フレッシュな美人顔になる2013年春夏新色~後編

新作のなかで形状が進化し続けているのがチーク

「チークが苦手」、「メイクページを読んでも、いまいち塗り方がわからない」という方も、チークメイクを楽しめるように、形状に工夫が施されていたり、ひと塗りで立体感を演出するアイテムも多く登場しており、プロ級の仕上がりを生み出せる新作が登場しています。

なかでも、資生堂マキアージュトゥルーチークはブラシ一体型のチークカラーで、1回分の適量がブラシから出てくるという優れモノ。

頬に1回転、2回転、3回転と重ねていくことで発色が調整できるため、迷うことなくファッションやメイクバランスを考えたチークメイクを施せます。

パウダーはブラシ一体型に適した処方を新開発しており、肌に広がりやすく、やわらかく発色する処方。ブラシにも高級馬毛を100%使っているプロ仕様です。

思いどおりの血色美肌を自在につくれるのが魅力。
マキアージュ トゥルーチークRD321 レッドコーラル 3,465円編集部調べ/資生堂

立体的なグラデーションを演出したいという方には、コスメデコルテ AQ MWの新色チークをどうぞ。

中央の濃いカラーと周りの淡いカラー3色を円を描くようにとり、頬にのせるだけで立体的で華やかな顔立ちに。新色であるベージュピンクのPK802はアジア人の肌になじみがよく、定番人気になりそうなカラーです。

“山桜”にインスパイアされたカラー展開。
AQ MW ブレンド ブラッシュ PK802 5,565円/コスメデコルテ

 

自己満足に終わらないために、メイクアップは“きちんと発色していること”が大切ですが、いくらメイクがきれいでも“発色しすぎて色が浮いている”ではNG。

そのさじ加減を調整するのがテクニックですが、やわらかく上品に発色する新色シャドーや、形状に工夫を凝らしたチークを味方にすれば大丈夫。メイク初心者でもバランス感のあるメイクが、簡単に実現できるでしょう。