乾く冬こそ! 美容液成分を配合したボディソープを

湿度が一気に低下する季節になると、「いつもと同じボディケアでは肌がかさついてしまう…」なんて経験はありませんか? たとえ、背中や胸もとは大丈夫という人でも、皮脂腺が少ない腰回りや腕、脚はかさつく場合も多いはず。
そんな時は、お風呂あがりに全身にボディクリームを活用すると同時に、ボディソープも保湿機能を強化しているタイプに切り替えることがおすすめです。

 

たとえば、HACCIから発売されたボディウォッシュ ビーハグは、なんとはちみつを8%以上も配合した贅沢なボディソープ。

 

天然のはちみつがもつ、マイルドピーリング効果&保湿効果を得られるほか、洗浄成分も肌への負担を極力軽減させたアミノ酸系と植物性洗浄成分のバランス処方を採用。

 

さらに、保湿力抜群のアミノ酸、ベタインやトレハロース誘導体で美容液処方に仕上げているため、手で撫でるように洗えば、まるでうるおいヴェールで身体を洗っているような感覚を楽しめます。

 

また、ボディに塗布した後、1~2分置いてクイックパックしたり、バブルバスとして楽しめることも素敵。はちみつのやわらかな香りに包まれて、スパ気分も堪能できます。

HACCI ボディウォッシュ ビーハグ 385mL ¥4,950/HACCI

 

続いて紹介するのが、デリケートゾーンケア ブランド、アイム ラフロリアのボディウォッシュです。

 

こちらのウォッシュはデリケートな肌を洗うために開発されていることから、石油系界面活性剤や合成着色料、パラベンなど、7種成分を不使用。さらに、乳酸菌由来成分や3種のローズエキスなど、美容液成分も配合されていることが特徴です。

 

こちらはデリケートゾーン用に開発されていますが、もちろん全身洗いもOK。むしろ、大人肌であれば、ボディの洗浄成分にも、このくらい上質な内容を選んでもいいもの。冬だけでなく、通年仕様にもおすすめです。

デリケートボディウォッシュ 250mL ¥3,740/アイム ラフロリア

 

3つめに紹介するのが、アトピー性皮膚炎に悩んでいる担当者が開発した、ナチュラルコスモの石けん素地ベースの泡状ボディソープです。

 

こちらは肌の保湿と、悪玉繁殖を抑える機能の2つで、肌のかゆみを抑えるよう設計したボディソープ。

 

肌への洗い残しがない石けんベースと、肌表面の保湿層を守るイヌリンを採用することで、かゆみ予防をかなえました。

 

また、ヒノキチオール配合により、体臭ケアをフォロー。赤ちゃんの沐浴もできるほど、肌負担のない使い心地に仕上げられています。

 

SDGsへの取り組みもぬかりなく、バイオマス由来98%の容器を採用したことで、環境にも配慮していることも特長です。

 

フロアトピース スキン泡ボディフェイスソープ 190mL ¥2,420/ナチュラルコスモ

 

疑似皮膚からレチノールまで…革新的目もとケア!

マスク生活でメイクの主役が唇から“目もと”にシフトした今年、秋のスキンケアも、目もとの悩みにアプローチする新製品が登場しています。

クラランスからは、ブランドを代表するエイジングケア美容液、ダブル セーラムから、“目もと用美容液”、ダブル セーラム アイがお目見え!

従来の美容液のエイジングケア効果が高いため、目もとにもたっぷり使っているというユーザーが多く、その声に応えるべく、目もとに特化した新作を開発しました。

ポイントは、目もとのために13種の植物成分を配合したこと。そして、油溶性、水溶性の2相式ボトルにすることで、フレッシュな状態で肌に効かせるような処方に工夫したことです。

パワフルな成分を新鮮な状態で届けることにこだわったことから、テスト使用した女性の約90%が「目疲れのサインが減った」と答えるほど、アンチエイジ力を発揮します。

ダブル セーラム アイ 20mL ¥9,900/クラランス(9月3日発売)

 

カバーマークからは、レチノールを配合した目もと用美容液、モイスチュア リッチ リンクル クリームが発売。

しわに働きかける美容成分、レチノールに、肌の土台をボトムアップさせる特許成分、クスノハガシワエキスをドッキング

成分そのものがストレートに効くだけでなく、その成分を肌との親和性に優れたカプセル(リポソーム)に入れたことで、肌の奥まで美容成分が到達することを可能に!

約2週間で目もとのしわ、総数が減るという目に見える効果を確認できます。

しかも、塗った途端にストレッチフィルムを形成するため、ベースメイクの入り込みやメイク崩れも防ぐ効果を得られるのも魅力です。

 

モイスチュア リッチ リンクル クリーム 20g ¥5,800/カバーマーク(9月17日発売)

 

“次世代型の目もとケア”を発表したのが、シセイドウ。資生堂が2018年に取得した米国ベンチャー企業の“セカンドスキン技術”を応用した新作、ビオパフォーマンス セカンドスキンを発表しまいた。

こちらは商品名通り、“疑似皮膚”といえる被膜で、目もとの下をカバーすることで、下まぶた特有のたるみやくすみを一層してしまうという画期的な商品。

その使用ステップももはや特殊メイクのようで、まずは下まぶた全体に美容液を塗ることで凹凸をなくした後、別の美容液でその状態を固定。しっかりと乾かすことで、疑似皮膚が完成するという仕上がりです。

これまで“疑似皮膚をつくる”といった触れ込みのファンデーションなどもありましたが、こちらは米国の特許技術を応用したこともあり、これまでにない“生肌感”があることが斬新。

その高い技術力のため、それなりの価格はしますが、その驚きの見た目は一見の価値アリです。

 

シセイドウ ビオパフォーマンス セカンドスキン 約75回~115回分(目袋の大きさにより異なる)¥32,000
/シセイドウ(10月1日発売) *約4回分¥3,500のトライアルセットもあり

 

この夏の“クレイ洗顔”が凄い!

初夏は洗顔アイテムの新作が相次いで登場するシーズン! なかでも、今年、ぜひ注目してほしいのが“クレイ洗顔”です。

 

クレイ=泥のことで、モロッコ粘土のガスールや、白色で粒子の細かいカオリンなどを用いたクレイパック(クレイパック)が代表格ですが、今年はそんなクレイに最新のテクノロジーを加えたり、ユニークな処方を取り入れることで、新しい肌効果を生み出した、次世代型のクレイ洗顔料が発売されます。

 

その筆頭格が、ポーラから発売されるB.A ディープクリアライザーです。

 

こちらのアイテムでは、クレイを肌のごわつきの原因となる、“糖化のある角層”にアプローチする成分として採用。

 

クレイが肌のごわつきをほぐしてやわらげることで、糖化のある角層を吸着して洗浄。さらにうるおいも浸透させていく、という最新のテクノロジーとして応用されています。

 

しかも、クレイ含有マスクながら、テクスチャーがとてもなめらかで、ジェルクリームのようなことにも驚き! クレイを最新の技術を用いて、スター成分に仕上げた力作です。

B.A ディープクリアライザー 120g ¥13,200
/ポーラ(7月1日発売)

 

続いて紹介するのは、韓国ブランド、ファミュから発売される、ソフトクレイ ベルベットマスクです。

 

こちらはディープクレンジングを目的としたクレイマスクですが、単にクレイを配合したアイテムにあらず。

 

保湿成分のグリセリンや繊細な空気を含ませるような処方を採用したことで、ふんわりとしたシフォンのような肌あたりや、洗いあがりのしっとり感を実現。従来のクレイ洗顔にありがちな硬さがなく、やわらかなテクスチャーを叶えています。

 

このようなテクスチャーのやわらかさや空気感へのこだわりは、ファミュならではの魅力。韓国コスメとしてクレイ洗顔へのアンサーといえるアイテムです。

 

ソフトクレイ ベルベッドマスク 50g ¥4,620/ファミュ

 

 

3つ目に紹介するのは、DEWから発売される、3分間集中マスク洗顔料のクリアクレイフォンデュです。

 

こちらはクレイ状マスクの洗浄効果と、クリーム状マスクの保湿効果を両立させたことが特長。

 

加えて、マッサージすることで崩れていくスクラブを配合したことで、クレイの吸着力のみならず、物理的にも肌の凹凸を整えてくれます。

 

また、スクワランやアボガド油などの美容オイルも配合。使うたびにワントーン明るくなることを目指して開発されたマスク洗顔料です。

 

価格が90gで3080円と、デイリーに使いやすいこともポイントです。

 

DEW クリアクレイフォンデュ 90g ¥3,080(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(6月16日発売)

 

 

 

 

2021美白は、“万能すぎる日やけ止め”に注目!

今年も美白コスメのシーズンが到来しました。去年は「日やけ止めの高機能化が止まらない」という記事を執筆しましたが、その傾向は今年も踏襲。高機能はもちろん、もはやオールラウンダーな万能選手として進化しています。

そんな新作のなかでも、ぜひ購入したい3ブランドをピックアップしました。

 

まずは、毎年、チャレンジングな美白を発表しているポーラのホワイトショットから。今年もパワーアップした美白美容液が登場していますが、今年は美白日やけ止めであるホワイトショット スキンプロテクター DXにぜひ注目を。

 

こちらは国内最高基準の日やけ止め効果はもちろん、それでもなお、「日やけしてしまう」という声から、日やけ状態を誘発するタンパク質を特定。そのタンパク質にアプローチすることで、紫外線による日やけのほか、近赤外線やブルーライトなど、さまざまな“やけ要素”から肌を防御することを実現

 

さらに、表情の動きにも追従するシールド膜とのあわせ技で、大気汚染も含めた外部刺激からも肌を守る技術を搭載しています。

 

しかも、美白・保湿成分も10を超えるスター成分を搭載。ポーラ最強の日やけ止めと言える猛者が誕生しています。

 


ホワイトショット スキンプロテクター DX 医薬部外品 SPF50+・PA++++
45g \6,000/ポーラ *4月22日発売

 

続いて紹介するのは、シスレーの美白シリーズ、フィトブランの日中用美容液です。

こちらは色ムラを4色に識別。黄色を糖化、茶色を色素沈着やしみ、赤色を炎症、灰色をくすみとして、それぞれに対応する有用成分を配合しています。こうして分けてみると、なるほど納得。とても知的でわかりやすいアプローチです。

 

加えて、素晴らしいのが塗った途端にわかる、瞬時の美白効果。肌のうえにミルキーなホワイトヴェールを纏ったような仕上がりは衝撃的。“育ちがよさそうな印象”を与えられるような透明美肌へと整えてくれます。

 

ほかの日やけ止めより少し値は張りますが、その価値がある1品です。

 

フィトブラン ル ソワン SPF50+/PA+++ 40ml
\30,000/シスレー *2月1日発売

 

最後にご紹介するのは、ルシェリから発売される日中用乳液、リンクルホワイト UVエマルジョンです。

 

こちらが凄いのは、国内最高値の日やけ止め機能や美白有効成分の搭載に加え、しわ改善の効果も叶えているということ。さらに、化粧下地としても使える点でも優秀です。

そもそもルシェリは高保湿エイジングケアブランドで、しかも量販店・ドラッグストアを中心に発売されているブランド。なので、これだけの機能を搭載しながら、価格は\3000ほどという優れたコスパを発揮しているのです。

 

美白も保湿も化粧下地も兼ね備えているので、家でごろごろしたい日は、洗顔後にコレ1本でもOKと言えるアイテム。テレワークの日にも活躍してくれること確実です。

 

ルシェリ リンクルホワイト UVエマルジョン 医薬部外品
SPF50+・PA++++ 35g \3,100(編集部調べ)/コーセー