免疫力アップに、毎朝の「ゴーヤージュース」!

この時期になると、近所のスーパーにもゴーヤーが並びます。姿カタチは、とてもイカツイ印象ですが、ゴーヤーはビタミンCが豊富な夏野菜の代表格。この時期には積極的に摂取したい野菜です。

食べ方としては、ゴーヤーチャンプルなど炒め物が人気ですが、一度チャレンジして頂きたいのが、「ゴーヤージュース」!。沖縄・那覇にある公設市場に行く途中に、生搾りのゴーヤージュースが飲めるスタンドがあるのですが、こちらのゴーヤー×フルーツジュースが、とてもフレッシュ&美味で! 自宅でも再現できたらなーと、いつもぼんやり思っていました。

市場中央通りを入って、第一牧志公設市場・手前の左側にあるスタンド。
那覇に着くと必ず飲みたくなる!
 

そこで導入したのが、イワタニのミルサー。ミキサー等と違い、刃(やいば)ではなくプロペラで食品を砕くため、お手入れが簡単なのが特長。さっそく購入して「ゴーヤージュース」づくりに挑戦しました。

毎朝使うものだから、掃除が簡単なことを基準に選んだミルサー。
 

用意するのは、ゴーヤー1本と、沖縄のジューススタンドでゴーヤーに組み合わせていたオレンジとリンゴ。そして、なんとなくキウイも追加。こちらの適量(一人分の場合は、ゴーヤー1/4と、オレンジ1個・リンゴ1/4、キウイが1/2)をある程度のサイズに切り、うまくミックスするように氷を入れたらミルサーのスイッチをオン。

んー、ちょっと迫力のある写真….。
 

およそ30秒ほどで、沖縄で飲んだ風なゴーヤージュース色に変身。完成しました!

ジャーン! なんだか青汁風味?(笑)。苦ウマなことを祈ります。
 

そして試飲してみると……んー、に..苦い…けど、フレッシュ! そして飲むたびに、沖縄で飲んだ風味を思い出しました…(郷愁)。そして飲んだ後はお腹がゴロゴロ…。整腸作用も抜群です。

風味としては、少し苦みが強い感じもありましたが、やはりこれは東京と那覇で買う、ゴーヤーの鮮度の違いでしょうか? 苦みを中和してくれそうなレモンなどをミックスしつつ、美味しいゴーヤージュースを目指して精進します!