“ゆるふわ陰影メイク”で、ナチュラルな小顔へ!

東京はまだ梅雨入り前のシーズンですが、美容業界ではすでに秋の新色の発表が相次いでいます。そのカラートレンドは追ってお伝えするとして、ひとまず注目したいのが、顔立ちに陰影を入れる立体ベースメイクです。

ベージュやブラウンなどキリッとした小顔をつくる陰影メイクはこれまでも発売されてきましたが、この秋はそのテクスチャーや形状が進化!

よりナチュラルな陰影感を演出できるようになり、メリハリというよりも“ゆるふわ”な立体感を実現できます。

イヴ・サンローラン・ボーテから発売される陰影パレットは、クリーミーさとマットな質感を両立させたパウダーが進化ポイント。

つや感がありながら、肌浮きしないマットな仕上がりになるので、“小顔メイクしました”という不自然な感じがナシ。顔にあたる光をコントロールするような立体感が生まれるので、メイク初心者にもおすすめしたいパレットです。

クチュールコントゥーリング 全2色 ¥7,000
/イヴ・サンローラン・ボーテ(6月24日発売)

 

バーバリーからは目もとに立体感や奥行きを与えるペン型のアイカラーが登場。

ドーム型のクリームシャドーが目のカーブにフィットするので、“肌の塗り絵”を楽しむ感覚で、陰影をつくることができます。全7色揃うので、自分の肌色にぴったりのカラーを見つけられるのも魅力。フェイスラインに使って、そのまま指先でぼかせばシェーディングにも使えますよ。

バーバリー アイカラー コントゥア 全7色 ¥3,400
/バーバリー(6月1日発売)

 

シュウ ウエムラからは、メイク上級者も満足できる16色の限定パレットが限定発売。

既存色6色に加え、秋新色が7色、限定色3色のヌードカラーを配したパレットで、グラデーションとなるカラーを買い足さなくても、これ1つで自由自在に濃淡メイクが楽しめます。プロ仕様としても活用できるパレットです。

シュウ パレット ブラッシング ベージュ ¥15,000
/シュウ ウエムラ(6月19日限定発売)

 

ここ数シーズンではゆるいメイクアップがトレンドですが、顔立ちもゆるいと、全体的にぼやけた印象になってしまうのがネック。しかも、秋冬はちょっとシャープなメイクにトレンドが移行します。パーツメイクはゆるめでも、顔の輪郭はほどよく締めていきましょう!

 

新作メンズコスメ、クラランス メンからも新作化粧水が登場!~後編

人気ブランド、ラボ シリーズからは新作3品が登場! エイジングケアをコンセプトにしたマックス LSシリーズからは、顔の引き締めをかなえる乳液がお目見え。保湿はもちろん、フェイスラインの輪郭を引き締めることで、年齢によるたるみをケアします。

2つめのクレイマスクはテカリや毛穴に有効なスペシャルケア。クレイ(泥)が肌表面の皮脂や汚れを吸着してテカリを抑制するので、湿度が高くなるこれからの季節には最適。男性用のクレイマスクということで、美容感度の高い男性の心をくすぐるはず。べたつきを解消させて、さらっとしたなめらかな肌に整えてくれます。

3つめはシャワータイムを1本で終了させたい人におすすめの多機能シャワージェル。1本で顔、身体、髪が洗えて、しかもシェービングジェルとしても使えるという多機能ぶり。シェービングジェル機能までもつ出張や旅行先でも活躍してくれるオールインワンの洗浄料です。

 

マックス LS V ローション 50ml ¥10,000、
アーバン ブルー クレイ マスク 100ml ¥3,800(5月27日発売)、
プロ LS オールインワン シャワージェル 200ml ¥4,000(5月6日発売)
/すべてラボ シリーズ

 

最後にご紹介するのは、クラランス メンから届きたてのフェイス用化粧水です。意外にも、これまでクラランス メンにはフェイス用化粧水がラインナップされておらず、今回の新作がデビュー作。

ポイントは、洗顔後の乾燥やつっぱりの原因のひとつである水に含まれるミネラル分の影響を、配合されているアップルビネガーがケアすること。また、肌細胞を活性させる植物成分を配合していることで、うるおう力も高めてくれます。

仕上がりはさっぱりとした使用感でテカリを防ぐフレッシュタイプと、保湿重視で乾燥を防ぐソフトタイプの2種を用意。春夏はフレッシュ、秋冬はソフトなど、使用感により自分好みの化粧水を選べます。ボトルにはクラランス メン共通の深みのあるブルーを採用。男性の洗面台をスタイリッシュに彩ってくれます。

クラランス メン モイスチャー トナー フレッシュ、同ソフト
各200ml 各¥4,200/クラランス(7月1日発売)

 

新作メンズコスメ、バーバリー&ラボ シリーズが登場!~前編

メンズコスメ(男性用化粧品)のラインナップが充実してきました。男性用コスメの場合、もともと発売している製品数が少ないことと、男性は愛用品やブランドをリピートする傾向があることから、既存品の廃番(発売終了)が少なく、スローペースながら着実にラインナップが拡充していくのも理由のひとつにあります。

そんなメンズコスメから、この春は新作グルーミングケアと、定番ブランドの新作がお目見えするのでピックアップします。

まず、新作として注目したいのがバーバリーの男性用フレグランス、ミスターバーバリーのグルーミングケアです。ミスターバーバリーはいま世界的に引っ張りだこの調香師、フランシス・クルジャンが手掛けた、透明感とロンドンのスモーキーさが交差するグレイッシュな香りのフレグランスです。

そのフレグランスとともに発売されるグルーミングケアは全3品。フェイスケアでは保湿ジェルとヒゲ用オイルの2品が登場。保湿ジェルはアロエヴェラやマンゴー種子油、ヒマワリオイルなどを配合しており、さっぱりとしたテクスチャーながら保湿は充実。もっちりと弾力のある肌に仕上がります。

ヒゲ用オイルはヒゲにつやを与えるための製品ですが、個人的には電動シェーバー前のプレシェーブや、シェービング後のアフターケアとしても活用しているマルチユースなオイル。セサミオイルやアルガンオイル、ホホバオイルなど、植物オイルをバランスよく配合しており、べたつきがなく、電動シェーバーの肌すべりも快適になります。また、毛髪にも使えるのでこれ1本でジムや旅行にも携帯できて重宝。

一方、ボディケアではボディ用洗浄料が発売。こちらを使った後に、上からフレグランスを重ねれば、香りがふんわりとオーラのように漂い、とてもセンシュアル。この香りのレイヤードはぜひマスターしたいテクニックです。

それぞれフレグランスシリーズの製品ながら、フレグランスそのものの香りが淡いので、グルーミングケアも香りが主張しすぎず、使いやすいのが魅力。3アイテムをまとめて“オトナ買い”するのもおすすめです。

ミスターバーバリー オードトワレ 100ml ¥11,000、同ボディ ウォッシュ 250ml ¥4,400、
同フェイスモイスチャライザー 75ml、ビアード オイル 30ml ¥5,400/すべてバーバリー

 

オーバー1万円の高級日やけ止めが続々! どこが凄いの?~後編

資生堂からはグローバルブランド「資生堂 フューチャーソリューションLX」から、最新の技術を投入した、その名も「ユニバーサル ディフェンス」という日やけ止めを発売。

こちらは何かしら飛び抜けた機能性があるというよりも、プロテクション効果、エイジングケア効果、使用感など、すべての点において、資生堂最高のレベルを確保したというアイテム。

通常、他のブランドであれば、ひとつのアイテムにつき、“この製品はここが優秀”というポイントがありますが、この製品はその魅力をすべて投入! あらゆる環境ストレスや紫外線をくまなく防ぎ、しかも独自の美肌作用も配合している力作です。

こちらは資生堂が発売している日やけ止めとしては、もっとも高価格なカテゴリーながら、税込みで9,720円とかろうじてアンダー1万円をキープ! しかも、53gと容量もあるので首、胸もとや腕にもたっぷり使えることが特長です。

資生堂 フューチャーソリューションLX ユニバーサル ディフェンス
SPF50+・PA++++ 53g ¥9,000
/資生堂インターナショナル(5月1日発売)

 

4品目にご紹介するのは、エイジングケアと日やけ止めが一体化したラ・プレリーの新作です。

こちらはプロテクション効果に優れているだけでなく、肌ダメージからの修復も重視しているため、日やけ止めというよりもデイクリームに近い印象

ラ・プレリーが得意とするエイジングケア作用がありながら、パッケージは日やけ止め仕様で軽くコンパクト。携帯しやすく、かつ化粧下地としても優秀なので、「デイケアは外出先や旅先に1品しか持っていきたくない」という時にも充分に働いてくれるアイテムだと言えるでしょう。

スイスUVプロテクションヴェール SPF50・PA++++ 50ml
¥21,300/ラ・プレリージャパン

 

このようにオーバー1万円の製品は、紫外線から肌を守るだけの日やけ止めというより、“あらゆる環境ストレスを防御するエイジングケアクリーム”といった存在感があるものばかり! それぞれ日やけ止め効果は備えているものの、高機能な夜用クリームとしても活用できる製品が揃っています。

★重版出来★
著書「お洒落以前の身だしなみの常識」(講談社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062183455