夏から秋への変わり目は“ぬるめの水”を摂取。

カテゴリ:

東京はすっかり秋めいてきました。朝晩は長袖でも寒いくらいですが、こんな急激に気温が変化する季節は要注意。特に冷え性の人は、体調が不安定になることもあるため、身体を冷やさないように充分配慮してくださいね。

水分を摂取する時も、たとえばミネラルウォーターなら、お湯で温度調整してから飲むのがおすすめ。水は常温でも体温以下の温度になるため、「冷蔵庫で冷やしていない水なら大丈夫」と思って飲み続けると、身体が冷えてしまう場合も。

だから普段はもちろん、喉が渇いた時やお風呂上がりも、なるべく“ぬるめの水”を飲むのがベスト。特に冷たいドリンクを多く摂りがちな夏から秋への変わり目は、意識して“ぬるめの水”を飲みましょう

最近は水筒持参がトレンドですが、お湯を携帯していれば「ちょっと冷えるな」と感じた時に、身体の内側から温められるので有効ですよ。