5~6月は“癒し強化月間”! 香りケアで深呼吸を~前編

新学期や新生活からホッとひと息つくタイミングが、ゴールデンウィークが過ぎた頃。気忙しさや緊張感からひと段落する人も多いはず。そんな5~6月の“ひと休み”のお伴として活用したいのが、香り豊かなボディケア。お気に入りのアロマを楽しむことで、心身をリラックスさせたり、ゴールデンウィーク明けの“休みボケ”をリフレッシュすることができます。

まず、心身をリセットできるバスタイムに使いたいのが、入浴剤やシャワージェルです。

アユーラから発売される入浴剤、「薄荷香草湯」は、その名の通りハッカをベースにした夏用の新作

レモンやグレープフルーツ、コリアンダーをブレンドした香りで、湯色は清涼感あるブルー。心身のだるさが解消されるような香りと色で、ぬるめのお湯でゆっくりと楽しみたい入浴剤です。

アユーラは、これまでもメディテーションバスαや生姜、山椒を取り入れた入浴剤を出しており、いずれもクチコミ評価からロングセラーを記録しているものばかり。こちらも“爽快系”として、長く愛されそうな製品です。

 

薄荷香草湯 25g×10包入り 1,800円/アユーラ(5月23日発売)


また、すっきりとした緑茶の香りに癒されたいなら、ザ・ボディショップから限定発売されているフジグリーンティのバスソルトを。

こちらはザ・ボディショップ日本上陸25周年を迎える今年に誕生した新しいシリーズ。富士山の麓で手摘みした上質な緑茶エキスを配合しています。

とはいえ、香りは緑茶にベルガモットがブレンドされた“欧米系”。緑茶をコンセプトにしたブランド香水がありますが、そういった“和な印象”ではなく、あくまでスパコスメ的なアプローチ。海外のリゾートスパで日本式スパを受けたような、そんな気分にさせてくれるバスソルトです。

 

バスソルト フジグリーンティ 300g 3,500円/ザ・ボディショップ(限定発売中)