進化系“うるつや唇”をつくる、春のリキッドルージュ

数年前から登場しているリキッドルージュ。リップグロスのつや感とリップスティックの発色やもちの良さの“いいとこどり”をした製品ですが、ここ数シーズンでさらに機能性が進化! 保湿力や色もちが飛躍的にアップしています。

たとえば資生堂 マキアージュの「エッセンスグラマラスルージュ NEO」は、新しい弾力オイルや弾力性のあるジェル膜を採用したことで、まるで美容液マスクをしているかのようなうるおいやつや感を実現。

飲み物を飲んだあとでも、ぷるんとした質感が落ちることなく、うるおいが持続するほどに進化しました。

これは新しく採用した「3層分離技術」という特許技術によるもの。異なるオイルが3層の膜となることで、いままでにないぷるんと感が叶えています。

 

資生堂 マキアージュ エッセンスグラマラスルージュ NEO
RD312 2,300円(編集部調べ)/資生堂

 

続いて、4月に発売されるコフレドールの「エレガントジュエリールージュ」にも注目を!

こちらは自然なピンク色と繊細なパール感が配合された“透明感ルージュ”。唇のくすみや縦じわをカバーしつつ、なめらかな質感に見せる効果がある製品で、ベースメイクでいえばCCクリームのような存在!

一見、「クリアグロスということ?」とも思いますが、ほんのりピンク色がのることと、唇へのフィット感が高く、べったりとした厚みが出ないことから、素の唇をいきいきと見せることができます。

こちらはBBやCCクリームと併用するのにぴったり。もしくは、ナチュラルメイクや化粧直しの時などにも使えるので、ポーチに常備しておきたくなるリキッドルージュです。

コフレドール エレガントジュエリールージュ EX-100 2,300円(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(4月16日発売予定)


以前のリキッドルージュは乾燥感が気になったり、発色が出過ぎたり、物足りなかったりということもありましたが、毎シーズンの技術進化により、高機能な製品が本当に増えました。

グロス派もリップスティック派も、ぜひリキッドルージュを購入してみてください。