就寝前の“願掛けタロット”でメッセージを拝受

最近、就寝前の日課にしているのが、“タロットカードの1枚引き”。子供の頃からタロットカードが好きで現在でも数種類のデッキを所有していますが、これまではインテリアの一部として装飾に使ったり、時々眺めてみる程度にしか活用していませんでした。というのも、そもそもタロットカード占いを詳しく知らなかったため、占う方法がわからなかったからです。

でも、このブログを始めようかどうかを悩んでいた時に、たまたま運試しのつもりで一枚のカードを選んだところ、引いたカードが“運命の輪(circle of fortune)! まるで「ブログを始めることが、新しい美容人生の転機になる」というメッセージを告げられたようで、その1枚のカードに励まされ、ブログ制作を始めることになったのでした。

以来、就寝前には大アルカナカードのなかから1枚を選び、そこからメッセージを受け取ることが習慣に。何か問題があれば解決策を、悩みがなければ注意すべきことを教えてくれるようになりました。


こうしてメッセージを受け取り時に気をつけていることがあります。それはカードを引いた時に感じる、自分の心の動き。タロットカードで占っていると、自分がカードから受け取った印象よりも、本に書かれてあるメッセージを優先しがちですが、何よりも尊重したいのは、自分の心の動き方や直感です。そのカードを引いたときに、自分がどう感じたのか、どう思ったのかを深く観察したほうが、より正確なメッセージが受け取れると思うからです。

現在使っているデッキ「GOLDENES KLIMT-TAROT」は、オーストリア・ウィーンの本屋で偶然見つけた、グスタフ・クリムトのタロットカード。彼の代表作である「接吻」がカードでは「恋人」に、「抱擁」が、「太陽」として描かれているような、華やかで芸術的なカードが揃うデッキです。


好きな画家のタロットカードで実践する“1枚引き”。人生の選択に迷ったら、ひとつの手段として活用してみるのもおすすめですよ。