「オーラソーマ」のティーチャー ルミエーラ朋乎さん

今回ご紹介する“美のプロ”は、以前は化粧品ブランドのPRとしてお世話になった守田朋乎さん。現在はPR会社を離れて、ルミエーラ朋乎という名前でカラーケアシステム「オーラソーマ」のコンサルタント兼ティーチャーとして独立。個人カウンセリングやセミナーを中心に、女性誌や企業広報誌などでも幅広く活躍中です。
 


 オーラソーマ ティーチャーのルミエーラ朋乎さん

 
人々は色に対して共通認識を持っており、たとえば赤は温める、青は鎮静するという感覚や、果物が熟す色、聖母マリアのブルーなど、“色彩の言語”を共有していますが、この感覚や認識を内面性・精神性に当てはめたメソッドが「オーラソーマ」なのです。

そのプロセスは107種類あるカラフルなボトルから4本を選ぶことが基本。そのボトルと共鳴しセッションを進めることで、コンサルタントとともに自分の内面性を再確認していきます。
 

 

         4本選ぶボトルのうち、1本目は「魂と本質的テーマ」、2本目は「ギフト&タレント」、
         3
本目は「現在」、4本目は「未来」をあらわす。智一はそれぞれ87,81,71,66をセレクト。
         過去の記憶を癒し、浄化し、新たなる未来へと踏み出す状況という。
 

朋乎さんがこの「オーラソーマ」に出合ったのは、いまから約10年前のこと。当初は週末の休日を使って、友人たちのカウンセリングを行っていたそうですが、回を重ねていくうちに、“自分が求めていること”と“本人にもともと備わっている魅力”とのギャップに多くの人が悩んでいることを知るように。

そんな自意識のギャップを埋めて、女性たちの内面をサポートしたいという思いから、「オーラソーマ」と本格的に取り組むようになったといいます。

 「仕事をしていた時は、私自身も『強くならなきゃいけない』と、絶えず思っていました。また、望まれている自分になろう、みんなが期待している自分になろうとも。でも、独立したいま、そのイメージが本来の自分とは違っていたことに気づいたのです。そして、現代社会には、そんな“違う仮面を被ろうとしている女性”が実はとても多い。

私も会社員時代の経験があるからこそ、そのギャップをよく理解できます。だからオーラソーマを通じて、本来持っている素晴らしい質に気づき、ご自身の中に調和を見出して行けるよう、サポートさせて頂けたら嬉しいです」(朋乎さん)。
 

 

        色と香りで身体を取り巻くオーラに働きかけるのが、ポマンダーやクイントエッセンスと
        呼ばれるアイテム。色と香りのシャワーを浴びることで、オーラから内面を整えていく。
        写真は過去の癒しに働きかけて気持ちをケアするというポマンダー「コーラル」3,990円。
 

 ルミエーラ☆朋乎HP(オーラソーマ&クリスタル・スクール&個人セッション)

9月19日から開講するカラーセラピスト養成講座「オーラソーマレベル1」受講生を募集中。