山本侑貴子さんがコーディネートした新米菓子店!

以前、ご紹介した食空間プロデューサーの山本侑希子さんが、食の提案やコーディネートを担当した新米菓子ブランド「十火(JUKKA)」の旗艦店が、東京・南青山にオープン! その内覧会に伺ってきました。 

 

十火(JUKKA)」は、大阪の池田市に本社をかまえる会社「とよす」のお菓子ブランド。池田は水が美味しいことで知られる土地で、「とよす」は100年以上に亘って、あられ・おかきを作り続けています。 

「十火」は、そんな日本古来の米菓子を“新たな食”として提案するべく設立されたブランド。会場では、山本さんにより“シャンパンと十火のテーブルコーディネート”が披露され、スタイリッシュな世界観が表現されていました。 

 

さまざまな種類がある斬新な“おかき”のなかでも、注目したのがイチゴと和三盆の風味からなる「maro」。ヒメノモチを丁寧に煎り焼きすることで、口の中でふんわりととろけるような口どけを実現した商品は、シャンパンにぴったりな、上品な食感に仕上げられています。 

 

ギフトセットも用意されているので、おつかいものにも最適。ひと箱420円から揃い、そのリーズナブルな価格も魅力です。

 

データ:
店名:十火 青山店
住所:港区南青山5-9-8
Tel03-3498-0188