マイケル・ジャクソンの追悼式

カテゴリ:

ロサンゼルスのステイプルズ・センターで、7月7日午前10時15分(現地時間)からマイケル・ジャクソンさんの公開追悼式が行われました。 

舞台にはこの日のための鎮魂歌を歌ったスティーヴィー・ワンダーやライオネル・リッチーから、マライア・キャリー、アッシャー、ジェニファー・ハドソンまで、世代を超えたトップスターが登場。それぞれがマイケルへの思いを語りながら、壮大な音楽葬というべき追悼式が行われました。

壇上で熱唱した歌手のなかでも、その登場に驚いた人物がシャヒーン・ジェファゴーリ(Shaheen Jafargholi)くん。彼は6月1日付の日記にあるイギリスのオーディション番組「britain’s got talent 」で、スーザン・ボイルと並びファイナリストに残った12歳。マイケル・ジャクソンの「Who’s Loving You」を熱唱し、そのソウルフルな歌声と音程の安定感から、聴衆の喝采を浴びていた少年です。

 


彼は7月に予定されていたマイケルのロンドンツアーで、マイケルとの共演も予定されていたとのこと。そんな縁もあり、急遽ロンドンから追悼式に参加することになったのでしょう。

シャヒーンくんが壇上で歌った曲は、もちろん「Who’s Loving You」。歌い終わった後に、「僕はマイケルが好きなんだ。ありがとう」とはにかみながらのコメントが非常に印象的で、マイケルのソウルを受け継ぐ、次世代の新しいスターをここに見た気がしました。