単色シャドーorパレットシャドーはどう選ぶ?

SNSに端を発したメイクアップブームから、ここ数年で“単色シャドー”を発売するブランドが増えました。

そのきっかけになったのは、@コスメで2016年にベストコスメ大賞を獲得した、アディクションのザ アイシャドー全99色という圧巻のラインナップで登場し、話題を呼びました。

そして、最近もジルスチュアート全30色のアイコニックルックアイシャドウを発売。サテン、クリーム、グリッター、マットの4つの質感を用意。

ジルスチュアートのようなガーリーなファッションの魅力がより際立つ質感、カラーが揃っています。

ジルスチュアート アイコニックルック アイシャドウ 全35色 各¥2,200
/ジルスチュアート ビューティ

 

また、ケイトからはブラウン系カラーと質感を揃えた単色アイシャドー、ケイト ザ アイカラーが全26色で登場します。

パール、マット、グリッターと、こちらもブランドとしてイメージする女性像・メイクアップイメージに相応しい質感、ブラウン系カラーがラインナップされています。

 

ケイト ザ アイカラー 全26色 各¥650(編集部調べ)
/カネボウ化粧品(5月1日発売)

 

アディクションのザ アイシャドーは豊富な質感、カラーバリエーションで、あらゆる人物像を想定していますが、ジルスチュアートやケイトなど、ファッション性が強いブランドで単色シャドーを選ぶときは、まずは自分が目指すイメージと、そのブランドのイメージが一致していることが大事。

その後、自分のファッションやキャラに似合う単色シャドーをひとつずつ揃えていくのがスマートです。

 

一方で、パレットシャドーはどのようなシーンで選べばいいのでしょうか? それは、自分が違うイメージに挑戦したい時や、いままでのテイストから抜け出したい時に選ぶのがおすすめです。

 

たとえば、いまナーズのメイクアップが絶好調ですが、これまでナーズを購入したことがない人にとっては、単色シャドーを選ぶよりも、あらかじめ配色が考慮されているパレットシャドーを選んだほうがベター。

 

単色シャドーを買って、手持ちのメイクとあわせると、「ふだんのメイクと変わらないかも…」ということになりかねませんが、パレットシャドーであれば、パレットに配されている色を複数使えば、より簡単に、自分らしい“ナーズっぽいアイメイク”に仕上げることができるからです。

ナーズ ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 全5種 各¥4,500
/ナーズ(限定発売中)

 

また、こうしたパレットシャドーを購入するときは、百貨店のカウンターで美容部員にメイクしてもらい、パレットの基本的な使い方を教わるのが正解。

せっかく新しいブランドに挑戦するなら、いつもとは異なるメイクの仕方で、“新しい表情”を見出しましょう。

 

2019夏のアイメイクは、“赤目・ピンク目”がブレイクの予感!

2019年夏新色の発表会がひと通りフィニッシュ。各ブランドごとにバラエティに富んだ夏色が披露されたなか、特に注目をひいたのが、赤やピンクでパンチを利かせたアイメイクでした。

 

その代表格がメイクアップアーティストのAYAKOのブランド、アディクションが発表したローズの目もと。

 

オペラ「カルメン」の情熱的なジプシーを彷彿とさせる野性的なラテンの女性をイメージに据え、ブロンズ肌に、太陽の光を浴びて灼けたようなピンクやローズで目もとが色っぽく鮮やかに。情熱的なまなざしを生み出しています。

新色では「カルメン」の世界を表現するべく、これまでにないローズのアイシャドーを一挙12色をお披露目。同色のネイルも発表され、いま世界的なトレンドになっている“ラテンガール”の魔性を表現しています。

 

アディクション ザ アイシャドウ 全12色 各¥2,000
/アディクション(4月5日限定発売)

 

続いて、ここ数シーズンでモード街道を突き進んでいるスックからは、“ネオン”をイメージした夏色が登場。

 

 

特に、ネオンピンクと黒を掛け合わせたアイパレットはインパクト抜群! 甘くなりがちなピンクを凛々しく引き締めることで、オトナムードのピンクメイクを提案しています。

 

また、併用しているリキッドタイプのハイライターも秀逸。シマーなピンクが内側から発光するように、なめらかにキラリ。上品な光沢を演出します。

スック デザイニング カラー アイズ ¥6,800/スック(5月1日限定発売)

 

3つめにご紹介するのが、絶好調のセルヴォーク。ヴォランタリーベイシス アイパレットのメインカラーとして選ばれたのがテラコッタ(イタリア語で焼いた土)カラーの4色。

灼けたような赤にグリーン、ピンク、そしてイエローが揃い、ラテン系の強く、情熱的な目もとに仕上がっています。

 

アイテムとしてはアイパレットのほかに、スキンケア発想のカラーバームが4色登場。ウォルナット、ブロンズといったセルヴォークお得意の陰影カラーが揃い、テラコッタカラーのサポート役として活用できます。

セルヴォーク ヴォランタリー ベイシス アイパレット 05 テラコッタグリーン
¥6,200/セルヴォーク(4月26日発売)

 

人気ブランドが提案する、情熱的な夏の“赤目・ピンク目”メイク。あなたはどちらの色で暑い眼差しを演出しますか?

 

美容猛者なら全部飲み!? “美肌サプリ”の時代がいよいよ到来!

「サプリメント=健康のため」とか、「飲んではいるけど、明確な効果を感じたことがない……」と思っている人は少なくないかもしれません。しかし、ここ数年のサプリメントブームのなか、美肌効果のあるサプリを目指して、コツコツと研究を続けてきたメーカーの成果が、この数シーズンで一気に開花。“肌に効くサプリ”が発売されています。

 

まず、製品発表会で多くの美容エディター、ジャーナリストを驚愕させたのが、ポーラの最高峰ブランド、B.Aシリーズから登場したタブレットとリキッド(ドリンク)タイプのサプリメントです。

 

こちらは、脂肪細胞から分泌される物質、アディポサイトカインが肌に悪影響を与えていることに着目。その悪影響を与えている物質を、クルミやヨモギやハーブなど、植物のポーラオリジナル複合成分によって減少させることで、肌本来の美しさを維持することを実現したサプリです。

 

そして、この発表会の場で、美容のプロが驚いたのが、サプリメント内服時のビフォー→アフター。まさに“劇的”といえるほどの美肌差がでており、全身のくすみや色むらが消え去っている…というほどの効果を発揮。

もちろん、モニター女性のなかから、最も効果が顕著だった方をピックアップしたとは思いますが、その有意差に、サプリメントによる“全身美容”の時代が到来したと震えるほどの結果でした。


B.A タブレット60粒 ¥7,000、B.A リキッド 20ml×12本
¥8,800/ポーラ

 

続いて、美肌サプリとして、国内初の“トクホ=特定保健用食品”の認可を受けたのが、オルビスのディフェンセラです。

こちらは肌の水分を逃しにくくする機能性が認められた米胚芽由来のグルコシルセラミドを高純度にしたものを主成分として配合。セラミドを化粧品として“外から塗る”のではなく、“なかから摂る”ことにより、全身のうるおいをアップさせる仕組みです。

実際にその効果を確認するために費やした期間は、研究、開発、国の審査機関をあわせて10年

肌の水分を逃さないというデータが確認され、試飲モニターからも「太ももや腰まわりの乾燥感がなくなった」など、サプリメントならではの“全身美容”効果を得られるまでに。まさに”飲むセラミド“の誕生です。

オルビス ディフェンセラ 1.5g×30包 ¥3,200/オルビス

 

 

乳酸菌で美肌効果を訴求したのが、日清食品です。日清食品グループの微生物ライブラリーのなかから発見した、ヒアルロン酸の産生促進や、皮膚の紫外線ダメージを軽減する効果がある乳児由来の乳酸菌を約半年前に発表。そのヒアルロン酸産生促進効果のある乳酸菌を含んだドリンクを商品化しました。

乳酸菌といえば、“生きて届くのか”、“加熱処理した菌でも有効なのか”などと、さまざまな意見がありますが、こちらの「ヒアルモイスト乳酸菌」は、加熱処理した“死菌”として美肌効果があることを確認済み。

加熱処理した菌のなかにも、免疫アップ効果があるタイプもあるように、こちらの菌は加熱処理していても“肌に効く”ことが実証されているのです。しかも、“死菌”は胃酸の影響を受けないので、飲むタイミングを問わないことも特徴といえます。

また、特筆すべきが1本50mlのドリンク中、なんと約40%がヒアルモイスト乳酸菌液であること! しかもコラーゲンも5000mg配合しており、美肌ドリンクとしては最上位レベルに位置。通常価格では1本400円ですが、まとめ買いすると1本あたり280円になるというコスパの良さもポイントです。

 

ヒアルモイスト発酵液 50ml×10本 ¥4,000(通販限定商品)
/日清食品

 

B.Aの植物カクテルか、オルビスの“セラミド”か、日清食品グループの“ヒアルロン酸”か。美容猛者には全部飲みもおすすめです。

 

 

 

 

この春、美肌の決め手は、“スーパー・日中用クリーム“にアリ!

日中用クリーム(デイクリーム)が飛躍的な進化を遂げています。そもそも、日中用クリームは、保湿効果に日やけ止め機能を加えたアイテムですが、日やけ止め効果が高くなるほど、塗ったときの皮膜感や白浮きが気になったり、保湿効果を高くするとべたつきが気になったりと、“ひとつを強化すると、どこかに弱点ができる”と、バランスをとることが難しいアイテムでした。

 

しかし! 今年の春に発売された日中用クリームは、そのすべてをクリアした“史上最高”の製品がずらり勢ぞろい。うるおい、日やけ止め効果はもちろん、エイジングケアや香り、つけ心地が秀逸な新作が目白押しです。

 

なかでも驚いたのが、アルビオンから発売されるスーパーUV カット インテンシブ デイクリーム。

SPF50+・PA++++の最高値の日やけ止め効果に加え、近赤外線ブロック効果を備えながら、高級クリームも顔負けのエイジングケア成分を贅沢に配合。

さらに、最新の肌機能を高めるタンパク質へのアプローチを搭載しており、“最新の高級クリーム+高機能の日やけ止め効果”を融合した新作になっています。

しかも、パッケージがジャータイプではなく、チューブなので、外出時も携帯しやすいのが便利。実際に私も出張時に携帯しましたが、洗顔後はこれ1本しか使わなくても、化粧水・美容液・クリーム・下地を重ねたようなハリ肌&トーンアップ効果を実感。10,000円という高価格に見合う、濃密な肌効果を堪能できます。

 

 

スーパーUVカット インテンシブ デイクリーム SPF50+・PA++++ 50g ¥10,000
/アルビオン(2月18日発売)

 

 

続いて紹介するのが、コスメデコルテの最高級ライン、AQから発売されるデイクリームです。

こちらは特に化粧下地効果に優れており、皮膚温で固まるゲル成分により、押し上げるようなハリ感で肌をリフトアップすることが魅力。

そこにファンデーションの仕上がりを高めるパウダーやオイルを配合したことにより、どんなファンデーションも格上げする効果を発揮します。

植物成分によるエイジングケア効果、保湿効果はもちろんのこと、AQならではの月下美人をアクセントにした優美なフローラルウッディの香りにもうっとり。スキンケアの最後に思わず手が伸びる、至福のデイクリームです。

 

コスメデコルテ AQ デイクリーム SPF15・PA++ 30g ¥10,000
/コスメデコルテ(3月16日発売)

 

 

3つめに紹介するのが、ロート製薬エピステームから発売される美白デイクリームです。

 

ポイントは、紫外線を肌の上で“緑色光”に変換することで、紫外線ダメージから肌を守る、という画期的な技術を搭載していること。また、こちらは美容医療から着想を得ているシリーズのため、美容成分も光治療のフォトフェイシャルから着想した成分を配合しており、パワフルな美白効果が期待できます。

 

加えて、化粧下地効果も抜かりなし。肌につやを与えるパールや、凹凸をカバーするパールなど、肌をきれいに見せるメイクアップ成分も採用しています。

 

エピステームは前述した2ブランドに比べると、認知度は低いものの、製薬会社ならではの技術力や、年々向上しているメイクアップ効果を結集した新作となっており、こちらも“マストバイ”な傑作に仕上がっています。

エピステーム ホワイトUVショット 40g ¥6,500
/ロート製薬(2月20日発売)