新作“しわ改善コスメ”が、なんと8ブランドから登場!!

2017年1月にポーラの「リンクルショットメディカルセラム」が、厚労省からしわを改善する効果効能で認可を取得してから、資生堂の「エリクシールシュペリエル エンリットド リンクルクリーム」や、コーセーの「ワンバイコーセー ザ・リンクレス」が立て続けに、しわ改善コスメを発表。大きなトレンドを生み出しています。

 

そして、いずれの商品も大きな支持を得ていることから、今年の秋は、さらに多くのブランドがしわ改善コスメに参入。

 

ポーラ・オルビスグループからは、オルビスディセンシアから、カネボウ化粧品からは、KANEBOリサージトワニーデュウの4ブランド、そして、コーセーはルシェリインフィニティの2ブランドから新作が発売される予定で、もはや“しわ改善祭り”のような様相を呈しています。

 

これだけたくさんの新作が出揃うと、どれを選べばいいのか困惑してしまいますが、いずれもしわ改善有効成分は「ナイアシンアミド」で統一されているため、そのほかにどんな成分が入っているのか、浸透テクノロジーはあるのか、といった点で、使いやすい商品を選ぶのが正解です。

 

なかでも、ユニークな商品を3品をピックアップしましょう。

 

ひとつめは、コーセーから発売されるルシェリのリンクルリペアローションです。こちらはその名の通り、美容液やクリームではなく、化粧水にしわ改善有効成分が配合されているのが特長。

 

「美容液はすでに愛用しているコスメがある」、「首もとやデコルテまでたっぷり使いたい」というかたには最適のアイテムです。

また浸透力も工夫されていて、美容成分をイオン化カプセルに内包。化粧水ながら、肌内部にまで、有効成分をしっかりと送り届けられる点が高評価です。

ルシェリ リンクルリペア ローション 医薬部外品 160ml ¥3,500(編集部調べ)
/コーセー(10月16日発売)

 

ふたつめは、オルビスから発売される、リンクルホワイトエッセンスです。こちらはナイアシンアミドで、しわ改善効果だけでなく、美白効果も取得できた美容液です。

 

美白と訴求しているように、しわ改善コスメのなかでは美白効果に秀でており、モニターの連用テスト結果でも、しわ改善よりも美白効果のほうに注目してしまったほど!

 

美容液ながらなめらかなテクスチャーで全顔使用を基本としているので、顔全体の小じわ、色むらを改善できることが特長です。

 

加えて、価格が30g¥4,500と、新作美容液のなかではコスパが優秀。しわ改善美容液は価格が高止まりしているので、価格の面で他ブランドよりリードしていることは魅力です。

リンクルホワイトエッセンス 医薬部外品 ¥4,500
/オルビス(9月21日発売)

 

3つめに紹介するのが、“深いしわに早く効かせる”ことを目指した、KANEBOリンクル リフト セラムです。

 

前述したように、カネボウ化粧品からはしわ改善美容液が4ブランドから発売されますが、その頂点に立つこちらは、ナイアシンアミドはもちろん、ハリに効かせるため、ヒアルロン酸の産生を促進する成分など、9種の保湿成分を追加。

 

さらに、長時間ヴェールで包み込むクリーム処方で、有効成分を閉じ込めつつ、つけた瞬間からもピンとしたハリ感を実現しています。

 

連用試験では、特に“深いしわに効く”効果を確認。カネボウ化粧品のなかでも、“しわ改善美容液の最終兵器”として発売されます。

KANEBO リンクル リフト セラム 医薬部外品 20ml ¥13,500
/カネボウインターナショナルDiv.(10月11日発売)

 

リップ60色! ファンデ24色! 令和はメイクの色数が凄い!

これまで国内ブランドのベース&カラーメイクは他国に比べてカラーバリエーションが少ないことが定例でした。リップなら10色、ファンデーションなら4,5色あれば多いほうであったかもしれません。なぜなら、日本人=黄み肌というのが常識だったからです。

 

ただ、SNSなどインスタ映えにより、メイクバリエーションが広がったことや、ハーフ、ミックスなどマルチレイシャルな人たちが増えていること、さらに言えば、日本在住の外国人も多くなっていることから、外資ブランドが日本発売分のカラーレンジを広げたり、国内ブランドもベースメイクのカラーを増やしたり、と気がつけば、ここ数年でカラーの選択肢がグンと増えました

 

すでにアイシャドーではアディクションなど、複数のブランドが100色近いバリエーションを出して話題を呼びましたが、その傾向はリップにも飛び火。数十色の新色を揃えるブランドも登場しています。

 

そんなトレンドのなか、なんと全60色! という圧倒的なリップのカラーバリエーションを発表したのがNARSです。

 

こちらはブランド創設25周年を記念して発売するコレクションで、シアー、サテン、マットの3種の質感カテゴリー・全60色に及ぶカラーがそろい踏み。

当初、リップはアイシャドーと異なり、カラフルな色が少ないため、60色の差別化は難しいのでは? と思っていましたが、実際のカラーを見てみると、カラーも仕上がりもかなり差があり、さすがの仕上がり。ファッションにあわせて、複数色を買い占めたくなるようなバリエーションに仕上がっています。

 

ナーズ リップスティック 各\3,300/ナーズ ジャパン(9月20日発売)

 

続いて、この春、ファンデーションで24色を発売したシュウ ウエムラが、それに併用するコンシーラーとして発売するのが、全13色からなるアンリミテッド コンシーラーです。

 

ファンデーションは、アジア人の肌色だけを科学的にマッピングして、24色を揃えたという、アジア人のためのシェード展開でしたが、今回の新作コンシーラーの13色も同様のコンセプト。

 

茶ぐまから青ぐまはもちろん、男性の青ひげも隠せてしまうほど豊富なカラーが揃っています。

また、同時発売のクッションファンデーションも、クッションとしてはカラーバリエーションのある8色展開。クッションは2~3色展開のブランドも多いなか、これだけあれば「色があわない」というストレスは解消しそうです。

 

アンリミテッド コンシーラー 全13色 各\3,400/シュウ ウエムラ(8月21日発売)

アンリミテッド ラスティング クッション 全8色 各\6,000
/シュウ ウエムラ(8月21日発売)

 

国内ブランドも負けていません。SHISEIDOは、過去最高のカラーバリエーションとなる全12色からなる新作リキッドファンデーションを発表。

世界では30色展開となるので、本当ならば全30色を発売してほしいところですが、SHISEIDOは店舗数も多いこともあり、国内で12色揃うだけでも快挙でしょう。

こちらに汗・皮脂・表情と動きに強いテクノロジーを搭載していて、24時間フレッシュな状態でいられるという持続力を実現しています。

SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシイング ファンデーション SPF35・PA++++
全12色 30mL 各\6,000/資生堂インターナショナル(9月1日発売)

 

今後も“色数でも勝負”というブランドが多くなることは必須。これだけ色数が増えれば、男性のメイクアップ熱も必然的に高まる予感。“百貨店のカウンターにファンデーションをカップルで買いに行く”…という令和的なシチュエーションも増えそうです。

 

初夏を彩る! 新作ローズコスメ

初夏のバラの開花がひと段落するタイミングで、発売されるのがローズコスメ。今年も、香りも見た目も華やかな新作がお目見えします。
そのトップバッターとなるのが、ギリシャ発のコレス ナチュラル プロダクト

こちらのブランドには、ギリシャに古来から伝わる、植物を用いた民間療法を、最新の科学技術を用いて、今風のスキンケアへと昇華させた商品がそろい踏み。
なかでも、7月3日に発売されるワイルドローズシリーズは、主に野生のローズ(カニナバラ)から抽出した“ワイルドローズオイル&エキス”を配合したもの。


さらに、このワイルドローズオイルやエキスの肌効果を高めるために、最も相性が優れていた成分、油溶性ビタミンCを採用して、美肌力を格段に向上させています。

 

新作のなかでも、化粧水前に使う導入美容液、バイフェーズ オイルがスター商品。ワイルドローズオイルとビタミンCのWの美肌効果で、肌のやわらかさや透明感を引き出してくれます。

ワイルドローズ バイフェーズ オイル 30mL ¥6,500
/フィッツコーポレーション(7月3日発売)

 

続いて7月5日にジバンシイから発売されるのは、ローズをフィーチャーしたオーデトワレ、オーデ ジバンシイ ロゼ オーデトワレです。

 

調香を担当したのは、ジバンシイはもちろん、ディオールでも数多くの名香を手掛けてきた、フランソワ・ドマシー。

 

フローラルを巧みに操る彼の手により、ロゼというタイトルながら、繊細なローズだけでなく、ジャスミンやヒヤシンス、マンダリンやきんもくせいが顔を出す、フレッシュで華やかなノートを創造。

 

朝霧とともに花々が香りを放つような、そんな初夏にぴったりの涼感溢れるフローラルに仕上がっています。

オーデ ジバンシイ ロゼ オーデトワレ 100mL ¥10,000
/パルファム ジバンシイ(7月5日発売)

 

続いて、8月1日に発売されるのが、ジュリークが開発した、ローズのオリジナル新品種「ジュリーク」を配合したローズコレクションです。

 

このジュリークローズは、オーストラリアで、ローズブリーダーとの共同開発で生まれたもの。モダンローズとオールドローズを組み合わせることで、甘い香りと高いスキンケア効果をもつ新品種を誕生させました。

 

特に、スキンケア効果では、肌のバリア機能にまでアプローチ。深呼吸したくなるような、朝摘みのローズの香りに包まれながら、濃密なうるおい力を育んでくれます。

 

新作のなかでおすすめしたいのは、ローズ クリーム。とろけるようなクリームが肌に伸び広がると同時に、ローズの香りが鼻をくすぐり…ハリ感と同時に、つるんとした光沢感も出してくれる逸品です。

ジュリークローズ コレクション ローズ クリーム 50mL ¥5,500
/ジュリーク(8月1日発売)

 

 

 

 

令和の猛暑は、“大人の涼感コスメ”で乗り切る!

全国的に5月下旬から、真夏日の第一波が到来! 西日本を中心に、すでに30度を超える場所もあるそうですが、そんな酷暑やじめじめした梅雨時期を乗り切るために使いたいのが涼感コスメ

 

清々しい香りや、肌に涼感を与えることで、気分や肌を快適な状態に整えてくれるアイテムです。

ただ、アラサー以上となると、単に“冷たい清涼感”や、“メンソールのような刺激感”には抵抗があるという人も少なくありません。
そこで今回は、大人肌にも最適な涼感コスメをピックアップ。強い刺激や涼感ではなく、上質な爽やかさで肌や心をリフレッシュする新作を紹介します。

 

まずはじめに取り上げるのが、“香りの殿堂”、ゲランから天然素材をフィーチャーして発売されているシリーズ、アクア アレゴリアから発売されるシャワージェルとボディローションです。

 

香りはフレッシュなシトラスのなかに、ビターな香りが感じられる南イタリア・カラブリア地方のベルガモット。ただ、快活なだけではなく、みずみずしく静かな清涼感で満たされます。

 

加えて、パッケージが美しいことも特長。ガラスのような見た目ながら、実はプラスチック製のボトル。バスルームで安心して使えることも魅力です。

 

アクア アレゴリア シャワージェル ベルガモット 200mL ¥6,500、
同ボディ―ローション ベルガモット 200mL ¥7,500/ゲラン(6月1日発売)

 

続いて紹介するのが、フローラノーティス ジルスチュアートのフレグランスミストです。

フローラルグリーン、ホワイトローズ、センシュアルジャスミン、フレッシュピオニーと4種の香りが用意され、外出前やアフターバス、またはアフター6のイベント前に髪やボディに、涼感とともに心地よい香りを纏うことができます。

 

湿度が高く、じめじめする季節はにおいが気になるので、こうしたフレグランスミストは外出先でも重宝。

こちらは75mLと携帯サイズなので、バッグに入れて持ち運べるのもポイント。焼肉や鉄板焼きなど煙が多い席に行く時にも活躍してくれます。限定品なので、早めに入手して!

フローラノーティス ジルスチュアート オールオーバースプレー 全4種 各61g ¥2,800
/フローラノーティス ジルスチュアート(7月5日限定発売)

 

 

3つめにご紹介するのが、イグニスの“洗い流すタイプのボディクリーム”です。

一瞬、どんなアイテム? と不思議に思うかもしれませんが、こちらは浴室を出る前に濡れた身体に塗り広げることで、美容成分が水分を抱えて浸透。それを洗い流すことで、肌にうるおいのヴェールが形成されるという保湿アイテムです。
この時期は暑さに対応したボディジェルやボディミルクが発売されますが、「暑すぎて、それすらつけたくない…」という人も、洗い流すタイプの保湿ケアなら、後肌がさっぱりするので使いやすいはず!
しかも、うるおいとともに、ラベンダーの香りが肌を包むので、リラックス効果も得られます。
おすすめはクリームを塗り広げた後、冷水で引き締めること。すると、保湿感を維持しながら涼感もフォロー。さっぱりとしたうるおい肌に整います。

イグニス ラヴェリッシュ ボディコンディショナー 200g ¥2,200
/イグニス(6月17日発売)