リップ60色! ファンデ24色! 令和はメイクの色数が凄い!

これまで国内ブランドのベース&カラーメイクは他国に比べてカラーバリエーションが少ないことが定例でした。リップなら10色、ファンデーションなら4,5色あれば多いほうであったかもしれません。なぜなら、日本人=黄み肌というのが常識だったからです。

 

ただ、SNSなどインスタ映えにより、メイクバリエーションが広がったことや、ハーフ、ミックスなどマルチレイシャルな人たちが増えていること、さらに言えば、日本在住の外国人も多くなっていることから、外資ブランドが日本発売分のカラーレンジを広げたり、国内ブランドもベースメイクのカラーを増やしたり、と気がつけば、ここ数年でカラーの選択肢がグンと増えました

 

すでにアイシャドーではアディクションなど、複数のブランドが100色近いバリエーションを出して話題を呼びましたが、その傾向はリップにも飛び火。数十色の新色を揃えるブランドも登場しています。

 

そんなトレンドのなか、なんと全60色! という圧倒的なリップのカラーバリエーションを発表したのがNARSです。

 

こちらはブランド創設25周年を記念して発売するコレクションで、シアー、サテン、マットの3種の質感カテゴリー・全60色に及ぶカラーがそろい踏み。

当初、リップはアイシャドーと異なり、カラフルな色が少ないため、60色の差別化は難しいのでは? と思っていましたが、実際のカラーを見てみると、カラーも仕上がりもかなり差があり、さすがの仕上がり。ファッションにあわせて、複数色を買い占めたくなるようなバリエーションに仕上がっています。

 

ナーズ リップスティック 各\3,300/ナーズ ジャパン(9月20日発売)

 

続いて、この春、ファンデーションで24色を発売したシュウ ウエムラが、それに併用するコンシーラーとして発売するのが、全13色からなるアンリミテッド コンシーラーです。

 

ファンデーションは、アジア人の肌色だけを科学的にマッピングして、24色を揃えたという、アジア人のためのシェード展開でしたが、今回の新作コンシーラーの13色も同様のコンセプト。

 

茶ぐまから青ぐまはもちろん、男性の青ひげも隠せてしまうほど豊富なカラーが揃っています。

また、同時発売のクッションファンデーションも、クッションとしてはカラーバリエーションのある8色展開。クッションは2~3色展開のブランドも多いなか、これだけあれば「色があわない」というストレスは解消しそうです。

 

アンリミテッド コンシーラー 全13色 各\3,400/シュウ ウエムラ(8月21日発売)

アンリミテッド ラスティング クッション 全8色 各\6,000
/シュウ ウエムラ(8月21日発売)

 

国内ブランドも負けていません。SHISEIDOは、過去最高のカラーバリエーションとなる全12色からなる新作リキッドファンデーションを発表。

世界では30色展開となるので、本当ならば全30色を発売してほしいところですが、SHISEIDOは店舗数も多いこともあり、国内で12色揃うだけでも快挙でしょう。

こちらに汗・皮脂・表情と動きに強いテクノロジーを搭載していて、24時間フレッシュな状態でいられるという持続力を実現しています。

SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシイング ファンデーション SPF35・PA++++
全12色 30mL 各\6,000/資生堂インターナショナル(9月1日発売)

 

今後も“色数でも勝負”というブランドが多くなることは必須。これだけ色数が増えれば、男性のメイクアップ熱も必然的に高まる予感。“百貨店のカウンターにファンデーションをカップルで買いに行く”…という令和的なシチュエーションも増えそうです。

 

初夏を彩る! 新作ローズコスメ

初夏のバラの開花がひと段落するタイミングで、発売されるのがローズコスメ。今年も、香りも見た目も華やかな新作がお目見えします。
そのトップバッターとなるのが、ギリシャ発のコレス ナチュラル プロダクト

こちらのブランドには、ギリシャに古来から伝わる、植物を用いた民間療法を、最新の科学技術を用いて、今風のスキンケアへと昇華させた商品がそろい踏み。
なかでも、7月3日に発売されるワイルドローズシリーズは、主に野生のローズ(カニナバラ)から抽出した“ワイルドローズオイル&エキス”を配合したもの。


さらに、このワイルドローズオイルやエキスの肌効果を高めるために、最も相性が優れていた成分、油溶性ビタミンCを採用して、美肌力を格段に向上させています。

 

新作のなかでも、化粧水前に使う導入美容液、バイフェーズ オイルがスター商品。ワイルドローズオイルとビタミンCのWの美肌効果で、肌のやわらかさや透明感を引き出してくれます。

ワイルドローズ バイフェーズ オイル 30mL ¥6,500
/フィッツコーポレーション(7月3日発売)

 

続いて7月5日にジバンシイから発売されるのは、ローズをフィーチャーしたオーデトワレ、オーデ ジバンシイ ロゼ オーデトワレです。

 

調香を担当したのは、ジバンシイはもちろん、ディオールでも数多くの名香を手掛けてきた、フランソワ・ドマシー。

 

フローラルを巧みに操る彼の手により、ロゼというタイトルながら、繊細なローズだけでなく、ジャスミンやヒヤシンス、マンダリンやきんもくせいが顔を出す、フレッシュで華やかなノートを創造。

 

朝霧とともに花々が香りを放つような、そんな初夏にぴったりの涼感溢れるフローラルに仕上がっています。

オーデ ジバンシイ ロゼ オーデトワレ 100mL ¥10,000
/パルファム ジバンシイ(7月5日発売)

 

続いて、8月1日に発売されるのが、ジュリークが開発した、ローズのオリジナル新品種「ジュリーク」を配合したローズコレクションです。

 

このジュリークローズは、オーストラリアで、ローズブリーダーとの共同開発で生まれたもの。モダンローズとオールドローズを組み合わせることで、甘い香りと高いスキンケア効果をもつ新品種を誕生させました。

 

特に、スキンケア効果では、肌のバリア機能にまでアプローチ。深呼吸したくなるような、朝摘みのローズの香りに包まれながら、濃密なうるおい力を育んでくれます。

 

新作のなかでおすすめしたいのは、ローズ クリーム。とろけるようなクリームが肌に伸び広がると同時に、ローズの香りが鼻をくすぐり…ハリ感と同時に、つるんとした光沢感も出してくれる逸品です。

ジュリークローズ コレクション ローズ クリーム 50mL ¥5,500
/ジュリーク(8月1日発売)

 

 

 

 

令和の猛暑は、“大人の涼感コスメ”で乗り切る!

全国的に5月下旬から、真夏日の第一波が到来! 西日本を中心に、すでに30度を超える場所もあるそうですが、そんな酷暑やじめじめした梅雨時期を乗り切るために使いたいのが涼感コスメ

 

清々しい香りや、肌に涼感を与えることで、気分や肌を快適な状態に整えてくれるアイテムです。

ただ、アラサー以上となると、単に“冷たい清涼感”や、“メンソールのような刺激感”には抵抗があるという人も少なくありません。
そこで今回は、大人肌にも最適な涼感コスメをピックアップ。強い刺激や涼感ではなく、上質な爽やかさで肌や心をリフレッシュする新作を紹介します。

 

まずはじめに取り上げるのが、“香りの殿堂”、ゲランから天然素材をフィーチャーして発売されているシリーズ、アクア アレゴリアから発売されるシャワージェルとボディローションです。

 

香りはフレッシュなシトラスのなかに、ビターな香りが感じられる南イタリア・カラブリア地方のベルガモット。ただ、快活なだけではなく、みずみずしく静かな清涼感で満たされます。

 

加えて、パッケージが美しいことも特長。ガラスのような見た目ながら、実はプラスチック製のボトル。バスルームで安心して使えることも魅力です。

 

アクア アレゴリア シャワージェル ベルガモット 200mL ¥6,500、
同ボディ―ローション ベルガモット 200mL ¥7,500/ゲラン(6月1日発売)

 

続いて紹介するのが、フローラノーティス ジルスチュアートのフレグランスミストです。

フローラルグリーン、ホワイトローズ、センシュアルジャスミン、フレッシュピオニーと4種の香りが用意され、外出前やアフターバス、またはアフター6のイベント前に髪やボディに、涼感とともに心地よい香りを纏うことができます。

 

湿度が高く、じめじめする季節はにおいが気になるので、こうしたフレグランスミストは外出先でも重宝。

こちらは75mLと携帯サイズなので、バッグに入れて持ち運べるのもポイント。焼肉や鉄板焼きなど煙が多い席に行く時にも活躍してくれます。限定品なので、早めに入手して!

フローラノーティス ジルスチュアート オールオーバースプレー 全4種 各61g ¥2,800
/フローラノーティス ジルスチュアート(7月5日限定発売)

 

 

3つめにご紹介するのが、イグニスの“洗い流すタイプのボディクリーム”です。

一瞬、どんなアイテム? と不思議に思うかもしれませんが、こちらは浴室を出る前に濡れた身体に塗り広げることで、美容成分が水分を抱えて浸透。それを洗い流すことで、肌にうるおいのヴェールが形成されるという保湿アイテムです。
この時期は暑さに対応したボディジェルやボディミルクが発売されますが、「暑すぎて、それすらつけたくない…」という人も、洗い流すタイプの保湿ケアなら、後肌がさっぱりするので使いやすいはず!
しかも、うるおいとともに、ラベンダーの香りが肌を包むので、リラックス効果も得られます。
おすすめはクリームを塗り広げた後、冷水で引き締めること。すると、保湿感を維持しながら涼感もフォロー。さっぱりとしたうるおい肌に整います。

イグニス ラヴェリッシュ ボディコンディショナー 200g ¥2,200
/イグニス(6月17日発売)

 

単色シャドーorパレットシャドーはどう選ぶ?

SNSに端を発したメイクアップブームから、ここ数年で“単色シャドー”を発売するブランドが増えました。

そのきっかけになったのは、@コスメで2016年にベストコスメ大賞を獲得した、アディクションのザ アイシャドー全99色という圧巻のラインナップで登場し、話題を呼びました。

そして、最近もジルスチュアート全30色のアイコニックルックアイシャドウを発売。サテン、クリーム、グリッター、マットの4つの質感を用意。

ジルスチュアートのようなガーリーなファッションの魅力がより際立つ質感、カラーが揃っています。

ジルスチュアート アイコニックルック アイシャドウ 全35色 各¥2,200
/ジルスチュアート ビューティ

 

また、ケイトからはブラウン系カラーと質感を揃えた単色アイシャドー、ケイト ザ アイカラーが全26色で登場します。

パール、マット、グリッターと、こちらもブランドとしてイメージする女性像・メイクアップイメージに相応しい質感、ブラウン系カラーがラインナップされています。

 

ケイト ザ アイカラー 全26色 各¥650(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(5月1日発売)

 

アディクションのザ アイシャドーは豊富な質感、カラーバリエーションで、あらゆる人物像を想定していますが、ジルスチュアートやケイトなど、ファッション性が強いブランドで単色シャドーを選ぶときは、まずは自分が目指すイメージと、そのブランドのイメージが一致していることが大事。

その後、自分のファッションやキャラに似合う単色シャドーをひとつずつ揃えていくのがスマートです。

 

一方で、パレットシャドーはどのようなシーンで選べばいいのでしょうか? それは、自分が違うイメージに挑戦したい時や、いままでのテイストから抜け出したい時に選ぶのがおすすめです。

 

たとえば、いまナーズのメイクアップが絶好調ですが、これまでナーズを購入したことがない人にとっては、単色シャドーを選ぶよりも、あらかじめ配色が考慮されているパレットシャドーを選んだほうがベター。

 

単色シャドーを買って、手持ちのメイクとあわせると、「ふだんのメイクと変わらないかも…」ということになりかねませんが、パレットシャドーであれば、パレットに配されている色を複数使えば、より簡単に、自分らしい“ナーズっぽいアイメイク”に仕上げることができるからです。

ナーズ ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 全5種 各¥4,500
/ナーズ(限定発売中)

 

また、こうしたパレットシャドーを購入するときは、百貨店のカウンターで美容部員にメイクしてもらい、パレットの基本的な使い方を教わるのが正解。

せっかく新しいブランドに挑戦するなら、いつもとは異なるメイクの仕方で、“新しい表情”を見出しましょう。