ワンベースメイクで、キメ肌をつくる!

自宅でのリモートワークと、外出時のマスク着用がすっかり定着したいま。ベースメイクも“軽め・薄め”な方向へとシフトしています。

 

リモートワーク時と外出時でベースメイクを使い分けている人も多いと思いますが、今後は「午前中は自宅でオンラインミーティング→午後から外出して打ち合わせ」といった状況も多くなるはず。

 

そんなシーンで活用できるのが、リモートワークと外出時のどちらにも対応できる、使い勝手に優れたベースメイクアイテムです。

 

この春に登場したディオールのパウダーと、ローラメルシエのペン型コンシーラーが、まさにそんな“屋内外両用”のベースメイクとしてぴったりなので紹介します。

 

まずは、ディオールのバックステージシリーズから登場したフェイス&ボディ パウダーです。ディオールは、先月紹介したクッションパウダーをはじめ、“新しい生活様式”に対応したitなメイクアイテムを矢継ぎ早に発表していますが、今回のパウダーも、まさに“屋内外両用”のメイクシーンにぴったりな一品。

 

こちらは粉感をまったく感じさせないことが特長で、肌の透明感を高めながら、見えないヴェールで肌を包み込むような仕上がりを実現しています。

 

その画期的な仕上がりの理由は2つ。ひとつは、色材のピグメントを透明ジェルベースで包み込むことで粉感や発色を抑えていること。加えて、タルクやマイカなど鉱物を一切含んでいないフォーミュラであることです。

 

この2つの技術を組み合わせたことで、粉っぽさがなく、驚くほど軽い仕上がりがかなえられているのです。

 

そもそも、このパウダーはファッションショーのバックステージで、モデルの肌づくりを秒の速さで施せるように開発されたもの。ささっと塗っても、必要十分なきれいな肌に整えられることも魅力になります。

 

自宅にいるときはパウダーを軽くつけて、その後に外出するときは、さらにブラシでパウダーを重ねづけすれば、きちん感のある肌に仕上がりますよ。

 

ディオール バックステージ フェイス&ボディ パウダー 全4色 ¥5,610
/パルファン・クリスチャン・ディオール

 

 

続いて、紹介するのはローラメルシエのペン型コンシーラー、シークレット カモフラージュ ブライト アンド コレクト デュオです。

 

こちらは商品名にある通り、ブランドを象徴するコンシーラー、シークレットカモフラージュをペン型に進化させたもの。

 

しかも、パレット型と同様に、目もとのくすみやくまを明るくすることに特化した“ブライト”と、シミやニキビ跡などのトラブルをカバーする“コレクト”の2つのフォーミュラを内蔵している点が尊い!

 

つまり、これ1本で肌のアラがきれいにカバーできるため、気になる肌悩みだけを修正すればよく、オンラインメイクやマスクメイクにはぴったりなアイテムになるわけです。

 

しかも、ペン型なので、スティック型にありがちな厚塗り感や、もっさりとしたテクスチャーは皆無。するすると肌になじみながら、気にな部分をスマートに覆い隠してくれます。

 

こちらも、“リモートワークからの→マスクを着用した外出”は、この1本でフォローできますが、外出時のメイクよれの心配があるなら、塗布した部分にフェイスパウダーをポンポンと重ねれば、さらに安心です。

ローラ メルシエ シークレット カモフラージュ ブライト アンド コレクト デュオ
全12色 ¥4,070/ローラ メルシエ ジャパン