紫外線も環境汚染もブロックする”高機能日やけ止め” 前編

肌が老けて見える最大の原因は“光老化”、つまり紫外線によるダメージです。

たとえばサーフィンやダイビングが趣味んの場合、顔に大量の紫外線を浴びるためにしわ・しみがあらわれやすくなります。でも、ウエットスーツを着用している身体には顔と比較して、明らかにしみ・しわが少なかったり、運動効果からむしろ艶のある健康的な肌であることがほとんど。

つまり、紫外線はそれほど肌に悪影響を及ぼすため、日中のスキンケアは保湿だけでなく、紫外線を防ぐ対策も重要になるのです。

そこで活躍するのが美容効果の高い日やけ止め。最新のアイテムは、紫外線をブロックするだけでなく、排気ガス等の汚れからも肌をガードしたり、抗酸化や抗糖化など、肌の奥に働きかけるタイプが登場しています。今回紹介するのは、そんな複数の美肌効果を備えた“高機能な日やけ止め”をご紹介します。

まず、紫外線だけでなく環境汚染から肌を保護することを目指したのが、クリニーク。ドイツの公的機関との研究により、大気汚染物質と皮膚老化の関連性を実証し、シミの原因が紫外線だけでなく、環境汚染にあることも特定しました。その成果が生かされた日やけ止めでは、排気ガスや自然界由来の浮遊粒子物質のほか、ダイオキシン類の化学物質等も肌に付着しないポリマー複合体を配合。多層構造のフィルターにより、肌を守り抜きます。


 
   薬用美白成分も配合。ダーマ ホワイト シティ ブロック ポリュテクション40 SPF40・PA+++ 30g 5,460円
医薬部外品/クリニーク ラボラトリーズ

 


また、ランコムはシミの原因となる“紫外線A波”への高い防御効果を実現。紫外線フィルターを2つ採用することで、「絶対に日やけしない」という鉄壁の守りをかなえています。
 

 全世界で1000万個以上を売り上げている。
UV エクスペール GNシールド 50 BB SPF50・
PA+++
30ml 5,460円/ランコム

 

一方、肌を美しく見せたり、肌内部の働きかけにこだわったのが、ラ・プレリーシャンテカイユの2品。

ラ・プレリーは微粒子状にしたゴールドや光反射ピグメントを配合することで、肌を艶めかせる秀作。肌内部に美肌成分を届けるだけでなく、塗った瞬間に見た目印象を輝かせるメイクアップ効果も実現しています。


ゴールドの輝きを肌に与える贅沢なシリーズ。
化粧水の後は、この1本でいきいきとした肌に。
ラディアンス エマルジョンSPF30・PA++ 50ml 54,075円/ラ・プレリー(6月1日発売)

 
シャンテカイユは、抗酸化成分に加えて、肌のたるみやくすみの原因になる糖化へ働きかける最新の有効成分を配合。紫外線をカットしながら、抗糖化ケアもできるハイエンドな日やけ止めです。また、水の代わりに天然ローズウォーターをベースにしていることで、バラの香りを楽しめるのも魅力です。

植物素材と最新テクノロジーを融合するN.Y.発のブランド。
シャンテカイユ アンチグリケーション・プライマー 
SPF50・PA+++ 50g 8,400円
/エクスペール・ボーテ(6月8日全国発売)