インスタ、SNS対応! ”消しゴムコスメ”で肌修正が完了!

インスタやフェイスブックなどのインスタで写真に映る機会が増えましたが、撮影された自分の顔をみて、「小じわがひどい」、「くまが気になる」など、顔の表情よりも肌悩みに注目してしまうことはありませんか?

そんな場合は、その肌悩みを克服できるコスメを使うのが正解。特に、いまはインスタ対応というべき新作が多く登場しています。

たとえば、ボビイブラウンからは、目のまわりの小じわを瞬時に消し去ることができる、“魔法の消しゴム”が登場。こちらの凄い点は、小じわを“埋める”、“ぼかす”という2つのアプローチで目立たなくさせていくこと。

また、無色透明のフォーミュラなので、色がつくことなく、塗ったあとはカラーレスとなり、まるで忍者のように消えていくというのもユニーク。もちろん、小じわを軽減させるスキンケア効果も配合しているので、ただカバーするだけでなく、小じわもケアします。

インスタント コンフィデンス スティック ¥5,400/ボビイ ブラウン

 

続いて、コンシーラーとハイライターを1本にしたアイテムで、“若見えスティック”として話題になっているのが、エクスボーテのペンコスメ。開発したのは、人気ヘア&メイクアップアーティストの西山舞さん。撮影現場で、肌色トラブル、凹凸トラブル、くすみ感と、3種類のコンシーラーなどを使いわけていた西山さんが、その3つの悩みを1本で解決するべく開発したスティックです。

ポイントは、前述した3つの肌トラブルを一気に解消するために、凹凸をカバーしながら透明感を演出する技術と、肌をふっくら見せる“スキンピンク”という色を開発したことにあります。しかも、メイクヨレを防ぐ高密着ネットを採用したことで、不自然なカバー力なく、トラブルを覆う仕上がりを実現しています。使い方次第でさまざまな若肌効果が得られるので、購入したら西山さんの使い方もチェックを!

エクスボーテ エクスアーティスト ライトアップレタッチ
SPF20・PA++ ¥3,800/マードゥレクス

 

3つめにご紹介するのが、瞬時に目鼻立ちをはっきりと立体的に見せられるケイトの陰影パウダー。ハイライトとシェイディングの色が両端についているダブルエンドタイプで、ハイライトを眉間や鼻筋、目の下に、シェイディングを目頭からまぶたにかけていれれば、あっという間に大きな目もとになるという便利アイテム。

カラーも2色用意されているので、肌色にあわせて選べるのも便利。ケイトはこうしたインスタ対応コスメが充実しているので、自分のコンプレックスにあわせて取り入れてみるのがおすすめです。

ケイト 3DアイクリエイトN 全2種 ¥1,400/カネボウ化粧品

これらのコスメはメイクの上からも使えることがポイント。女子会やイベントで、「もしや、あとで、集合写真を撮るかも」と勘が働いたら、事前にパウダールームにGO。インスタコスメを駆使して、満足できる写真写りを手に入れましょう!

 

2016新作香水は“透明感のある、大人ムスキー”がトレンド!

今年の夏から秋にかけて登場する新作香水は、透明でありながら奥深い香りが残る香りがトレンド。これまで、一般的にはフローラル系の華やかな香りが主流でしたが、新作ではわかりやすいフローラルというよりも、スズラン、ジャスミンといった濃密さやセンシュアルなフローラルが台頭。そこへイランイランやムスクといった香りが奥行きをもたらせることで、透明感がありながらもグッと大人らしい香りに仕上がっています。

その代表格といえるのが、シャネルから登場するN˚5シリーズの新作、N˚5 ロー  オードゥ  トワレット。1921年に誕生したN˚5は絶対的な名香として、時を超えて女性に愛され続けていますが、シャネルの3代目調香師であるジャック・ポルジュが、1986年にN˚5のフォーミュラをより現代的にアレンジした新作を発表。そして、今年、その息子であり、4代目調香師のオリヴィエ・ポルジュが生み出したのがN˚5 ローなのです。

こちらは従来のN˚5の核となる香りを踏襲しながらも、ロー(水)というネーミングの通り、フレッシュさをより際立たせていることが特長。清々しいシトラスノートが、従来のパウダリーな印象を払しょくイランイランにはグリーンのニュアンスを、ジャスミンにはエアリーな軽やかさを加えることで、よりライトなニュアンスに進化しています。日本人女性にもより身につけやすい、軽やかな香りです。

シャネル N˚5 ロー オードゥ トワレット 50ml 12,000円
/シャネル(9月23日発売)©CHANEL

 

ブルガリから発売される新作、ローズゴルデアはクレオパトラが放つ美しさと女性らしさを表現したブランド最上位といえる新フレグランス。フレッシュさ、フェミニンさを前面に打ち出した、日本人好みのローズの香りに仕上がっています

採用したローズは洗練された香りをもつダマスクローズ。そのローズとジャスミンが溶け合いながら、ムスクやサンダルウッドが深みを添えた、とても上品なノートに仕上がっています。これまでのブルガリのフレグランスシリーズには属さない、まったく新しいシリーズだけあり、いままでにないフレッシュな印象を得られる香りです。

ボトルデザインはブルガリのコレクション、セルペンティがモチーフで、ブルガリの最上級ジュエリーだけに使用されるローズゴールドを使用しており、名実ともにハイエンドな仕上がりです。いままでブルガリを身につけたことがないかたにも試していただきたいフレグランスです。

 

ローズ ゴルデア オードパルファム 50ml 12,800円
/ブルガリ(8月31日発売)

 

3つめにご紹介するのは、1992年に発売されたイッセイ ミヤケ パルファムの名香、ロードゥ イッセイの新作、ピュアです。初代から24年の月日を経て発売されるピュアは、“海の潮風”の匂いである新しい香気成分、マリティマを加えたり、ウッドやムスクのニュアンスをつけることにより、より官能性が高まっているのがポイント。

初代同様に水のイメージを踏襲しながらも、よりエネルギーを感じる香りに仕上がっています。性別や年代の垣根を超えて、誰もが似合うという普遍性のある香りに仕上がっている点はさすがです。

ロードゥ イッセイ ピュア オードパルファム 50ml 12,100円
/ブルーベル・ジャパン

 

単に“軽い”だけではなく、みずみずしさや繊細さが残り香になる新作香水は鮮烈なインパクトを感じる香りばかり。ファッションとともに香水もアップデートしましょう。

 

シャネルとアヴェダから、進化したマッサージツールが登場!

マッサージツールの代表格といえば、顔の上をコロコロと転がすローラータイプが有名ですが、ここにきて新しい形状のツールが登場しています。

アヴェダからはユニークなドライブラシのツールが登場。インドの伝統医療であるアーユルヴェーダのボディ用マッサージにヒントを得たツールは、顔のあらゆるカーブを捉えられるナイロン製。肌を滑らせることで、余分な角質をオフしつつ、そのマッサージ効果から、肌をリラックスさせます。

アヴェダのおすすめは、このドライブラシと同時発売されるスキンオイルを、ブラッシング後に使うこと。セサミやホホバ、ヒマワリなど6種類の植物オイルで構成されたマッサージオイルは、ドライブラシで浮かせた角質や汚れを包み込む効果があり、その後に洗顔すると肌はつるぴかに。

時間がない朝は、ひとまずドライオイルで顔をなでつつ、その後に洗顔するだけでも肌がシャキッと目覚める効果を実感! ローズやジャスミンを用いたオイルのアロマは心地良く、“夏のお疲れ肌”にも効きそうなツールです。

トゥラサラ ウェイクアップ リチュアル キット ¥19,500(キット価格)
/アヴェダ(8月18日発売)

 

続いて、発売が少し先にはなりますが、シャネルのエイジングケア、ル リフトからもフェイス用マッサージツールが登場します。

こちらは目もと専用とフェイスライン専用の2つのツールが一体型となっている画期的なもの。シャネルだけに、デザイン性にも優れているのが特徴で、写真上部を目もとのマッサージに、写真下部をフェイスラインのドレナージュを中心に使用します。

ツールとしてはとてもシンプルな見た目ですが、その“ほぐし効果”は想像以上に充実! 肌にふれるメタル面が球状やラウンド状でないため、肌にグイッと入り込みやすく、リフトアップもしっかり。同時発売される導入美容液も肌をピンッと引き上げる効果に優れていて、ツールと併用することでさらなる手応えを実感できます。

手の平に収まるほどにコンパクトなサイズなので携帯にも便利。日中に疲れた顔をリフレッシュするのにもちょうどいいツールです。

アクセソワール ドゥ マッサージュ V ¥5,800、LE L V フラッシュ 15ml ¥11,500
/ともにシャネル(9月9日発売)©CHANEL

 

“ゆるふわ陰影メイク”で、ナチュラルな小顔へ!

東京はまだ梅雨入り前のシーズンですが、美容業界ではすでに秋の新色の発表が相次いでいます。そのカラートレンドは追ってお伝えするとして、ひとまず注目したいのが、顔立ちに陰影を入れる立体ベースメイクです。

ベージュやブラウンなどキリッとした小顔をつくる陰影メイクはこれまでも発売されてきましたが、この秋はそのテクスチャーや形状が進化!

よりナチュラルな陰影感を演出できるようになり、メリハリというよりも“ゆるふわ”な立体感を実現できます。

イヴ・サンローラン・ボーテから発売される陰影パレットは、クリーミーさとマットな質感を両立させたパウダーが進化ポイント。

つや感がありながら、肌浮きしないマットな仕上がりになるので、“小顔メイクしました”という不自然な感じがナシ。顔にあたる光をコントロールするような立体感が生まれるので、メイク初心者にもおすすめしたいパレットです。

クチュールコントゥーリング 全2色 ¥7,000
/イヴ・サンローラン・ボーテ(6月24日発売)

 

バーバリーからは目もとに立体感や奥行きを与えるペン型のアイカラーが登場。

ドーム型のクリームシャドーが目のカーブにフィットするので、“肌の塗り絵”を楽しむ感覚で、陰影をつくることができます。全7色揃うので、自分の肌色にぴったりのカラーを見つけられるのも魅力。フェイスラインに使って、そのまま指先でぼかせばシェーディングにも使えますよ。

バーバリー アイカラー コントゥア 全7色 ¥3,400
/バーバリー(6月1日発売)


シュウ ウエムラ
からは、メイク上級者も満足できる16色の限定パレットが限定発売。

既存色6色に加え、秋新色が7色、限定色3色のヌードカラーを配したパレットで、グラデーションとなるカラーを買い足さなくても、これ1つで自由自在に濃淡メイクが楽しめます。プロ仕様としても活用できるパレットです。

シュウ パレット ブラッシング ベージュ ¥15,000
/シュウ ウエムラ(6月19日限定発売)

 

ここ数シーズンではゆるいメイクアップがトレンドですが、顔立ちもゆるいと、全体的にぼやけた印象になってしまうのがネック。しかも、秋冬はちょっとシャープなメイクにトレンドが移行します。パーツメイクはゆるめでも、顔の輪郭はほどよく締めていきましょう!