しています。

 

連用試験では、特に“深いしわに効く”効果を確認。カネボウ化粧品のなかでも、“しわ改善美容液の最終兵器”として発売されます。

KANEBO リンクル リフト セラム 医薬部外品 20ml ¥13,500
/カネボウインターナショナルDiv.(10月11日発売)