清潔感の正体とは?「お洒落以前の身だしなみの常識」

先月5月23日に男性ビジネスマン向けに書き下ろした単行本、「お洒落以前の身だしなみの常識」を講談社より上梓しました。

 

 

発売初日にはamazonのランキングではスキンケア、ヘアケア部門ともに、発売初日にベストセラーランキングで1位を獲得。順調なスタートを切ることができました。ご購入くださった皆様に、心から感謝いたします。ありがとうございますm(__)m

 

この著書のテーマは“ビジネスマンの清潔感”。湿度の高い、この時期には特に気になる体臭や口臭などのニオイ対策から、はじめに取り組むべきスキンケア、ボディケアの基本まで、清潔感を演出するテクニックを紹介しています。

さらに、身だしなみ初心者の男性が興味をもてるように、「そもそも、なぜビジネスマンには清潔感が必要なのか」という解説も加えました。

 

それはたとえば、アジア諸国では清潔感=見た目印象により、ビジネスの成否が決まってしまうことや、清潔感があることで夫婦仲が円満になったり、“愛されるパパ”として子供と上手にコミュニケーションがとれたりということ。

清潔感を身につけることで、“マイナス10歳の若々しいエグゼクティブ”や“かっこよくて頼れるお父さん”など、なりたい自分に近づくことが可能になるのです。

 

男性の場合、女性と異なり、メイクアップで顔を若々しく見せたり、ジュエリーやアクセサリーで華やかさを装うことができません。

そのため、“若々しい見た目”を目指すのであれば、外見をメンテナンスする術が必要になるのですが、ほとんどの男性はその術も道具も知らないために、本人の気持ちと外見にギャップが生じていることが少なくありません。

“清潔感”とは正体が見えそうで、見えないもの。この本では、そんな清潔感を可視化するテクニックを書き記しています。

 

なかなか他人には聞けない加齢の悩み。だからこそ、男性だけでなく女性にもこの本を読んで頂いて、ぜひ彼やご主人に“清潔指導”をしてみてください。

見た目印象が改善することで、「彼からいいニオイがするようになった」、「愛娘と一緒に買い物に行けるくらい仲良くなった」など、いままでにはない新しい魅力や気づきを得られるようになるはず。

読者の皆様から、そんな“清潔感効果”のエピソードを伺うことを楽しみにしています。