歯と歯肉をエイジングケアする、高機能歯みがき!

カテゴリ:

いまから約20年前、1995年に“芸能人は歯が命”というCMが流行したことから、当時は歯のホワイトニングなどオーラルケアが定着するかと思いましたが、それよりもスキンケアやボディケアに勢いがあったためか、オーラルケアのトレンドはいつの間にか下火に。

ただ、ここ数年で団塊世代が、歯周トラブルの増えるシニア層入りしたことや、その子どもである団塊ジュニアにエイジングケア意識が定着したことがあり、いま再びオーラルケアに注目が集まっています。

特に注目したいのは歯みがきペースト。以前は大手ブランドの独占市場でしたが、オーガニックやナチュラルブームから天然由来成分を使ったタイプや、歯周病や知覚過敏など歯周トラブルにフォーカスしたものが登場。さまざまな機能性歯みがきが登場しており、活況を呈しています。今回は、そんな高機能歯みがきのなかでも2つのブランドを紹介しましょう。

ひとつめは、冒頭の“芸能人は歯が命”のCMでもおなじみのアパガードから発売されている通販専用のプレミアムタイプ、アパガードロイヤルです。

アパガードには、歯の主成分とほぼ同等で、リンとカルシウムから構成されるミネラル成分“薬用ハイドロキシアパタイト”を配合しているのが特長。この成分の凄い点は、歯の表面にあるミクロの傷を修復してなめらかにしたり、エナメル質から溶け出したミネラルを補給することで初期むし歯を再石灰化してしまうことにあります。つまり、使い続けることで歯が丈夫になり、その結果、歯が内側から白くなるということ。

そして、このアパガードロイヤルには市販品の2倍の薬用ハイドロキシアパタイトを配合。いわば“プロ仕様の歯みがき”といった存在感で、より歯を強化することができます。こちらを導入しているクリニックの歯科医師からは「ホワイトニング用マウスピースを持っている場合はこのペーストをホワイトニング剤代わりに使える」という裏技的な提案も。「薬用成分の効果をさらに享受できる」ということで、さっそく私も実践しています。

続いてご紹介するのは、化粧品会社のメナードが発売した高機能歯みがきです。メナードが開発しただけあり、そのコンセプトは徹底的にエイジングケア発想で構成されていることがポイント。

歯周病や虫歯の発生・進行を予防する薬用成分を配合していることはもちろん、新たに口内環境を整える独自成分を開発。ラフマ、ジュンサイ、オオムギの3種の植物から抽出した成分により、衰えつつある歯肉に活力を与えて、健康的な歯肉へと導いていきます。

風味はペパーミントタイプですが、清涼感が強すぎず、どの世代にも受け入れられる上品な爽快感。パッケージも美白コスメのようで、化粧品会社らしい製品に仕上がっていま

口もとの印象は清潔感を大きく左右する要素。年齢を重ねても黄ばみのない歯を維持するためにも、スキンケア同様にオーラルケアもいまから注力しましょう。

左・アパガードロイヤル 135g 3000円/サンギ(通販専用製品)

右・薬用デントバランス 医薬部外品 125g 2,800円/メナード