歯と歯肉をエイジングケアする、高機能歯みがき!

カテゴリ:

いまから約20年前、1995年に“芸能人は歯が命”というCMが流行したことから、当時は歯のホワイトニングなどオーラルケアが定着するかと思いましたが、それよりもスキンケアやボディケアに勢いがあったためか、オーラルケアのトレンドはいつの間にか下火に。

ただ、ここ数年で団塊世代が、歯周トラブルの増えるシニア層入りしたことや、その子どもである団塊ジュニアにエイジングケア意識が定着したことがあり、いま再びオーラルケアに注目が集まっています。

特に注目したいのは歯みがきペースト。以前は大手ブランドの独占市場でしたが、オーガニックやナチュラルブームから天然由来成分を使ったタイプや、歯周病や知覚過敏など歯周トラブルにフォーカスしたものが登場。さまざまな機能性歯みがきが登場しており、活況を呈しています。今回は、そんな高機能歯みがきのなかでも2つのブランドを紹介しましょう。

ひとつめは、冒頭の“芸能人は歯が命”のCMでもおなじみのアパガードから発売されている通販専用のプレミアムタイプ、アパガードロイヤルです。

アパガードには、歯の主成分とほぼ同等で、リンとカルシウムから構成されるミネラル成分“薬用ハイドロキシアパタイト”を配合しているのが特長。この成分の凄い点は、歯の表面にあるミクロの傷を修復してなめらかにしたり、エナメル質から溶け出したミネラルを補給することで初期むし歯を再石灰化してしまうことにあります。つまり、使い続けることで歯が丈夫になり、その結果、歯が内側から白くなるということ。

そして、このアパガードロイヤルには市販品の2倍の薬用ハイドロキシアパタイトを配合。いわば“プロ仕様の歯みがき”といった存在感で、より歯を強化することができます。こちらを導入しているクリニックの歯科医師からは「ホワイトニング用マウスピースを持っている場合はこのペーストをホワイトニング剤代わりに使える」という裏技的な提案も。「薬用成分の効果をさらに享受できる」ということで、さっそく私も実践しています。

続いてご紹介するのは、化粧品会社のメナードが発売した高機能歯みがきです。メナードが開発しただけあり、そのコンセプトは徹底的にエイジングケア発想で構成されていることがポイント。

歯周病や虫歯の発生・進行を予防する薬用成分を配合していることはもちろん、新たに口内環境を整える独自成分を開発。ラフマ、ジュンサイ、オオムギの3種の植物から抽出した成分により、衰えつつある歯肉に活力を与えて、健康的な歯肉へと導いていきます。

風味はペパーミントタイプですが、清涼感が強すぎず、どの世代にも受け入れられる上品な爽快感。パッケージも美白コスメのようで、化粧品会社らしい製品に仕上がっていま

口もとの印象は清潔感を大きく左右する要素。年齢を重ねても黄ばみのない歯を維持するためにも、スキンケア同様にオーラルケアもいまから注力しましょう。

左・アパガードロイヤル 135g 3000円/サンギ(通販専用製品)

右・薬用デントバランス 医薬部外品 125g 2,800円/メナード

 

2017春夏新色・“進化系・血色チーク”でますます美人な表情!

冬がはじまったばかりですが、美容業界ではすでに2017年春夏新色のお披露目会がひと段落。来春のトレンドも見えてきました。

その詳細は、WWDビューティ1/15発売号でお伝えしますが、新色のなかでも「ひとつ加えただけで美人顔になる」とイチオシしたいのが“進化系・血色チーク”です。

“進化系・血色チーク”とは、従来の血色系チークの弱点だった点が改善されている新作のこと。たとえば、クリームタイプでありながら、頬にのせた後はパウダー状になり、色もちが向上したり、発色の濃淡がより自然に表現できるようになったりと、使いやすく進化を遂げているもの

。なかでもスターアイテムとしてピックアップしたのが、3ブランドの新作チークです。

まず、イヴ・サンローラン・ボーテから発売されるデュオスティック状のバームタイプをご紹介。こちらは血色を表現した2色のカラーがひとつになっており、単色でもグラデーションでも使えるという斬新な形状がポイント。しかも、チークにもリップとしても使えるので、化粧直しで“華やかさ”を加えたい時もこれひとつで完了します。

テクスチャーは濡れ感のあるバーム状ながら、仕上がりはマットな質感になるため化粧もちも改善。血色感と化粧持ちをクリアしたハイブリッドなアイテムです。

 

ベビードール キッス&ブラッシュ デュオスティック 全5色 5,200円
/イヴ・サンローラン・ボーテ(2017年1月4日発売)

 

続いて紹介するのは、クレ・ド・ポー ボーテの新作チーク、ブラッシュクレームです。こちらは、3種のオイルをバランスよく配合したことで、みずみずしい血色感と立体感を生み出せるクリームチーク。しかも、サンローラン同様に仕上がりはさらさらな質感に整うので、化粧もちも向上。きれいな発色が長時間続きます。

加えて、ぜひ併用したいのがチークブラシのパンソー。頬をなでるようにやさしく塗布するだけで、プロが手掛けたようなチークがのることに感激! チークが苦手、濃くなったり薄くなったりしてしまう…といったチーク悩みを解消してくれます。メイクの仕上がりは道具により左右するもの。メイク初心者にこそ使ってほしいブラシです。

 

クレ・ド・ポー ボーテ ブラッシュクレーム 全4色 4,500円、
パンソー 4,500円
/資生堂インターナショナル(2017年1月21日発売)

 

3つめはキッカのパウダーチーク。キッカは、メイクアップディレクターの吉川康雄さんが「血色チークではなく、血色ファンデ」というように、あくまでもファンデーションの延長として、自然な体温感を目指してきた経緯があります。

今作では既存のパウダーチークの処方技術をさらに進化させ、“顔色をあっためる程度の、ほんのりと優しい仕上がり”を実現。淡くもなく濃くもないというベストなバランスでのせられる処方とブラシを実現しています。色はウォームピーチと青みピンクの2種。アジア人の肌に適した2色、と潔くカラーを絞った点にも吉川さんの男気を感じます。

 

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 3,000円、ケース2000円
/カネボウ化粧品(2017年1月18日発売)

 

このように質感も化粧もちも進化しているチーク。だからこそ、「チークが変われば見た目印象が見違える」という美人効果が期待できますよ!

 

美活男子へのギフトにも最適! メンズコスメの最新作

新作エイジングケアが充実する秋。メンズコスメにも新しいスキンケアやボディケアが登場しています。今回はそのなかから、男性が自分で使うのはもちろん、女性からのギフトとしても活用できるアイテムをピックアップ!

まずは、今年の大型・新ブランドとなるのが、女性用スキンケアで絶好調のブランド、スリーから発売になる男性用スキンケアシリーズ、ザ ディフィニティブです。

スリーの愛用者にはその使い心地や香りにトリコになった男性用ユーザーが多かったことが開発のきっかけ。男性特有の“オイリーながら乾いている”という肌状態に応えるべく、植物成分やオイルをブレンドした専用シリーズを誕生させました。

ブランド名は「決定的な」、「究極の」という意味で、男性がもつ力強さを繊細さの両方をスキンケアで表現したそう。その特長はスリー同様に、天然由来成分を豊富に用いていること。洗顔料、化粧水、乳液の3品でフルラインナップですが、そのすべてが天然由来成分95%超。4種のブレンド精油の香りも心地よく、気持ちをクールダウンさせる効果が大。男性特有の肌状態を考慮しつつ、スリーらしいアプローチで肌をメンテナンスします。

 

ザ ディフィニティブ フォーム 80g 3,800円、
同ローション 100ml 5,000円、同エマルジョン 100g 6,500円
/すべてスリー
(11月23日THREE AOYAMAとTHREE公式オンラインショップ先行発売)

 

オーガニックブランドからも男性用の新作ケアが登場。ドイツで最も知られているコスメブランドのひとつ、ロゴナからは、男性用エイジングケアが発売。

男性用というと軽いテクスチャーが中心ですが、こちらは乳液をさらに濃密にしたようなクリーム。乾いた角質をうるおすように、肌全体にゆるゆると広がりながら、充分に保湿。男性用スキンケアだと保湿力がものたりない、シェービング後に肌あれしやすい、という人にも最適な高保湿アイテムです。

植物オイルが皮脂の代わりとなるので、使い続けるうちにテカリも治まってくるはず。また、ポンプ式なので使い勝手がよく、ジムや出張などに携帯しやすいこともポイントです。

 

メンズ・ハイドレイティングクリーム 50ml 3,700円
/ロゴナ(11月1日発売)

 

3つめにご紹介するのは、女性用ブランドで培ったテクノロジーが応用されているリサージ メンのボディクリームです。

男性が使いやすいように、べたつかないことはもちろん、「いいにおい」に敏感な男性が反応する、花や果実をブレンドした天然精油100%のアロマを採用。就寝前に使うことで、安眠へと誘うリラックス感のある香りを開発しています。

保湿成分も抜かりなく、プルーンエキスや甜茶エキス、水溶性コラーゲンなどフェイス用に使われる保湿成分を配合。大人仕様の上質なボディケアに仕上がっています。

実際に使ってみると、テクスチャーにはコクがありながらも、のびがいいのが特長。男性の場合、ボディ全体に適当にパパッと雑に塗りがちですが、その塗り方を熟知しているかのように、荒々しくつけても肌にするするとのびていきます。女性から男性へのグルーミングギフトとしてもおすすめしたい製品です。

 

リサージメン アロマティッククリーム 200g 2,700円
/カネボウ化粧品(11月16日発売)

 

 

コフレだけじゃない! Xmas限定コスメも狙うべし!

今年も10月下旬からクリスマス限定コフレが発売されます。例年通り、ポーチつきのコフレも多く発表されていますが、いまは女性誌やブランドムックの付録でポーチが付属することも多いことから、すでに「ポーチは充分」というかたもいるはず。

そんな人におすすめしたいのが、各ブランドから限定コレクションとして発売されるコスメです。特別な限定カラーがお目見えするのはもちろん、ゴージャスなパッケージデザインが施されたものも多く、魅力的な製品が揃います。

なかでも、ひときわ華やかなパッケージで登場するのがイヴ・サンローラン・ボーテ。きらびやかなイルミネーションやドレスアップした女性たちをイメージした“スパークル クラッシュ”というテーマを掲げ、ジュエリーのようにきらめくアイシャドーパレットやリップ、ネイルを発売。特にゴールドとシルバーのきらめきをあしらったパレットは輝き感が凄い!

アイシャドー、ハイライター、リップ、ブラシがセットされているので、このパレットをポーチに忍ばせておけば、パーティシーズンも余裕で乗り切れます。

パレット スパークルクラッシュ ¥12,000
/イヴ・サンローラン・ボーテ(10月28日限定発売)

 

続いて、ルナソルからはイベントシーズンを彩る、ゴールドの限定コレクションが登場。ゴールドといっても、ルナソルだけに落ち着きのある大人質感。ローズやアイボリー、ブラウンの組み合わせで、ほんのりゴールドなアイメイクを演出します。

また、リップコンパクトにも注目。クリーミィ、グロウ、シアーの3タイプが揃い、パーティやイベントのコンセプトにあわせて、リップメイクを自在に変えられます。オフィスメイクからパーティメイクへ、といった状況にも華麗に対応してくれるでしょう。

 


ルナソル ゴールドニュアンスアイズ 全3色 ¥4,000、
同カラーリンググリップコンパクト 全2種 ¥3,800
/ともにカネボウ化粧品(11月11日限定発売)

 

 

最後にご紹介するのが、コスメデコルテから発売される、オランダ人デザイナー、マルセル・ワンダース デザインのフェイスパウダーです。早6作目を迎える今年の限定パウダーは、可憐な刺繍をあしらった、レザー風合いのコンパクト。まるでアンティークコンパクトのような趣で、これまでのシリーズのなかでも特別感があります。

パウダーの上質感はいうまでもなく、粉体を固めるための糊やつなぎ成分は一切不使用。白樺水などのエキスを含ませてプレスし、12時間以上の時間をかけて水分を蒸発させるという手の掛けよう。アコヤ貝殻をミクロ上に粉砕したパウダーが、やわらかな光を演出してくれます。

マルセル・ワンダース コレクション
コスメデコルテ フェイスパウダー Ⅵ
レフィル2個付 ¥25,000/コスメデコルテ
(12月1日限定発売・予約受付中)

 

このようにコフレ以外の限定品もスペシャル感があるものばかり。売切れる前にチェックをお忘れなく!