オンライン会議で大活躍! “スティックメイク”

テレワークが定着しつつある現在。オンラインミーティングを行う時も、ウエブカメラの後方にリングライトを配して、顔をきれいに、明るく見せる人が増えてきました。“オンライン映え”するべく、カメラ映りを気にすることが多くなったからでしょう。

 

ただ、カメラの精度やライトの配置によっては、ライティングをしても骨格の影が強くなったり、くすみやくまが目立ってしまう…という悩みもよく耳にします。そこで、光を味方にするべく、ぜひ活用してほしいアイテムがあります。それが“スティックメイク”です。

 

スティックメイクは、スティックタイプのファンデーションやハイライトなどが代表格で、これらを常備していれば、オンラインミーティング直前に「顔色が悪い!」、「顔が暗い…」と思っても、影の部分にささっと塗るだけで、ハイライトを入れられるのでとても便利。パソコン回りに何種類か常備しておけば、いざというときも慌てる必要がなくなります。

 

アンプリチュードから、9月に発売されるスティックファンデーションは、肌の上にひと塗りした後、スポンジや指で軽くなじませるだけで、パウダーファンデーションを塗布したようなセミマット肌に仕上がるという秀作!

これまでスティックタイプのファンデーションといえば、クリームタイプが一般的で、塗ったあとにべたつきがあったり、つやが出すぎることがありましたが、こちらはパウダーファンデーションの仕上がりを目指して開発されただけあり、後肌がさらさらなのが特長。

欠点を隠しながらも、厚ぼったさや粉っぽさがなく、フレッシュな美肌が完成します。全9色も用意されているのも嬉しいポイント。自分の肌にマッチする色が見つかるでしょう。

 

アンプリチュード コンプリートフィット パウダースティックファンデーション
全9色 SPF25・PA++ 各\7,600/アンプリチュード(9月16日発売)

 

 

続いて紹介するのが、アディクションから発売される新作、ザ グロウ スティックです。こちらは肌にナチュラルなつやや輝きを与えるハイライター。

超微細パールを配合したタイプ3種類と、みずみずしいつやをのせるグロウタイプ1種が用意されており、パールタイプは輝きや凹凸感を演出。一方のグロウタイプはモイスチャーバームのような、みずみずしいつや感を与えることができます。

それぞれ目もとや頬はもちろん、パールタイプはアイシャドーベースやデコルテにも使え、バームタイプは口もとの保湿にも使えるので使い勝手優秀。凹凸を見せたい、という人ならパールタイプを、自宅での乾燥が気になるという人ならバームタイプを常備しておくのがおすすめです。

 

ザ グロウ スティック 全4種 各\3,800
/アディクション(10月2日発売)

 

3つめにご紹介したいのが、シャネルから発売されている秋冬メイクの新色、ボーム エサンシルのロゼです。

ボーム エサンシルはシルクの光沢とパール感を兼ね備えた、スティック型のフェイスカラー。この秋冬に新色として登場したロゼはパール感のあるフレッシュなピンクで、オンラインミーティング直前に「あれ? 血色が足りないかも!?」と思った時に、ささっと頬に伸ばすだけで、バラ色の頬ができるアイテム

また、透明感のあるピンクなので、上まぶたや下まぶたに重ねれば、血色感がプラス。より活力のある表情を演出できます。おすすめは、頬にのせて指やブラシでぼかしたら、まぶたと鼻の下にも色を加えること。すると、いきいきとした印象がアップ。オンラインメイクをよりアップグレードできます。

ボーム エサンシエル ロゼ \5,500/シャネル ©CHANEL