継続できそうな緑色ジュース「ベジパワープラス」

青汁やケールなど、緑色系ジュースに挑戦してみては、飲み続けられなかった…。そんな経験はありませんか? かくいう私も緑色野菜独特の苦みや、後味の渋さがどうしても苦手で、いつのまにか飲まなくなっていました。

が! 今回は継続できそうなサンプルが送られてきたのでご紹介します。アメリカ発のサラダパウダー「ベジパワープラス」です。

 

 

 

こちらは米国オーガニック協会から認定された緑黄食物を中心に、海藻2種類を含む16種類の原材料をパウダー化した、スティック型アイテム。

 

不思議だったのは、青汁に使われる大麦若葉等も配合されているものの、風味や後味が“ほぼ無味無臭”なこと! 水に溶いたベジパワープラスを見て、「苦そう~」と覚悟したものの、意外なほどの無味に感動

これなら、ハチミツを溶かして甘みを加えたり、レモン汁を入れて酸味を足すなど、自分なりのアレンジを加えられそうです。

 

 

 

しかも1箱60包入で9,240円なので、朝食毎に飲んだとしても、1ヶ月およそ5000円弱。緑色ジュースをつくる手間を考えれば、コスパも優秀です。

ベジパワープラス 60包9,240円/アビオス

最終のパウダー加工は日本にて実施し、厚生労働省の残留農薬検査をパス。スティック型なので、旅行や出張時などに携帯するのにも便利。http://www.vege-power.com/