発表! シャネル・ルージュ ココの人気色TOP5

3月26日に発売されて以来、大きな反響を呼んでいるシャネルの新しい口紅、ルージュ ココ


©CHANEL

 

メイクアップ全体のトレンドを考えると、アイメイクのジャンルでは、つけまつげやパレットシャドーなどは話題にのぼりましたが、「口紅がヒットしている」とは久しぶりのニュースです。というのも、ここ数年でリップメイクの主役は、口紅からリップグロスへとシフトした傾向があったからでした。

口紅と違って輪郭をとる必要がなく、チップを唇にのせれば簡単に色づき、しかもグラマラスな印象に仕上げられる…。

そんなテクニック要らずで美唇に仕上がるリップグロスが人気を獲得し、しかも最近は、よりお手軽な“色つきリップクリーム”のようなアイテムも登場。

リップメイクのトレンドは“軽め・薄め”路線を維持するかのように思えたからです。

そんなタイミングで、なぜシャネルの口紅・ルージュ ココはヒットしたのでしょうか? シャネルPRの衣川さんは「ヴァネッサ・パラディのリップメイクや、明るく楽しそうな雰囲気に触発されて、店頭にお越しくださるお客様が多いようです」と話します。 


©Jean-Baptiste Mondino


©CHANEL

しかも「人気No.1は広告使用色ではなく、少し青みがあり、より華やかなピュアローズであるレジェンド。さまざまなカラーを店頭でお試しいただいて、その上で全30色の豊富なカラーバリエーションのなかから、最も似合う色を選ばれているようです」とコメント。

こちらが人気No.1のカラー、レジェンド。©CHANEL

いままでリップグロスしか使ったことがない女性もTVCMなどに刺激されて、口紅を“新鮮なアイテム”として再認識。そして実際に店頭を訪れていることがうかがえますね。

 

今回、美肌百貨ではそんなルージュ ココのなかから、発売1ヶ月の期間で店頭で販売されたカラーをランキングにして発表。そのTOP5をお伝えします!

No.1 #11 レジェンド ピーターが創ったピュアローズ! 色白肌を引き立てる青みピンク。

No.2 #15 リュバン ローズ あまりの人気に早くも追加オーダー確定のベージュピンク。

No.3 #05 マドモアゼル CMのヴァネッサ・パラディ使用色がやはりランクイン。

No.4 #20 ローズ コメット イノセントなベビーピンク。20代の若い世代を中心にブレイク。

No.5 #20 カシミール シャネルの“モードなベージュ”。アイメイクを強調したい時に最適。

 

数年前、大学生を取材した時、「口紅はもっていないし使ったことがない」と言われ、かなり驚きましたが、そんな若い世代から、口紅全盛の時代を過ごしたアラ50まで、幅広い世代にインパクトを与えたルージュ ココ

リップメイクをする時のときめきや女子心を、シャネルが改めて教えてくれたようです。

ルージュ ココ全30色 各3,780円/シャネル