コントゥアリングよりも簡単! 旬のストロビングメイク

のベースメイクのトレンドに、“コントゥアリング(輪郭をはっきりつくる)メイク”がありますが、「毎日のメイクでコントゥアリングするのは、ちょっと面倒…」という人も多いはず。

そんな人におすすめしたいアイテムが、明暗の“明”の部分だけを際立たせたストロビングメイクです。

ストロビングのストロボとは、撮影で使われる照明機材で、被写体を明るくする効果があります。市販されているストロボクリームやストロビングクリームは、この照明機材から着想したメイクアップ。

コントゥアリングのハイライトよりも、さらにパールなどの発光感が強いので、ポイント使いするだけで、瞬時に立体感が出せます。

 

定番的な製品といえるのはM・A・Cが発売しているストロボクリーム

全5色となるカラーバリエーションで、肌色やメイクアップにあわせて、さまざまなスポットライト感を演出。M・A・Cのシニアアーティストである池田ハリス留美子さんは、プレス向けのセミナーでこのストロボクリームをデコルテや腕、脚の骨にそってブラシ塗りすることを提案。

すると、光沢とメリハリのあるボディにも見せられるというテクニックを披露していました。顔にもボディにも輝きを手軽に与えられるので、使い勝手のいい製品です。

ストロボクリーム 全5色 各49g ¥4,500/M・A・C

 

続いて、化粧下地として特化したストロボ効果を生み出すのが、アルビオンの新作、ストロビング クリエイターです。

こちらはシルバー、パープル、ブルーの3種の板状粉体と、血色感を補う赤のカラーフィルターで、色調補正しながらストロボ効果を出せるのが特長。

「全顔に塗ったら、光りすぎるのでは?」と思うかもしれませんが、その点はアルビオンだけに上品な光沢を放つように整えられています。あらゆるタイプのファンデーションに対応しているので、セミマットのパウダリーを使いつつも光沢は欲しい、といった時にも有効です。

ストロビング クリエイター SPF26・PA++ 30g ¥3,000
/アルビオン(8月18日発売)

 

メイベリン ニューヨークからはスティックタイプのストロビングメイクが登場。

Tゾーンや頬骨など、輝きを与えたい部位に塗るだけで、“グロウ感”ともいうべき強くなめらかな光を集めることができます。意外にもさらりとした仕上がりなので、セミマットな肌との相性もクリア。

携帯にも便利なので、仕事帰りに、夏の夜イベントで顔やデコルテに立体感をだしたいシーンでも重宝するはず!

マスターストロビング スティック 全2色 各¥1,000/メイベリン ニューヨーク