“高保湿ボディケア”で、夏の乾燥を阻止!~前編

これからの季節はノースリーブを着たり、サンダルを履いたりと、一年を通じて、肌をもっとも露出するシーズン。

紫外線、汗、ほこりなど、さまざまな環境ダメージを直に受けてしまうため、夏こそボディケアに手を抜かないことが大切です。

ただ、ボディクリームはべたつくから夏場は苦手…という方も多いはず。そこで、今回は、いまの季節に使いやすく、しかも高い保湿力をもつボディケアを6品ご紹介しましょう。

まずは、クラランスとローズ ド マラケシュのボディオイル。「夏にオイルなんて、保湿クリームよりべたつくのでは?」と思う人が多いかもしれません。でも、それは“つけ方”次第。ポイントはシャワーを浴びた後、身体が濡れた状態で、全身をマッサージするように塗りのばすこと。

すると、湿った肌がオイルのなじみを促すため、べたついた仕上がりにはなりません。その後にタオルで軽く身体を拭けば、ふっくらとした艶肌が実現します。

クラランスのボディオイルは3種類ありますが、おすすめは肌のハリを高めてくれる“トニック”。マッサージをするように塗布した後、そのままタオルドライする方法のほか、冷水シャワーで軽く洗い流すと、肌全体が引き締まります。

ボディオイル”トニック” 100ml 7,350円/クラランス

ローズ ド マラケシュのローズオイルは、希少な美容オイルとして知られるアルガンオイルを95%も配合したリッチなオイル。数%配合しただけで“アルガンオイル配合”とPRできることを考えると、95%という数字は驚異的。もちろんフェイスオイルとしても使えるので、全身を1本でケアしたいという方には最適。ふくよかなダマスクローズの香りにも癒されます。


ローズ ド マラケシュ ローズオイル 120ml 8,925円/ジェイ・シー・ビー・ジャポン