疑似皮膚からレチノールまで…革新的目もとケア!

マスク生活でメイクの主役が唇から“目もと”にシフトした今年、秋のスキンケアも、目もとの悩みにアプローチする新製品が登場しています。

クラランスからは、ブランドを代表するエイジングケア美容液、ダブル セーラムから、“目もと用美容液”、ダブル セーラム アイがお目見え!

従来の美容液のエイジングケア効果が高いため、目もとにもたっぷり使っているというユーザーが多く、その声に応えるべく、目もとに特化した新作を開発しました。

ポイントは、目もとのために13種の植物成分を配合したこと。そして、油溶性、水溶性の2相式ボトルにすることで、フレッシュな状態で肌に効かせるような処方に工夫したことです。

パワフルな成分を新鮮な状態で届けることにこだわったことから、テスト使用した女性の約90%が「目疲れのサインが減った」と答えるほど、アンチエイジ力を発揮します。

ダブル セーラム アイ 20mL ¥9,900/クラランス(9月3日発売)

 

カバーマークからは、レチノールを配合した目もと用美容液、モイスチュア リッチ リンクル クリームが発売。

しわに働きかける美容成分、レチノールに、肌の土台をボトムアップさせる特許成分、クスノハガシワエキスをドッキング

成分そのものがストレートに効くだけでなく、その成分を肌との親和性に優れたカプセル(リポソーム)に入れたことで、肌の奥まで美容成分が到達することを可能に!

約2週間で目もとのしわ、総数が減るという目に見える効果を確認できます。

しかも、塗った途端にストレッチフィルムを形成するため、ベースメイクの入り込みやメイク崩れも防ぐ効果を得られるのも魅力です。

 

モイスチュア リッチ リンクル クリーム 20g ¥5,800/カバーマーク(9月17日発売)

 

“次世代型の目もとケア”を発表したのが、シセイドウ。資生堂が2018年に取得した米国ベンチャー企業の“セカンドスキン技術”を応用した新作、ビオパフォーマンス セカンドスキンを発表しまいた。

こちらは商品名通り、“疑似皮膚”といえる被膜で、目もとの下をカバーすることで、下まぶた特有のたるみやくすみを一層してしまうという画期的な商品。

その使用ステップももはや特殊メイクのようで、まずは下まぶた全体に美容液を塗ることで凹凸をなくした後、別の美容液でその状態を固定。しっかりと乾かすことで、疑似皮膚が完成するという仕上がりです。

これまで“疑似皮膚をつくる”といった触れ込みのファンデーションなどもありましたが、こちらは米国の特許技術を応用したこともあり、これまでにない“生肌感”があることが斬新。

その高い技術力のため、それなりの価格はしますが、その驚きの見た目は一見の価値アリです。

 

シセイドウ ビオパフォーマンス セカンドスキン 約75回~115回分(目袋の大きさにより異なる)¥32,000
/シセイドウ(10月1日発売) *約4回分¥3,500のトライアルセットもあり

 

2021下まぶたメイクはカラフルに!

マスク着用がすっかり定着したいま、メイクアップも目もとが主役になっています。しかも、目もとを際立たせるために、眉メイクが太く、濃くなっており、そんな“濃眉”とのバランスをとるために、下まぶたメイクがトレンドになりつつあります。

 

以前の下まぶたメイクといえば、目を大きく見せるために、締め色の“囲みメイク”が主流でしたが、この秋冬は目もとに存在感を与えつつも、“おしゃれ感”も醸し出せるようにカラーで入れることがポイント。

 

上まぶたに入れたカラーを下まぶたにも入れるのはもちろん、上まぶたのカラーグラデーションを、そのまま下まぶたにも入れていくといった“ネオ囲みメイク”も登場しています。

 

文章ではわかりづらいかもしれませんので、実例をあげましょう。お手本となるのはアディクション、ディオール、セルヴォークの3ブランドです。

 

まず、アディクションはカラーマスカラと6色を配したアイシャドーパレットを駆使して、上下にカラーの囲みメイクをIN。

 

ポイントは、まぶたの上にのせた、アイホール全体~締め色のグラデーションを下まぶたにも施していること。単なる囲みメイクと異なり、奥行き感が演出できています。

 

しかも、囲みを黒や茶色ではなく、パープルの濃淡でつくっているため、目もとが強い印象になりすぎず、おしゃれ感を演出。さらにカラーマスカラでアクセントを加えているのもポイントです。


アディクション コンパクト アディクッション  センス オブ クラリティ
103 アンタッチドオーシャン ¥6,600/アディクション(8月6日限定発売)

 

続いて紹介するのは、ディオールです。繊細な羽模様がデザインされた5色入りのアイシャドーパレット、サンク クルール クチュールで表現するのは、鳥の羽のようなリッチな色使い。

 

 

ゴールドに、ルビーレッドやダスティなピンクなどの暖色カラーを重ねることで、秋らしく、華やかさもある目もとに仕上がります。

一見、派手に見えるカラーですが、サンク クルール クチュールならではの繊細な発色と上品なパール感で、落ち着いたアイメイクに仕上がるのはさすがです。

サンク クルール クチュール 各¥8,580
/パルファン・クリスチャン・ディオール(7月30日限定発売)

 

3つめに取り上げるのは、セルヴォーク。暖色のコレクションが多いなか、セルヴォークはアラスカの氷河期をイメージしたコレクションを発表。

 

なかでも、ポイントとなるのが、氷河のアイシーブルーをイメージしたアイライナーでつくる下まぶたメイク。

白目をクリアに映えさせながら、神秘的な目もとを演出できるので、ポスターメイクのように暖色メイクのアクセントとして使用すると、新鮮な表情に!

 

クリーミーで描きやすいことも特長です。

 

 

セルヴォーク シュアネス アイライナーペンシル EX05  ¥3,080
/セルヴォーク(7月28日直営店発売)

 

この夏の“クレイ洗顔”が凄い!

初夏は洗顔アイテムの新作が相次いで登場するシーズン! なかでも、今年、ぜひ注目してほしいのが“クレイ洗顔”です。

 

クレイ=泥のことで、モロッコ粘土のガスールや、白色で粒子の細かいカオリンなどを用いたクレイパック(クレイパック)が代表格ですが、今年はそんなクレイに最新のテクノロジーを加えたり、ユニークな処方を取り入れることで、新しい肌効果を生み出した、次世代型のクレイ洗顔料が発売されます。

 

その筆頭格が、ポーラから発売されるB.A ディープクリアライザーです。

 

こちらのアイテムでは、クレイを肌のごわつきの原因となる、“糖化のある角層”にアプローチする成分として採用。

 

クレイが肌のごわつきをほぐしてやわらげることで、糖化のある角層を吸着して洗浄。さらにうるおいも浸透させていく、という最新のテクノロジーとして応用されています。

 

しかも、クレイ含有マスクながら、テクスチャーがとてもなめらかで、ジェルクリームのようなことにも驚き! クレイを最新の技術を用いて、スター成分に仕上げた力作です。

B.A ディープクリアライザー 120g ¥13,200
/ポーラ(7月1日発売)

 

続いて紹介するのは、韓国ブランド、ファミュから発売される、ソフトクレイ ベルベットマスクです。

 

こちらはディープクレンジングを目的としたクレイマスクですが、単にクレイを配合したアイテムにあらず。

 

保湿成分のグリセリンや繊細な空気を含ませるような処方を採用したことで、ふんわりとしたシフォンのような肌あたりや、洗いあがりのしっとり感を実現。従来のクレイ洗顔にありがちな硬さがなく、やわらかなテクスチャーを叶えています。

 

このようなテクスチャーのやわらかさや空気感へのこだわりは、ファミュならではの魅力。韓国コスメとしてクレイ洗顔へのアンサーといえるアイテムです。

 

ソフトクレイ ベルベッドマスク 50g ¥4,620/ファミュ

 

 

3つ目に紹介するのは、DEWから発売される、3分間集中マスク洗顔料のクリアクレイフォンデュです。

 

こちらはクレイ状マスクの洗浄効果と、クリーム状マスクの保湿効果を両立させたことが特長。

 

加えて、マッサージすることで崩れていくスクラブを配合したことで、クレイの吸着力のみならず、物理的にも肌の凹凸を整えてくれます。

 

また、スクワランやアボガド油などの美容オイルも配合。使うたびにワントーン明るくなることを目指して開発されたマスク洗顔料です。

 

価格が90gで3080円と、デイリーに使いやすいこともポイントです。

 

DEW クリアクレイフォンデュ 90g ¥3,080(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(6月16日発売)

 

 

 

 

初夏だからこそ! みずみずしい香りに癒されて

コロナ禍で思うように外出ができない日々が続きます。初夏だからこそ出かけたい、という気持ちは強くなりますが、いまの環境で少しでもリフレッシュできるように、夏らしい香りを取り入れてみるのはいかがですか?

 

柑橘や白い花々をブレンドした香りや、香水よりも軽いフレグランスミストやボディミルクを身につければ、心身ともにリフレッシュできます。初夏の汗ばむような陽気で、みずみずしい香りを楽しむことで、気持ちをスッキリさせられるはずです。

 

まず、軽やかに香りを身につけたいなら、フローラノーティス ジル・スチュアートから発売される、ブライトサンフラワーのボディミルクがおすすめ。

 

こちらはネーミング通り、ヒマワリからインスパイアされて生まれた香りだけあり、シトラスやユズ、イランイランやオレンジフラワーなど、清涼感と華やかさをあわせもつ花々が重なりあい、初夏にぴったりの香りに仕上がっています。

 

特にボディミルクは、同シリーズのボディミルクのなかでも軽やかな使用感で、香りもとてもフレッシュ。肌からたちのぼる、みずみずしい香りは思わず深呼吸したくなるほど。

 

また、ひまわりオイルやオレンジフラワーウォーターなど保湿成分もたっぷりと配合sており、空調や紫外線で乾燥しがちな夏肌もケアできます。

 

 

ブライトサンフラワー ボディミルク 200mL ¥4,950
/フローラノーティス ジル・スチュアート(6月18日発売)

 

続いて紹介するのは、シャネルの名香、ココ マドモアゼルが夏を爽やかに過ごすために、特別に調香されたサマーコレクション2品です。

ひとつは、フレッシュな軽やかさを感じさせるウォーターベースでつくられた、ミストタイプのフレグランス、ココ マドモアゼル ロー ミスト

 

ウォーターベースなので髪にも使うことができ、さわやかなオリエンタルフルーティの香りを軽快に楽しむことができます。また、同時発売のシャワージェルもローミストと同じ香りで、自宅のバスルームでスパを楽しんでいるような華やかな気分を楽しめます。

 

いままでココ マドモアゼルを使ったことない、という方も、自宅で特別な気分を味わうために、軽やかな香りの今作を試してみるのがおすすめです。

 

ココ マドモアゼル ロー ミスト 100mL ¥12,100、
同ル ジェル 100mL ¥6,050/ともにシャネル(5月7日発売)

 

3つ目に紹介するのは、ジョー マローン ロンドンから新たに発売される、マーマレードコレクションです。

マーマレードとは、オレンジやレモンなど柑橘の果皮でつくったジャムのこと。英国では家族や仲間と過ごす、懐かしい田園風景とともに愛されている食べ物で、今作はそのマーマレードからインスパイアされています。
驚くのは、このコレクションのために、英国屈指のソフトフルーツ加工業者に天然のフルーツエッセンスを特別に制作してもらったということ。

 

フルーツやベリー類から水蒸気蒸留で抽出したエッセンスを、直接フレグランスに添加。それにより、果汁感を感じるブラックベリー & ベイや、ローズティのようにフレッシュに香るローズ ブラッシュなど、いきいきとした素材感、新鮮さを感じることができます。

 

伝統的なマーマレードの容器の形やディティールをヒントにデザインされたパッケージも可愛い! 限定品ではありますが、品切れになるかもしれない期待のコレクションです。

 

 

 

マーマレードコレクション 写真のローズ ブラッシュ、ブラックベリー & ベイのほか、全5種
各30mL 各¥9,240/ジョー マローン ロンドン(6月18日発売)